2012年 05月 27日 ( 1 )

アナマ菫(アナマスミレ)

d0059226_11462647.jpg

アナマ菫(アナマスミレ)はスミレ科スミレ属の多年草である。
分類上は菫(スミレ)の海岸型変種とされている。
特徴は、葉が厚めで艶があることである。
和名の由来は、礼文島西海岸のアナマ岩で発見されたことからきている。
北海道から本州の中国地方にかけて日本海側に分布し、海岸の砂地などに生える。
草丈は10センチから15センチくらいである。
無茎種で、つけ根のところから花も葉も出る。
葉はへら形で、先が丸い。
開花時期は4月から6月である。
柄を伸ばして濃い紫色の花をつける。
花径は2センチくらいの5弁花である。
花びらの大きさは同じではなく、下の1枚(唇弁)が大きい。
唇弁の真ん中は白く、紫色の筋が入る。
上の2枚を上弁、左右の2枚を側弁という。
側弁のつけ根の部分には毛が生えている。
唇弁の奥には距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)がある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の mandshurica は「満州(中国東北部)の」という意味である。
種小名の crassa は「多肉質の」という意味である。写真は4月に東京都薬用植物園で撮った。
写真は4月に神代植物公園のすみれ展(日本すみれ研究会)で撮った。
学名:Viola mandshurica f. crassa


★めずらしい名前にはてと訝りつ
 葉っぱのようす確かめてみる
d0059226_11465167.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-05-27 11:48 | スミレ科