2012年 06月 03日 ( 1 )

赤花瑠璃繁縷(アカバナルリハコベ)

d0059226_923415.jpg

赤花瑠璃繁縷(アカバナルリハコベ)はサクラソウ科ルリハコベ属の一年草である。
「ハコベ」という名がつくがナデシコ科ではなく、サクラソウ科である。
原産地はヨーロッパである。
日本へは江戸時代に渡来した。
現在では、本州の宮城県から九州にかけて帰化し、道端や畑の縁に生える。
草丈は10~30センチくらいである。
茎は枝分かれをして地を這い、斜上する。
茎の断面は四角形である。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は3~6月である。
暖地では周年開花をする。
葉の脇から短い花柄を出し、先に1つずつ花をつける。
花の色は紅色である。
花径は10ミリくらいで、花冠は5つに裂けて横に開く。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Anagallis はギリシャ語の「ana(再び)+agallein(楽しむ)」からきている。花は曇ると閉じ、陽が照ると再び開く性質がある。
種小名の arvensis は「原野に生える」という意味である。
写真は6月に都立木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Anagallis arvensis


★江戸の世に大和に根づきし赤花は
 瑠璃の繁縷と対なすごとく
d0059226_9232354.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-06-03 09:26 | サクラソウ科