カテゴリ:エゴノキ科( 4 )

ホワイトアングル

d0059226_1120911.jpg

えごのき(エゴノキ)エゴノキ科エゴノキ属(スティラクス属)の落葉小高木である。
スティラクス属は北半球の温帯を中心に100種くらいが分布する。
日本にもえごのき(エゴノキ)などが分布し、属名の和名をエゴノキ属という。
えごのき(エゴノキ)は北海道から沖縄にかけて分布し、比較的水分のある谷沿いなどに生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
ホワイトアングル(White angle)はその園芸品種である。
えごのき(エゴノキ)の実生(みしょう:接ぎ木ではなく種子から育てること)から選抜して育成された。
特徴は立ち性で狭い場所にも植えられることあることである。
葉には艶があり、花つきもよい。
本種の樹高は2メートルから4メートルくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から6月である。
花には長い柄があり、枝からぶら下がって咲く。
花径は2センチくらいで、花冠は5つに深く裂ける。
花の色は黄白色で、中心には10本の黄色い雄しべがある。
花の後にできる実は卵球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
結実するのは10月くらいである。
実は長さが1センチくらいで、灰白色の星状毛(放射状に伸びる毛)がたくさん生えている。
果皮に有毒物質であるエゴサポニンを含んでいる。
属名の Styrax はギリシャ語の「storax(安息香)」からきている。この属の植物の樹脂から安息香(ベンゾイン)が採れることから名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は5月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Styrax japonica 'White angle'


★株立ちの樹形がぼくの自慢だよ
 花ももちろん見て欲しいけど

d0059226_11201986.jpg

花図鑑
植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-04-25 11:23 | エゴノキ科 | Trackback | Comments(0)

紅萼えごのき(ベニガクエゴノキ)

d0059226_19161691.jpg

紅萼えごのき(ベニガクエゴノキ)はエゴノキ科エゴノキ属の小高木である。
えごのき(エゴノキ)の園芸品種で、花柄と萼が赤いのが特徴である。
開花時期は5~6月である。
枝一面に垂れ下がるピンク色の花が美しい。
なお、えごのき(エゴノキ)は日本原産で「知左(ちさ)」の名で万葉集にも登場する。
俳句では「えごの花」が夏の季語である。

★薄紅の程よさ似合うえごの花
 着飾りて咲く六月の空
[PR]
by ryudesuyo | 2005-08-21 19:16 | エゴノキ科 | Trackback | Comments(0)

枝垂れエゴ(シダレエゴ)

d0059226_19394814.jpg

エゴノキはエゴノキ科エゴノキ属の落葉小高木である。
比較的水分のある谷沿いなどで良く成長する。
枝垂れえご(シダレエゴ)は園芸的に選抜された変わり物なのだが、園芸品種としての改良は進んでいないという。
開花時期は5~6月で、花冠が五裂する白色の花を下垂してつける。
果皮に有毒物質であるサポニンを含んでおり、その味が「えぐい」ので、エゴノキと名前がついたのだという。

★垂れ下がる枝がどこかチャーミング
 エゴの花咲く季節は緑
[PR]
by ryudesuyo | 2005-07-14 19:40 | エゴノキ科 | Trackback | Comments(0)

白雲木(ハクウンボク)

d0059226_8402370.jpg

白雲木(ハクウンボク)はエゴノキ科エゴノキ属の落葉高木である。
山地に生え、庭木ともする。
5~6月に、枝先から白い花が長く総状に垂れ下がり、よい香りがする。
白い花が密集して咲くさまを白雲になぞらえてつけた名称である。
花はエゴノキにそっくりだが、白雲木のほうが葉っぱが大きい。
エゴノキは別名を萵苣の木(チシャノキ)と言うが、白雲木(ハクウンボク)のほうにも大葉萵苣(オオバジシャ)の別名がある。
材は器具や彫刻用に用いられている。

★花房が白く煌めき青い空
 プロムナードに初夏を伝えて
[PR]
by ryudesuyo | 2005-07-10 08:40 | エゴノキ科 | Trackback | Comments(0)