<< ゆすら椰子擬(ユスラヤシモドキ) アレカ椰子(アレカヤシ) >>

ゆすら椰子(ユスラヤシ)

d0059226_5492237.jpg

ゆすら椰子(ユスラヤシ)はヤシ科ユスラヤシ属の常緑高木である。
原産地はオーストラリアの東部のクイーンズランド州である。
海岸沿いの多雨林に生える。
現在では、熱帯地方各地で街路樹として用いられている。
樹高は10~20メートルくらいである。
幹には葉が落ちた後のリング状の縞がある。
葉は羽状複葉である。
鳥の羽のように左右に小葉がたくさん並んで1枚の葉が構成される。
長さは1~2メートルある。
小葉の形は細長い披針形(笹の葉のような形)である。
長さは30~50センチくらいある。
葉は幹の先につき、裏面が灰白色を帯びる。
クリーム色の花茎を伸ばし、紫色の花をつける。
実は球形で、熟すと赤くなる。
英名はキングパーム(king palm)である。
写真は11月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Archontophoenix alexandarae


★すっきりと幹を伸ばしてユスラヤシ
 見上げる先に翼広げて

d0059226_5494669.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-12-07 05:50 | ヤシ科
<< ゆすら椰子擬(ユスラヤシモドキ) アレカ椰子(アレカヤシ) >>