カテゴリ:イワタバコ科( 18 )

ストレプトカーパス

d0059226_12173923.jpg

ストレプトカーパスはイワタバコ科ウシノシタ属(ストレプトカルプス属)の多年草の総称である。
ストレプトカルプス属はアフリカや熱帯アジアに130種くらいが分布する。
また、多くの園芸品種が作出されている。
園芸的には、属名を英語風に読んだストレプトカーパスの名で流通している。
代表種のストレプトカルプス・ウェンドランディに牛の舌(ウシノシタ)の和名があり、属名の和名はウシノシタ属という。
菫(スミレ)の仲間と同じように無茎種と有茎種とがある。
観賞用には鉢植えで栽培されている。
草丈は20センチから30センチくらいである。
根際から生える葉は大きな楕円形で、皺がある。
開花時期は5月から6月と10月から11月である。
花は筒状で先が5つに裂ける。
花の色には赤、ピンク、紫、青、白などである。
花の後にできるさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花言葉は「信頼に応える」である。
10月14日の誕生花である。
属名の Streptocarpus はギリシャ語の「streptos(ねじれる)+ karpos(果実)」からきている。長いさく果が螺旋状にねじれていることから名づけられた。
種小名の hybridus は「交配種の」という意味である。
写真は6月に札幌の百合が原公園で撮った。
学名:Streptocarpus x hybridus


★ぺろりんと出してみようか牛の舌
 ピンクの花びら垂れ下げて咲き

d0059226_12175080.jpg




花図鑑
植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-10-14 12:21 | イワタバコ科

エスキナンツス・トリコロル

d0059226_1771912.jpg

エスキナンツス・トリコロルはイワタバコ科ナガミカズラ属(エスキナンツス属)の蔓性常緑小低木である。
エスキナンツス属は着生植物で、東南アジアなどに100種くらいが分布する。
また、品種改良によって多くの園芸品種が生まれている。
日本にも西表島に長実蔓(ナガミカズラ)が分布し、属名の和名をナガミカズラ属という。
同属の植物は、属名を英語風に読んだエスキナンサスの名で鉢植えとして園芸的にも流通している。
本種はマレー半島やインドネシアのスマトラ島、サラワク島などに分布し、樹木や岩などに着生する。
蔓は垂れ広がる性質がある。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉は多肉質で艶があり、観葉植物としても親しまれている。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は6月から12月である。
暖地では周年開花をする。
茎先や葉の脇に小さな赤い花を1、2輪ずつつける。
花冠は筒状で、先は唇形に裂ける。
上唇は2つに裂け、下唇は3つに裂ける。
雄しべが少し花冠から飛び出す。
花にはオレンジ色と黒の縦筋が入る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花言葉は「恥じらい」である。
属名の Aeschynanthus はギリシャ語の「aischuno(恥ずかしい)+anthos(花)」からきている。赤い花をたとえたものである。
種小名の tricolor は「三色の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Aeschynanthus tricolor


★恥じらうがごとくひっそり咲く小花
 されど思いは血の色に燃え
☆涼やかな緑の蔦はカーテンに
 紅い唇君を誘って

d0059226_1773163.jpg



花図鑑
植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-08-09 17:11 | イワタバコ科

プリムリナ・ドリアス・アングスティフォリア

d0059226_16401957.jpg

プリムリナ・ドリアスはイワタバコ科プリムリナ属の多年草である。
プリムリナ属は中国などに100種以上が分布する。
2011年まではキリタ属とされていたが、キリタ属は中国の研究者によってPrimulina、Henckeria、Damrongia、Liebigia、Microchiritaの5属に再編成されたという。
プリムリナ・ドリアスの旧学名はキリタ・シネンシスであったが、属名の移行と併せて種小名も変更されたようである。
本種の原産地は中国の南部や香港である。
アングスティフォリア(angustifolia)はその変種である。
変種名には「細葉の」という意味がある。
草丈は10~20センチくらいである。
根際から生える葉は細長い卵形で、ロゼット状となる。
葉の質は分厚く、葉脈に沿って銀白色の斑が入る。
開花時期は9~10月くらいである。
花茎の先に淡い紅紫色をした筒状の花をつける。
花冠の先は唇形に裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Primulina は「サクラソウ属(Primula)のような」という意味である。
種小名の dryas はギリシャ神話の森の女神「ドリアス(Dryas)」の名からきている。
変種名の angustifolia は「細葉の」という意味である。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Primulina dryas var. angustifolia(syn. Chirita sinensis var. angustifolia)


