カテゴリ:マツ科( 2 )

ストローブ松(ストローブマツ)

d0059226_10354488.jpg

ストローブ松(ストローブマツ)はマツ科マツ属(ピヌス属)の常緑高木である。
ピヌス属は北半球の寒帯から熱帯を中心に90種くらいが分布する。
日本にも赤松(アカマツ)などが分布し、属名の和名をマツ属という。
本種の原産地は北アメリカである。
カナダ東部のニューファウンドランド州からアメリカ合衆国のジョージア州にかけて分布する。
日本でも北海道などの寒地で植栽されている。
材が白いことからホワイトパイン(white pine)の英名がある。
ストロブス亜属に含まれ、五葉松(ゴヨウマツ)の仲間である。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(2001, Ver. 3.1)では軽度懸念(LC)に指定されている。
樹高は30メートルから40メートルくらいである。
幹は直径1メートルになる。
樹皮は灰褐色で、樹齢を重ねると鱗片状になる。
葉は柔らかな針形で、5枚ずつ束生する。
球果(マツカサ)は円筒形で曲がっている。
材は建築材や建具とされる。
属名の Pinus はケルト語の「pin(山)」からきたラテン古名である。
種小名の strobus は「球果の」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Pinus strobus


★日本でも植えてるそうだこの松を
 どんどん伸びて巨木になるよ

d0059226_1036577.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-09-30 10:39 | マツ科 | Trackback | Comments(0)

ドイツ唐檜(ドイツトウヒ)

d0059226_15321690.jpg

ドイツ唐檜(ドイツトウヒ)はマツ科トウヒ属の常緑高木である。
ヨーロッパ全域と西シベリアに広く分布する。
ドイツの黒い森(シュバルツバルト)は有名である。
別名を欧州唐檜(オウシュウトウヒ)ともいう。
日本へは明治時代の中期に導入され、特に北海道で鉄道防雪林として植林された。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 2.3, 1994)では軽度懸念(LC)に指定されている。
樹高は50メートルに達する。
樹皮は褐色である。
老木になると灰色になり、鱗片状に剥がれ落ちる。
葉は線形で断面は菱形である。
球果は大きく、長さが10~20センチくらいある。
材は建築材や器具材などに活用される。
属名の Picea はラテン語の「pix(ピッチ)」からきたある種のマツの仲間のラテン名からきている。
種小名の abies は「モミの仲間」のことである。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Picea abies

★北国の開発の道示すよう
 ドイツ唐檜の由来辿って

d0059226_15325415.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


[PR]
by ryudesuyo | 2014-01-03 15:35 | マツ科 | Trackback | Comments(0)