<< 琉球海老根(リュウキュウエビネ) 細葉の山母子(ホソバノヤマハハコ) >>

深山川弓(ミヤマセンキュウ)

d0059226_13415354.jpg

深山川弓(ミヤマセンキュウ)はセリ科ミヤマセンキュウ属の多年草である。
漢字の「弓」の字は正しくはクサカンムリがつく。
川弓(センキュウ)は薬用とされるセリ科の植物である。
本種は亜高山に生えるので「深山」が加えられたが、川弓(センキュウ)とは属が異なる。
北方領土を含む北海道から本州の中部地方にかけて分布し、山地から亜高山の草地や林の縁に生える。
海外では、千島列島のウルップ島にも分布する。
草丈は40~80センチくらいである。
根は太く、茎は中空で直立をする。
葉は2-3回3出の羽状複葉で、互い違いに生える(互生)。
裂片は深く切れ込む。
開花時期は8~9月である。
茎先に複数の散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、花径2ミリくらいの白い小さな5弁花をつける。
花弁の先は内に巻く。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Conioselinum は属名の「Conium(ドクニンジン属)+Selinum(セリヌム属)」からきている。両者と似ていることから名づけられた。
種小名の filicinum は「シダのような」という意味である。
写真は8月に志賀高原の東館山高山植物園で撮った。
学名:Conioselinum filicinum


★繰り返し見てもセリ科はわからない
 降参をして言われるままに
d0059226_13421517.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-08-18 13:46 | セリ科
<< 琉球海老根(リュウキュウエビネ) 細葉の山母子(ホソバノヤマハハコ) >>