カテゴリ:ブナ科( 5 )

棈(アベマキ)

d0059226_12112751.jpg

棈(アベマキ)はブナ科コナラ属(クエルクス属)の落葉高木である。
クエルクス属は北半球の温帯から熱帯にかけて300種以上が分布する。
日本にも小楢(コナラ)などが分布し、属名の和名をコナラ属という。
本種は東北地方の南部から沖縄にかけて分布し、平地や山地に生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国にも分布する。
和名の由来は、樹皮の凹凸をあばたに見立てたことからきている。
「アベ」はあばたの岡山県での方言、「マキ」は真木ないし薪ではないかと推測されている。
漢字では「阿部槇」とも書く。
樹高は10メートルから20メートルくらいである。
樹皮は灰黒色で、縦に割れ目が入る。
葉は細長い楕円形で長さが10センチから15センチくらいあり、互い違いに生える(互生)。
葉の先は芒状(のぎ:イネなどの小穂に見られる針のような棘)に尖り、縁には波状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は濃い緑色で艶があり、裏面は灰白色で星状毛(放射状に伸びる毛)が生える。
開花時期は4月から5月である。
雌雄同株である。
雄花は黄色くて房状に垂れ下がり、雌花は赤っぽく葉の脇につく。
結実期は9月から10月である。
実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、ドングリの1つである。
ほぼ球形で直径は2センチくらいあり、下部はお椀のような殻に包まれる。
葉は秋には黄葉をする。
材は椎茸(シイタケ)栽培の原木とされたり薪炭材とされる。
櫟(クヌギ)に似ているが、樹皮に厚いコルク層ができて深い割れ目があり、葉の裏面に星状毛(放射状に伸びる毛)がある点が異なる。
かつてはコルクをとるために栽培されたこともある。
樹皮を乾燥させたものを生薬で樸そく(ぼくそく)といい、解毒、抗炎作用がある。
属名の Quercus はケルト語の「quer(良質の)+cuez(材木)」を語源とするこの属の一種のラテン古名からきている。
種小名の variabilis は「変化に富む」という意味である。
写真は11月に愛媛県の松山城で撮った。
学名:Quercus variabilis


★調べればますます奥が深くなる
 木々とつながる人の営み

d0059226_12114025.jpg

d0059226_1211535.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-11-24 12:18 | ブナ科 | Trackback | Comments(0)

姥目樫(ウバメガシ)

d0059226_110162.jpg

姥目樫(ウバメガシ)はブナ科コナラ属の常緑高木である。
本州の神奈川県から沖縄にかけて分布し、海岸に近い山の斜面などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国にも分布する。
樹高は5~15メートルくらいである。
樹皮は黒っぽい褐色で、縦に浅く裂ける。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の表面は濃い緑色、裏面は緑色である。
上部の葉の縁には波状の浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質は革質で、やや艶がある。
開花時期は4~5月である。
雌雄同株である。
葉の展開と同時に花を咲かせる。
雄花序は枝から垂れ下がり、雌花は葉の脇につく。
花の色は目立たない黄緑色である。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、翌年の秋に熟して長さ2センチくらいのドングリになる。
材は備長炭の材料とされる。
和歌山県の「県の木」に指定されている。
花言葉は「良質な」である。
属名の Quercus はケルト語の「quer(良質の)+cuez(材木)」を語源とするこの属の一種のラテン古名からきている。
種小名の phillyraeoides は「(モクセイ科の)フィリレア属(Phillyrea)に似た」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Quercus phillyraeoides


★目立たずも時の至れば花咲かす
 誰がためならず己のために

d0059226_111862.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-05-02 11:03 | ブナ科 | Trackback | Comments(0)

