<< 蝦夷透百合(エゾスカシユリ) 鉄砲百合(テッポウユリ) >>

黄金鬼百合(オウゴンオニユリ)

d0059226_6112331.jpg

鬼百合(オニユリ)はユリ科ユリ属の多年草である。
東アジアの広い範囲に分布する。
日本へは食用百合として古くに渡来したと見られ、人里近いところに生育する。
黄金鬼百合(オウゴンオニユリ)というのは、この鬼百合(オニユリ)の突然変異種である。
長崎県の対馬のみに自生する。
大陸と陸続きの時代に朝鮮半島経由でやってきたものと思われる。
草丈は50センチから100センチくらいである。
茎は直立し、白い綿毛に覆われる。
開花時期は7月から8月である。
花はやや下向きにつき、花びらの先は反り返る。
鬼百合(オニユリ)と同様に葉の脇にムカゴがつく。
名は牧野富太郎博士によって昭和8年に命名されたという。
黄色い百合の交配親となっている。
俳句では「鬼百合」が夏の季語である。
写真は7月に小石川植物園で撮った。
学名:Lilium lancifolium var. flaviflorum


★鬼百合は地面見つめているけれど
 巻き髭ぴんと反り返らせて

d0059226_6113993.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2010-07-16 06:12 | ユリ科
<< 蝦夷透百合(エゾスカシユリ) 鉄砲百合(テッポウユリ) >>