2012年 06月 04日 ( 1 )

筑紫群雀(ツクシムレスズメ)

d0059226_1237302.jpg

筑紫群雀(ツクシムレスズメ)はマメ科クララ属の常緑低木である。
九州南部の熊本県・宮崎県・鹿児島県に分布し、林の中に生える。
海外では、中国の福建省や雲南省に分布する。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
樹高は2~3メートルである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は楕円形である。
頂小葉がいちばん大きく、側小葉は下へいくほど小さくなる。
葉の表面に毛はなく、裏面にはビロード状の圧毛(茎や葉に密着して寝た毛)が生える。
開花時期は4~5月である。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い花をたくさんつける。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
属名の Sophora はアラビア語由来の1種の名から転用された。
種小名の franchetiana は日本の植物を研究したフランスの分類学者「フランシェ(A. R. Franchet)さんの」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Sophora franchetiana


★名を聞けば黄色い花とすぐ思う
 けれど白花清楚に咲いて
d0059226_12374821.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-06-04 12:41 | マメ科