<< オキシペタルム・コエルレウム 田村草(タムラソウ) >>

アッツ桜(アッツザクラ)

d0059226_15241146.jpg

アッツ桜(アッツザクラ)はキンバイザサ科ロドヒポキシス属の多年草である。
ロドヒポキシス属は1属1種で、数種の変種がある。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)
表記の名は流通名である。
これを和名として認めるかどうかは文献によって判断が異なる。
それというのも、アリューシャン列島のアッツ島を連想するが本種とは関係がなく、また桜の仲間でもないからである。
この名の由来は、アッツ島日本軍守備隊玉砕の記憶も生々しいころに、山野草の店が「アッツ桜」という名前で売り出したことが始まりという。
本種の原産地は南アフリカである。
レント王国にある高山ドラケンスベルクに咲く花である。
日本へは大正時代に渡来した。
属名のロドヒポキシスの名でも流通している。
草丈は10センチから15センチくらいである。
茎は細く、白い毛が生えている。
根際から生える葉は細長い線形で葉脈があり、やはり白い毛が生える。
開花時期は4月から6月くらいである。
花径は2、3センチである。
花被片は6枚で、3枚ずつ2段になっている。
花の色は白、ピンク、赤紫色などがある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
1月23日の誕生花 である。
花言葉は「愛を待つ」である。
属名の Rhodohypoxis はギリシャ語の「rhodon(バラ)+Hypoxis(コキンバイザサ属)」からきている。赤い花を咲かせるコキンバイザサ属という意味合いである。
種小名の baurii は発見者であるドイツ人の宣教師で植物学者だった「バウル(Leopold Richard Baur, 1825-1889)さんの」という意味である。
写真は5月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Rhodohypoxis baurii


★可憐なる花を次々咲かせたる
 アッツ桜の季節訪れ

d0059226_15242232.jpg


花図鑑
植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

[PR]
by ryudesuyo | 2017-01-22 15:28 | キンバイザサ科 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hanazukusi.exblog.jp/tb/23795535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< オキシペタルム・コエルレウム 田村草(タムラソウ) >>