<< 金剛山(コンゴウサン) 山桜(ヤマザクラ) >>

御殿場桜(ゴテンバザクラ)

d0059226_6175488.jpg

御殿場桜(ゴテンバザクラ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
静岡県の御殿場市や裾野市に古くからあったもので、マメザクラの系統である。
農家などで庭木や生垣として利用されている。
樹高は1~7メートルくらいである。
葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の柄や葉の両面には毛が生えている。
葉の縁には欠刻状の重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
開花時期は4月の上旬である。
葉の展開に先立ってかほぼ同時に花を咲かせる。
蕾の色は紅色である。
花径は25~35ミリくらいの一重の中輪である。
花びらは5枚で、花びらの形は丸く先に切れ込みがある。
花の色は淡い紅色で、花びらの外側には濃い紅色が残る。
散り際には花芯が赤味を帯びる。
結実性はない。
写真は4月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Prunus cv. Gotenbazakura


★挿し木でも育てやすくて人気ある
 御殿場桜に手を触れてみて

d0059226_6182146.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-04-15 06:18 | バラ科 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hanazukusi.exblog.jp/tb/9599609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 金剛山(コンゴウサン) 山桜(ヤマザクラ) >>