<< 神代曙(ジンダイアケボノ) 御車返し(ミクルマガエシ) >>

仙台屋桜(センダイヤザクラ)

d0059226_6341182.jpg

仙台屋桜(センダイヤザクラ)はバラ科サクラ属の落葉高木である。
高知市内の仙台屋という店の庭に植えられていた桜で、牧野富太郎博士が命名をした。
東北地方にあった山桜を移植したものと伝えられている。
樹高は5~10メートルである。
葉は楕円形で、葉の縁は単鋸歯ないし重鋸歯である。
葉の裏表や柄に毛は生えていない。
開花時期は4月上旬~中旬である。
葉の展開と同時に花をつける。
花びらは5枚の一重咲きで、花径4~5センチの大輪である。
蕾の色は淡い紅紫色である。
花の色も淡い紅紫色で、花びらの形は丸い。
一総につく花の数は2~3輪である。
咢筒の形は長い鐘形である。
実は少し結実をする。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Prunus jamasakura cv. Sendaiya


★この桜どんな素性があるのかと
 興味そそられじっくり眺め

d0059226_6345139.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-04-09 06:34 | バラ科
<< 神代曙(ジンダイアケボノ) 御車返し(ミクルマガエシ) >>