2012年 05月 15日 ( 1 )

若宮菫(ワカミヤスミレ)

d0059226_1019627.jpg

若宮菫(ワカミヤスミレ)ははスミレ科スミレ属の多年草である。
丸葉菫(マルバスミレ:Viola keiskei)と叡山菫(エイザンスミレ:Viola eizanensis)との交雑種である。
長野県諏訪郡富士見町の若宮で発見されたのが名の由来である。
発見者の浜栄介さんが人工交配をして確認しているという。
両社の共通する生育地は本州から九州で、いずれも低山などに生える。
草丈は10センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、縁は不規則に切れ込む。
開花時期は4月から5月である。
花径は2センチくらいである。
花の色は白く丸みがあり、濃い紫色の縦筋が入る。
距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)は太くて長い。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の keiskei は明治初期の植物学者「伊藤圭介さんの」という意味である。
種小名の eizanensis は「叡山の」という意味である。
写真は4月に神代植物公園のすみれ展(日本すみれ研究会)で撮った。
学名:Viola keiskei x Viola eizanensis


★交雑をしやすい菫の面白さ
 わかりにくいが自然のままに
d0059226_10192242.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-05-15 10:21 | スミレ科