<< 狗尾草(エノコログサ) 姫射干(ヒメシャガ) >>

グラジオラス

d0059226_19585325.jpg

グラジオラスはアヤメ科グラジオラス属の多年草である。
原産地は南アフリカである。
グラジオラスはラテン語で剣を意味するそうで、その名の通りとがった剣形をしち葉をつける。
草丈は80~100センチほどになる。
開花時期は5~9月で、長い穂先に5~15センチくらいの六弁花をずらっと咲かせる。
花の色も多く、赤、黄、白、青、紫などさまざまである。
唐菖蒲(トウショウブ)、オランダ菖蒲(オランダアヤメ)などの別名がある。
俳句の季語は夏である。

★紅燃やしグラジオラスは昇り咲く
 君のハートを貫くように
[PR]
by ryudesuyo | 2005-06-28 19:59 | アヤメ科 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://hanazukusi.exblog.jp/tb/1114661
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 植物辞典 at 2005-07-05 10:20
タイトル : グラジオラス
グラジオラスグラジオラス生物の分類|分類界:  植物界 Plantae門:  被子植物門 Magnoliophyta綱:  単子葉植物綱 Liliopsida目:  ユリ目 Liliales科:  アヤメ科 Iridaceae属:  グラジオラス属 Gladiolus和名グラジオラス英名Gladio...... more
<< 狗尾草(エノコログサ) 姫射干(ヒメシャガ) >>