カテゴリ:ガマ科( 1 )

斑入り蒲(フイリガマ)

d0059226_11381498.jpg

蒲(ガマ)はガマ科ガマ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、池や沼などに生える。
海外では、温帯から熱帯にかけて広く分布する。
斑入り蒲(フイリガマ)はその園芸品種である。
特徴は葉に縦縞が入ることである。
草丈は1~2メートルである。
根際から生える葉は線形で分厚い。
開花時期は6~8月である。
丸っこいソーセージのような茶色の花穂が雌花で、雄花はその先につく。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)である。
属名の Typha はギリシャ語の「沼(tiphos)」からきている。
種小名の latifolia は「広葉の」という意味である。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Typha latifolia 'Fuiri Gama'


★蒲だって斑入りがあっていいじゃない
 穂もいいけれど葉はアクセント
d0059226_11382913.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-07-08 11:54 | ガマ科 | Trackback | Comments(0)