★どのような事情あっての移行かと
 興味をそそる隣国のこと

d0059226_16404766.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-09-12 16:47 | イワタバコ科

プリムリナ・スブロンボイデア

d0059226_13282673.jpg

プリムリナ・スブロンボイデアはイワタバコ科プリムリナ属の多年草である。
プリムリナ属は中国などに100種以上が分布する。
2011年まではキリタ属とされていたが、キリタ属は中国の研究者によってPrimulina、Henckeria、Damrongia、Liebigia、Microchiritaの5属に再編成されたという。
本種の原産地は中国広西チワン族自治区の桂林市である。
中国名は「菱葉報春苣苔」という。
「報春苣苔」はプリムリナ属の中国名で、「菱葉」は葉の形状を表す言葉である。
草丈は5センチから10センチくらいである。
全体に毛が生えている。
根際から生える葉は菱状楕円形である。
葉の質はやや肉厚で、濃い緑色をしている。
葉の先は尖り、縁には低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は春である。
茎先に紫色をした筒状の花をつける。
花冠の先は唇形に裂ける。
花の後にできる実は線形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Primulina は「サクラソウ属(Primula)のような」という意味である。
種小名の subrhomboidea は「やや長い菱形の」という意味である。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Primulina subrhomboidea


★たくさんの花を咲かせる姿にも
 出合ってみたいその故郷で

d0059226_13284487.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-09-11 13:31 | イワタバコ科

白花岩煙草(シロバナイワタバコ)

d0059226_14423812.jpg

岩煙草(イワタバコ)はイワタバコ科イワタバコ属の多年草である。
イワタバコ属は東アジアやアルプスに3種くらい分布する小さな属である。
岩煙草(イワタバコ)は本州から沖縄にかけて分布し、低山や山地の日陰や湿った岩壁などに生える。
海外では、台湾にも分布する。
和名の由来は、根際から生える楕円形の葉が大きく、「煙草」の葉に似ているというところからきている。
白花岩煙草(シロバナイワタバコ)はその品種の1つで、稀に生える。
草丈は10センチから30センチくらいである。
根際から生える葉は楕円形である。
葉のつけ根の部分は翼のある柄となる。
葉の表面には艶があり、皺がある。
開花時期は6月から9月である。
茎先に散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、花径10ミリから15ミリくらいの白い花を数輪つける。
花冠は短い筒状で、先が5つに裂ける。
裂片の先は反り返る。
中央に雌しべがあり、回りに黄褐色の雄しべが5本ある。
花の後にできる実は披針形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
若葉を食用とする。
葉を乾燥させたものを生薬で苦苣苔(くきょたい)といい、胃腸薬としての効果がある。
花言葉は「沈静」である。
俳句の季語は夏である。
属名の Conandron はギリシャ語の「conos(円錐形の)+andros(雄しべ)」からきている。雄しべが集まって円錐形になることから名づけられた。
種小名の ramondioides はイワタバコ科の「ラモンディア属(Ramondia)に似た」という意味である。同属はヨーロッパの高山に生える。
品種名の leucanthus は「白い花の」という意味である。
写真は6月に鎌倉市の光則寺で撮った。
学名:Conandron ramondioides f. leucanthus


★咲く花の白さ目映く驚きの
 声も上ずる岩煙草かな

d0059226_14425986.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-07-05 14:45 | イワタバコ科

エスキナンツス・パラシティクス

d0059226_14125050.jpg

エスキナンツス・パラシティクスはイワタバコ科ナガミカズラ属(エスキナンツス属)の常緑小低木である。
インド、ヒマラヤに分布する着生種である。
別名をエスキナンツス・グランディフロルス(Aeschynanthus grandiflorus)という。
草丈は50センチくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の質は厚く艶がある。
開花時期は8月から10月くらいである。
茎先に散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、赤橙色の筒状花をつける。
花冠は長さが5~7センチくらいあり、先は唇形に裂ける。
上唇は2つに裂け、下唇は3つに裂ける。
雄しべと雌しべが花冠から飛び出している。
萼片は黄橙色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Aeschynanthus はギリシャ語の「aischuno(恥ずかしい)+anthos(花)」からきている。赤い花をたとえたものである。
種小名の parasiticus は「寄生する」という意味である。
写真は9月につくば植物園で撮った。
学名:Aeschynanthus parasiticus


