<< ハオルチア・ファスキアタ ヒマラヤ金糸梅(ヒマラヤキンシバイ) >>

肉色縮砂(ニクイロシュクシャ)

d0059226_14581259.jpg

肉色縮砂(ニクイロシュクシャ)はショウガ科シュクシャ属(ヘディキウム属)の多年草である。
シュクシャ属は東南アジア、インド、ヒマラヤ、マダガスカルに50種くらい分布する常緑の大形多年草である。
本種の原産地はインド、ヒマラヤ、マレーシア、ミャンマーなどである。
日本へは昭和時代の初期に渡来した。
草丈は1~2メートルである。
茎の部分は葉鞘(茎を鞘状に包むような形になった葉のつけ根)が折り重なったもので、偽茎と呼ばれる。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は7~11月である。
短日植物で、夕方になると香りのよい肌色の花を開く。
花被片は6枚あるが、外花被3枚は合着して花のつけ根にある。
内花被3枚はつけ根は合着し、先が3つに分かれる。
もう1枚、唇形の花びらがあるが、これは雄しべが花びらの形になっている。
また、飛び出しているしべは、雄しべと雌しべが1つになったものである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花言葉は「淡い恋心」である。
属名の Hedychium はギリシャ語の「hedys(美味)+chion(雪)」からきている。花が雪のように白く甘い香りがすることから名づけられた。
種小名の carneum は「肉色の」という意味である。
写真は7月に神代植物公園で撮った。
学名:Hedychium carneum


★ややこしい花の姿が面白い
 インド育ちの肉色縮砂

d0059226_14582678.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-08-20 15:00 | ショウガ科
<< ハオルチア・ファスキアタ ヒマラヤ金糸梅(ヒマラヤキンシバイ) >>