<< 小海老草(コエビソウ) 鈴虫花(スズムシバナ) >>

伊勢花火(イセハナビ)

d0059226_5421577.jpg

伊勢花火(イセハナビ)はキツネノマゴ科 イセハナビ属の多年草である。
原産地は中国だが、学名はStrobilanthes japonicaでjaponicaの文字が入っている。
日本の丸い花というような意味らしい。
観賞用に栽培されるほか九州南部など暖地で野生化している。
草丈は50センチくらいである。
よく枝分かれする。
葉は披針形で、長さは3~6センチくらいである。
互い違いに生える。
開花時期は6~7月である。
薄い紫色の可愛い花を咲かせる。
花冠は漏斗状をしており、長さは10~20ミリくらいである。
茶花として人気があったようである。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Strobilanthes japonica

★ちょっだけ右と左が不揃いの
 花びらどこか人間らしく
[PR]
by ryudesuyo | 2006-05-25 05:42 | キツネノマゴ科
<< 小海老草(コエビソウ) 鈴虫花(スズムシバナ) >>