2012年 06月 09日 ( 1 )

舞鶴天南星(マイヅルテンナンショウ)

d0059226_12535385.jpg

舞鶴天南星(マイヅルテンナンショウ)はサトイモ科テンナンショウ属の多年草である。
本州の岩手県から九州にかけて分布し、山地の湿地や河原などに稀に生える。
海外では、台湾、朝鮮半島、中国などにも分布する。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は60~120センチくらいである。
葉は1枚で、鳥足状の複葉である。
葉の柄は35~70センチくらいあり、小葉17~21枚くらいで1枚の葉が構成される。
小葉の形は幅の狭い倒卵形で、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
頂小葉が次の側小葉よりもいちじるしく小さいのが特徴である。
開花時期は5~6月である。
小さな個体は雄花だけからなり、大きな個体は両性花となる。
仏炎苞(サトイモ科の肉穂花序に見られる花序を被う大形の苞)は緑色である。
仏炎苞のつけ根のほうは筒状である。
上部は卵形で、先は尾状となって曲がる。
肉穂花序は棒状である。
付属体が糸状に上へ向かって長く伸びる。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
和名の由来は、葉と花序の様子を鶴が舞う姿にたとえたものである。
属名の Arisaema はギリシャ語の「aris(植物名の1つ)+haima(血)」からきている。血のような斑点が葉にある植物といった意味合いになる。
種小名の heterophyllum は「いろいろの形の葉の」という意味である。
写真は6月に東北大植物園で撮った。
学名:Arisaema heterophyllum


★鶴の舞う姿に擬して名づけらる
 天南星の緑爽やか
d0059226_1254812.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-06-09 13:00 | サトイモ科