カテゴリ:タヌキモ科( 2 )

ピングイクラ・アフロデイテ

d0059226_13263162.jpg

ピングイクラ・アフロデイテはタヌキモ科ムシトリスミレ属の常緑多年草である。
属名の読み方は「ピンギキュラ」とするものもある。
本種はチェコで作出された交配種である。
交配親はアグナタ種(Pinguicula agnata)モクテズマエ種(Pinguicula moctezumae)で、いずれも原産地はメキシコである。
草丈は10~20センチくらいである。
葉は長い楕円形で、根際から生えてロゼット状(茎から葉が重なり合って出て地に接し、円座形になったもの)となる。
葉は多肉質で、表面の細かな腺毛から粘液を出して虫を捕まえる。
開花時期はほぼ周年である。
直径3センチくらいの菫(スミレ)に似た濃いピンク色や藤色の花を咲かせる。
花は仲間の中では大輪である。
花冠は5つに裂けて唇形となる。
花のつけ根の部分には真っ直ぐな距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)がある。
萼片は5枚である。
属名の Pinguicula はラテン語の「pinguis(やや脂肪性の)」からきている。葉の面の脂肪光沢が強いためと思われる。
園芸品種名の Aphrodite はギリシャ神話に登場する「美の女神」で、ローマ神話でいうビーナスのことである。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Pinguicula 'Aphrodite'


★美しく丈夫に育つピングイクラ
 初心者にも育てやすいよ

d0059226_132767.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-10-22 13:27 | タヌキモ科 | Trackback | Comments(0)

クリオネ耳掻き草(クリオネミミカキグサ)

d0059226_1531688.jpg

クリオネ耳掻き草(クリオネミミカキグサ)はタヌキモ科タヌキモ属の多年草である。
中国の南西部(浙江省や江西省)に分布し、湿地に生える食虫植物である。
表記の名は流通名である。
花の様子がクリオネに似ることから名づけられた。
学名のウトリクラリア・ワルブルギーで表示するものもある。
草丈は5~20センチくらいである。
開花時期は春である。
温度が合えば周年開花をする。
花径は8ミリくらいで青く、下唇のつけ根に触角のような突起がある。
花茎のつけ根にある補虫嚢で小動物を捕まえる。
属名の Utricularia は「utriculus(小気胞)」からきている。小さい捕虫嚢のあるという意味。
種小名の warburgii はドイツの植物学者「ワールブルク(Otto Warburg, 1859-1938)さんの」という意味である。
写真は5月に日比谷公園の野草展(むさしの山草会)で撮った。
学名:Utricularia warburgii


★クリオネの名前もらった耳掻き草
 時の流れに漂うように

d0059226_1535067.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-07-24 15:07 | タヌキモ科 | Trackback | Comments(0)