カテゴリ:ウマノスズクサ科( 44 )

巾着葵(キンチャクアオイ)

d0059226_10274992.jpg

巾着葵(キンチャクアオイ)はウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草である。
九州の福岡県、熊本県、宮崎県、鹿児島県に分布し、低山の林の中に生える。
分類上は山陽葵(サンヨウアオイ)の変種とされている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は20センチくらいである。
葉は長い楕円形である。
葉には艶があり、雲紋は少ない。
開花時期は3~5月である。
先が3つに裂けた筒状の萼からなる淡い緑褐色の花をつける。
萼筒の内側は濃い紫色である。
花弁はない。
花径は1センチくらいで小さく、萼筒はくびれる。
属名の Asarum はギリシャ語の「asaron(枝を打たぬ)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の hexalobum は「6つの裂片の」という意味である。
変種名の perfectum は「完全な」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Asarum hexalobum var. perfectum


★見てみたい巾着に似た花姿
 楽しみ残し葉っぱを撮って
d0059226_10283184.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-01-06 10:31 | ウマノスズクサ科

谷村葵(タニムラアオイ)

d0059226_15221937.jpg

谷村葵(タニムラアオイ)はウマノスズクサ科カンアオイ属の常緑多年草である。
徳之島の固有種で、石灰岩地帯の林の中に生える。
1994年に新種として記載された。
あまり調査が進んでいないため環境省の絶滅危惧植物にはまだ登録されていない。
別名を白雪寒葵(シラユキカンアオイ)という。
草丈は10センチくらいである。
葉の形はハート形で、厚くて艶がある。
開花時期は1~3月くらいである。
先が3つに裂けた筒状の萼からなる紫色の花をつける。
花弁はない。
萼片の内側が白っぽくなるのが特徴である。
属名の Asarum はギリシャ語の「asaron(枝を打たぬ)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の leucosepalum は「白い萼片の」のという意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Asarum leucosepalum


★個性ある初雪の花咲く姿
 早く見たいと思い募らせ
d0059226_15224549.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-01-05 15:24 | ウマノスズクサ科

おもろ寒葵(オモロカンアオイ)

d0059226_16383016.jpg

おもろ寒葵(オモロカンアオイ)はウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草である。
石垣島、西表島の固有種で、山地の林の中に生える。
和名の由来は、沖縄の古い民謡である「おもろ」からきている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は卵心形である。
葉の表面には淡い緑色の斑紋があり、裏面には毛が生える。
開花時期は1~3月である。
先が3つに裂けた筒状の萼からなる淡い紫色の花をつける。
萼筒は円柱形で、内部は暗い紫色である。
花弁はない。
尖閣寒葵(センカクカンアオイ)に似るが、雌しべは3本、雄しべは6本である。
属名の Asarum はギリシャ語の「asaron(枝を打たぬ)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の dissitum は「疎らの」という意味である。
写真は11月につくば植物園の「日本の固有植物展」で撮った。
学名:Asarum dissitum


★三線の音色聞こえる島に咲く
 花の姿を思い描いて
d0059226_1638519.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-01-04 16:43 | ウマノスズクサ科

尖閣寒葵(センカクカンアオイ)

d0059226_11175875.jpg

尖閣寒葵(センカクカンアオイ)はウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草である。
尖閣諸島の魚釣島固有種で、山地の林の中に生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は卵心形で、先がやや丸みを帯びる。
葉の両面に毛は生えず、表面には艶がある。
開花時期は2~4月である。
先が3つに裂けた筒状の萼からなる淡い紫色の花をつける。
萼筒は円柱形である。
花弁はない。
雌しべは6本、雄しべは12本である。
属名の Asarum はギリシャ語の「asaron(枝を打たぬ)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の senkakuinsulare は「尖閣諸島に生える」という意味である。
写真は11月につくば植物園の「日本の固有植物展」で撮った。
学名:Asarum senkakuinsulare


★訪問もなかなか叶わぬ島に咲く
 花の姿は神々しくて
d0059226_11183862.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-01-03 11:21 | ウマノスズクサ科

大葉寒葵(オオバカンアオイ)

d0059226_12252341.jpg

大葉寒葵(オオバカンアオイ)はウマノスズクサ科カンアオイ属の常緑多年草である。
奄美諸島の固有種で、山地の林の中に生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
草丈は10センチから20センチくらいである。
根茎から柄の長い葉が数枚出る。
葉の形は卵状の三角形で、厚くて艶がある。
トカラ列島に分布する吐喝喇寒葵(トカラカンアオイ)に似るが、本種は葉の柄に疎らに毛が生える。
開花時期は11月から2月くらいである。
先が3つに裂けた筒状の萼からなる暗い紫色の花をつける。
花弁はない。
花径は小さい。
属名の Asarum はギリシャ語の「asaron(枝を打たぬ)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の lutchuense は「琉球の」という意味である。
写真は11月につくば植物園の「日本の固有植物展」で撮った。
学名:Asarum lutchuense


★大形で艶やかに照る葉を開く
 花咲く姿次はこの目で
d0059226_12254560.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-01-02 12:32 | ウマノスズクサ科

