<< 臥竜梅(ガリュウバイ) 山鶯神楽(ヤマウグイスカグラ) >>

塒出錦(トヤデニシキ)

d0059226_901070.jpg

梅(ウメ)バラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
塒出錦(トヤデニシキ)は梅(ウメ)の栽培品種の1つである。
塒(とや)は「鳥の巣」や「鳥籠」を意味する言葉である。
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は2月から3月である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
野梅系・野梅性の八重咲きの中輪(20から25ミリ)である。
花の色は淡い桃色である。
撮影地によっては花の色はもっと濃いものもあるようである。
錦性(にしきしょう)という盆栽の用語があり、梅の場合には若い枝に雲状の斑点が錦状に入ることを意味する。
枝は夏期には赤くなる。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
写真は3月に水戸市の偕楽園で撮った。
学名:Prunus mume 'Toyadenishiki'


★皺皺に花弁重ねて花開く
 なるほどこれは寝床のようだ

d0059226_902470.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-03-24 09:02 | バラ科
<< 臥竜梅(ガリュウバイ) 山鶯神楽(ヤマウグイスカグラ) >>