2012年 05月 28日 ( 1 )

アポイ立坪菫(アポイタチツボスミレ)

d0059226_10272614.jpg

アポイ立坪菫(アポイタチツボスミレ)はスミレ科スミレ属の多年草である。
漢字では「アポイ立壷菫」とも書く。
北海道固有種である。
アポイ岳のほか天塩地方と夕張岳の蛇紋岩地帯に生える。
分類上はアイヌ立坪菫(アイヌタチツボスミレ)の変種とされている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は5センチから10センチくらいである。
有茎種である。
葉は心形である。
葉の先は少し尖り、縁には低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面には艶があり、裏面は紫色をしている。
開花時期は4月から6月である。
花の色は淡い紫色で、唇弁には濃い色の筋が入る。
また、側花弁のつけ根の部分には毛が生えている。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Viola はラテン語の「viola(菫)」からきている。
種小名の sachalinensis は「サハリンの」という意味である。
変種名の alpina は「高山に生える」という意味である。
写真は8月に旭山動物園で撮った。
学名:Viola sachalinensis var. alpina


★なるほどね葉っぱの色が違ってる
 花に比べて葉が大きいよ
d0059226_1029951.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-05-28 10:39 | スミレ科