吐喝喇寒葵(トカラカンアオイ)

d0059226_1412380.jpg

吐喝喇寒葵(トカラカンアオイ)はウマノスズクサ科カンアオイ属の常緑多年草である。
トカラ列島の固有種で、山地の林の中に生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
草丈は10センチから20センチくらいである。
根茎から柄の長い葉が数枚出る。
葉の形は卵状の三角形で、厚くて艶がある。
奄美諸島に分布する大葉寒葵(オオバカンアオイ)に似るが、本種は葉の柄に毛が生えない。
開花時期は11月から2月くらいである。
先が3つに裂けた筒状の萼からなる暗い紫色の花をつける。
花弁はない。
花径は小さい。
属名の Asarum はギリシャ語の「asaron(枝を打たぬ)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の tokarense は「トカラ列島の」という意味である。
写真は11月につくば植物園の「日本の固有植物展」で撮った。
学名:Asarum tokarense


★大形でどんと構えた葉を開く
 花咲く姿次はこの目で
d0059226_14122637.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-01-01 14:14 | ウマノスズクサ科

加計呂麻寒葵(カケロマカンアオイ)

d0059226_13181335.jpg

加計呂麻寒葵(カケロマカンアオイ)はウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草である。
奄美諸島の固有種で、山地の林の中に生える。
和名の由来は、発見地である加計呂間島からきている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
草丈は5センチから10センチくらいである。
葉はハート形で、雲紋が入る。
つけ根の部分は心形で、深く切れ込む。
開花時期は3~6月である。
先が3つに裂けた筒状の萼からなる暗い紫色の花をつける。
花弁はない。
花径は10~15ミリと小さい。
雌しべは3本、雄しべ6本で、同属の一般的な雌しべ、雄しべの数の半分である。
属名の Asarum はギリシャ語の「asaron(枝を打たぬ)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の trinacriforme は「3つに尖った形の」という意味である。
写真は11月につくば植物園の「日本の固有植物展」で撮った。
学名:Asarum trinacriforme


★シチリアの旗の名前はトリナクリア
 そんな繋がり思い描きつ
d0059226_13183990.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2011-12-31 13:25 | ウマノスズクサ科

叢雲葵(ムラクモアオイ)

d0059226_13305585.jpg

叢雲葵(ムラクモアオイ)はウマノスズクサ科カンアオイ属の常緑多年草である。
種子島の固有種で、山地の林の中に生える。
分類上は、屋久島固有種である慈姑葉寒葵(クワイバカンアオイ)の変種とされている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
草丈は10センチくらいである。
葉の形は三角形で、厚くて艶がある。
裏面の葉脈上と葉の柄には短い毛が生える。
開花時期は10月から1月くらいである。
先が3つに裂けた筒状の萼からなる暗い紫色の花をつける。
花の色には淡い緑色のものもある。
花弁はない。
花径は2~3センチである。
萼片の上部には短い毛が疎らに生える。
属名の Asarum はギリシャ語の「asaron(枝を打たぬ)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の kumageanum は「(鹿児島県)熊毛郡の」のという意味である。
変種名の satakeanum は「佐竹義輔さんの」という意味である。
写真は11月につくば植物園の「日本の固有植物展」で撮った。
学名:Asarum kumageanum var. satakeanum


★叢雲の由来はどこにあるのかな
 葉っぱの模様さしているかな
d0059226_13311977.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2011-12-30 13:37 | ウマノスズクサ科

末広葵(スエヒロアオイ)

d0059226_9253333.jpg

末広葵(スエヒロアオイ)はウマノスズクサ科カンアオイ属の常緑多年草である。
日本固有種である。
鈴鹿山地に分布し、山地の林の中に生える。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
草丈は10センチくらいである。
葉はハート形である。
開花時期は秋から冬である。
筒形で先が3つに裂けた暗い紫色の花をつける。
萼筒が扁平なのが特徴である。
属名の Asarum はギリシャ語の「asaron(枝を打たぬ)」からきているが、関係は不明だという。
種小名の dilatatum は「拡大した」という意味である。
写真は11月につくば植物園の「日本の固有植物展」で撮った。
学名:Asarum dilatatum


★見ることも叶わぬ花にまた一つ
 出合う歓び噛み締めて撮る
d0059226_9255414.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2011-12-29 09:28 | ウマノスズクサ科

越前寒葵(エチゼンカンアオイ)

d0059226_15361123.jpg

越前寒葵(エチゼンカンアオイ)はウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草である。
日本固有種である。
富山県から京都府にかけて日本海側に分布し、山地の林の中に生える。
草丈は5センチから10センチくらいである。
葉はハート形である。
開花時期は10月から12月である。
筒形で先が3つに裂けた暗い紫色の花をつける。
属名の Asarum はギリシャ語の「asaron(枝を打たぬ)」からきているが、関係は不明だという。
写真は11月につくば植物園の「日本の固有植物展」で撮った。
つくば植物園の表示によれば、関東寒葵(カントウカンアオイ)に似るが分類学的位置づけは定まっていないという。
写真は4月に京都府立植物園の山野草展で撮った。
学名:Asarum sp.(=Asarum nipponicum var. echizen)


★どのような推移たどるか位置づけは
 ホットな花に楽しみ増やし
d0059226_15363064.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2011-12-28 15:40 | ウマノスズクサ科