白樫(シラカシ)

d0059226_12284384.jpg

白樫(シラカシ)はブナ科コナラ属の常緑高木である。
本州の福島県から九州にかけて分布し、低地に生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
樹高は20メートル以上になる。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は厚く、上部の縁には低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は艶があって濃い緑色をしており、裏面は淡い緑色である。
開花時期は5月である。
雄花は黄褐色の尾状花序を下に垂らし、雌花は直立する。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、下部は浅いお碗形の殻斗(はかま)に包まれる。
和名の由来は材が白いことからきている。
材は器具材や建築材とされる。
樹皮は黒い。
属名の Quercus はケルト語の「quer(良質の)+cuez(材木)」を語源とするこの属の一種のラテン古名からきている。
種小名の myrsinifolia はヤブコウジ科の「タイミンタチバナ属(Myrsine)のような葉の」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Quercus myrsinifolia


★滑らかな樹皮に手のひら当ててみる
 白樫の木の梢は高く

d0059226_1229185.jpg

d0059226_12294590.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-10-11 12:36 | ブナ科 | Trackback | Comments(0)

柏(カシワ)

d0059226_11215115.jpg

柏(カシワ)はブナ科コナラ属の落葉高木である。
漢字では「槲」とも書く。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地や寒地の海岸に生える。
海外では、台湾、中国、ウスリー地方などにも分布する。
樹高は10~20メートルくらいである。
樹皮は黒灰色で、縦に深く裂ける。
葉は長さ10~30センチの倒卵形で、互い違いに生える(互生)。
先は尖らずに丸みがあり、縁には波状の大きなぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の柄はほとんどない。
開花時期は5~6月である。
葉の展開と同時に開花する。
雌雄同株である。
雄花は長さ10~15センチの尾状花序(単性の花が穂状につき、垂れ下がる)をなす。
雌花は葉の脇に少数つく。
花の色は黄緑色である。
花の後にできる実はドングリ状の堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)である。
ドングリは櫟(クヌギ)に似て横幅が広い。
葉は縄文時代には土器の底に敷いて、ご飯などを蒸すのに利用したという。
和名は「炊(かし)ぐ葉」の転訛したものである。
古来より食物を包むのに用いられ、今でも柏餅に使われる。
また、樹皮は染料として用いられた。
材は建築用材、家具材、ビール樽などに利用される。
属名の Quercus はケルト語の「quer(良質の)+cuez(材木)」を語源とするこの属の一種のラテン古名からきている。
種小名の dentata は「鋭い鋸歯の」という意味である。
写真は6月に市川市万葉植物園で撮った。
実は9月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Quercus dentata


★独特の形がとても面白い
 柏の葉っぱ今も昔も

d0059226_11221259.jpg

d0059226_1123520.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル






花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-09-28 11:25 | ブナ科 | Trackback | Comments(0)

山毛欅(ブナ)

d0059226_1316541.jpg

山毛欅(ブナ)はブナ科ブナ属の落葉高木である。
北海道の南西部から九州にかけて分布し、山地に生え時に純林をつくる。
白神山地のブナ林は世界遺産に登録されている。
樹高は15~30メートルくらいになる。
樹皮は灰白色で滑らかである。
葉は卵形で、波状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月ころである。
雌雄同株である。
花の色は淡い黄色である。
雄花は枝の下部の葉の脇に短い尾状花序(単性の花が穂状につき、垂れ下がる)を出し、密につく。
雌花は枝の上部の葉の脇に総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)に包まれて2つくらい上向きにつく。
花の後にできる実は堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、三角錐形をしている。
ただし、成長が遅いので50~60年かけて初めて実がつき、その後も5年に一度しか実をつけない。
秋には黄葉をする。
材は細工物や家具などに用いられる。
花言葉は「繁栄」である。
属名の Fagus はギリシャ語の「phagein(食べる)」からきている。堅果が食用になることから名づけられた。
種小名の crenata は「円鋸歯状の」という意味である。
写真は8月に白神山地で撮った。
学名:Fagus crenata


★すっと立つ山毛欅の姿は美しく
 木漏れ日浴びて神秘を増して

d0059226_13171134.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-09-22 13:20 | ブナ科 | Trackback | Comments(0)