<< 棗椰子(ナツメヤシ) 徳利椰子擬き(トックリヤシモドキ) >>

親王椰子(シンノウヤシ)

d0059226_5493316.jpg

親王椰子(シンノウヤシ)はヤシ科ナツメヤシ属(フェニックス属)の常緑低木である。
原産地はインドシナ半島である。
樹高は2~3メートルである。
幹は直立をする。
葉の落ちた痕は小突起状になる。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)である。
葉は長さが150センチくらいあり、幹の先に集まってつく。
葉の柄には鋭い刺がある。
花はクリーム色で、よい香りがする。
実は卵形で黒く熟する。
写真は11月に沖縄の東南植物楽園で撮った。
学名:Phoenix roebelenii


★小粒でもぴりり締まったその姿
 名も優雅なり親王椰子は

d0059226_55013100.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-11-26 05:51 | ヤシ科
<< 棗椰子(ナツメヤシ) 徳利椰子擬き(トックリヤシモドキ) >>