★赤々と燃える炎が天を衝き
 鮮烈に咲くパラシティクスは

d0059226_14131170.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-09-11 14:17 | イワタバコ科

コリトプレクツス・スペキオスス

d0059226_176919.jpg

コリトプレクツス・スペキオススはイワタバコ科コリトプレクツス属の多年草である。
原産地はエクアドル、ペルー、チリなどである。
草丈は30センチくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉はビロード状の暗い緑色で、葉脈に沿って淡い色の斑が入る。
開花時期は秋である。
萼の色は赤く、花は筒状で鮮やかな黄色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で黒く熟する。
属名の Corytoplectus はギリシャ語の「korytos(ヘルメット)+plectos(襞のある)」からきている。萼片の形から名づけられた。
種小名の speciosus は「華やかな」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Corytoplectus speciosus


★調べてもデータの少ない花だけど
 変化に富んでとてもカラフル
d0059226_1763613.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-10-04 17:09 | イワタバコ科

アルソビア・ディアンティフローラ

d0059226_8115892.jpg

アルソビア・ディアンティフローラはイワタバコ科アルソビア属の常緑多年草である。
原産地はメキシコ、グアテマラ、コスタリカである。
樹上に着生する蔓性植物で、匍匐枝を伸ばして広がる。
英名はレースフラワーバイン(lace-flower vine)である。
蔓は長さが150センチくらいになる。
茎は赤味がかっており、うぶ毛がたくさん生える。
葉は幅の広い楕円形で、うぶ毛がたくさん生えており、肉厚である。
葉脈も赤味がかる。
開花時期は5~10月くらいである。
花冠が筒状で、先がレースのように切れ込んだ白い花をつける。
花の長さは25ミリくらいである。
属名の Alsobia はギリシャ語の「alsos(森)+bios(生命)」からきている。
種小名の dianthiflora は「2つの葯のある花の」という意味である。
写真は7月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Alsobia dianthiflora


★切れ込んだ縁がレースを思わせて
 茎も葉っぱもふんわりとして
d0059226_8121146.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-08-16 08:15 | イワタバコ科

鬼岩煙草(オニイワタバコ)

d0059226_5595390.jpg

鬼岩煙草(オニイワタバコ)はイワタバコ科オニイワタバコ属の多年草である。
原産地はスペイン・フランス国境のピレネー山脈で、石灰岩質の岩場に生える。
学名からラモンダ・ミコニーの名も使われている。
草丈は10~15センチくらいである。
根際から生える葉は暗い緑色で毛が多く、ロゼット状となる。
開花時期は6~8月である。
花冠は青紫色で5つに深く裂ける。
黄色い雄しべがよく目立つ。
写真は5月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Rammonda myconi


★鬼なんて怖い名前がつくけれど
 紫の花とても可愛い

d0059226_601242.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-09-18 06:00 | イワタバコ科

台湾石弔蘭(タイワンシシンラン)

d0059226_6164696.jpg

台湾石弔蘭(タイワンシシンラン)はイワタバコ科シシンラン属の多年草である。
「蘭」の字がつくがラン科ではない。
和名の由来も不明である。
漢名は「石弔蘭」という。
沖縄本島にわずかに分布し、樹の幹に着生する。
本州の中部地方から九州にかけて分布する石弔蘭(シシンラン)の近縁種である。
海外では、台湾や中国にも分布する。
沖縄に生えるものは石弔蘭(シシンラン)だとする見解もある。
環境省のレッドデータブックでは、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧ⅠA類(CR)に登録されている。
草丈は30~50センチくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
3~4枚が車軸状につく(輪生)こともある。
葉の質は革質で分厚く、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は夏である。
上部の葉の脇に淡い紅色をした筒状の花をつける。
花冠の先は唇形となる。
上の唇は2つ、下の唇は3つに裂ける。
萼片は5枚である。
雄しべは4本あり、そのうちの2本が長い。
写真は9月につくば植物園で撮った。
学名:Lysionotus apicidens


★米軍の基地の跡から見つかって
 まだ謎多い花と聞かされ

d0059226_617860.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-09-17 06:18 | イワタバコ科