<< 紫紺野牡丹(シコンノボタン) 赤地利蕎麦(シャクチリソバ) >>

波志干木(ハシカンボク)

d0059226_19255254.jpg

波志干木(ハシカンボク)はノボタン科ハシカンボク属の常緑低木である。
鹿児島県の南部から沖縄県にかけて分布し、低地や山地の沢沿いや湿り気のある林の縁などに生える。
別名を野海棠(ノカイドウ)ともいう。
樹高は30~100センチくらいである。
葉は卵形で、向かい合ってつける(対生)。
葉の先は尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は9~10月である。
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、淡い紅色の4弁花をつける。
稀に白花もあるという。
花弁は先が尖り、雄しべはそっくり返る。
写真は10月に強羅公園の山野草展で撮った。
学名:Bredia hirsuta


★小振りでも引いているのは南の血
 波志干木は賑わい咲いて

d0059226_1927254.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2008-10-31 19:35 | ノボタン科
<< 紫紺野牡丹(シコンノボタン) 赤地利蕎麦(シャクチリソバ) >>