カテゴリ:ニシキギ科( 3 )

大小真弓(オオコマユミ)

d0059226_956557.jpg

大小真弓(オオコマユミ)はニシキギ科ニシシギ属(エウオニムス属)の落葉低木である。
エウオニムス属は世界の温帯地方や熱帯地方に220種くらい分布する。
日本にも錦木(ニシキギ)などが分布し、属名の和名をニシシギ属という。
本種は小真弓(コマユミ)の近縁種で、葉が大きく厚いのが特徴である。
北海道から本州にかけて分布し、低山や山地の林の中や林の縁に生える。
海外では、済州島にも分布する。
樹高は2メートルから3メートルである。
枝にはコルク質の翼(よく)がない。
翼があるものは錦木(ニシキギ)として区別する。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には鋭く細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から6月である。
葉の脇から集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、淡い緑色の小さな花を数個ずつつける。
花径は7ミリ前後で、花弁は4枚である。
萼片は4枚、雄しべは4本、雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
熟すと縦に裂けて開き、朱色の仮種皮に包まれた種子をぶら下げる。
属名の Euonymus はギリシャ語の「eu(良)+onoma(名)」からきている。評判のいいといった意味合いである。
種小名の alatus は「翼のある」という意味である。
変種名の rotundatus は「円形の」という意味である。
写真は4月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Euonymus alatus var. rotundatus


★また一つ難しい樹が現れた
 存在だけは知っておこうか

d0059226_9562498.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-06-02 10:02 | ニシキギ科

カッシネ・クロケア

d0059226_1225137.jpg

カッシネ・クロケアはニシキギ科カッシネ属の常緑高木である。
カッシネ属は世界に60種くらいが分布する。
本種の原産地はアフリカの南部で、海岸沿いや森林の縁に生える。
樹高は5~15メートルくらいである。
樹皮は灰色がかった褐色で、直立する。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質は革質で濃い緑色をしており、艶がある。
開花時期は秋である。
花径3ミリくらいの緑白色をした目立たない花を数輪つける。
花弁は4枚で横に開く。
萼片も4枚、雄しべも4本である。
花の後にできる実は楕円形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、黄白色に熟する。
属名の Cassine はネイティブアメリカンの言葉「Cassena(Ilex vomitoriaを指す)」からきている。
種小名の crocera は「サフラン黄色の」という意味である。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Cassine crocea(syn. Elaeodendron croceum)


★学名が一字違っていたようだ
 どんな木なのかやっと謎解け

d0059226_12253223.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-10-11 12:27 | ニシキギ科

黄金柾(オウゴンマサキ)

d0059226_11375233.jpg

黄金柾(オウゴンマサキ)はニシキギ科ニシキギ属の常緑低木である。
漢字では「黄金正木」とも書く。
ニシキギ属は世界の温帯や熱帯に220種くらい分布する。
本種は分類上は、北海道の南部から沖縄にかけて分布する柾(マサキ)の変種でとされている。
もともとは熊本県の内牧温泉近くの農家にあったものが撮影地などで増殖された。
樹高は1~3メートルくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の表面が黄色いのが特徴である。
黄金色の葉が年間を通して美しい。
開花時期は6~7月である。
枝先に集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、黄緑色をした小さな目立たない4弁花をつける。
秋に果実が熟すると、裂開して赤橙色の仮種皮に覆われた種子が現れて美しい。
花言葉は「厚遇」である。
属名の Euonymus はギリシャ語の「eu(良)+onoma(名)」からきている。評判のいいといった意味合いである。
種小名の japonicus は「日本の」という意味である。
変種名の aurea は「黄金色の」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Euonymus japonicus var. aurea


★美しい葉が特色の樹木だが
 花も咲きます実もなるのです

d0059226_11381262.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-18 11:40 | ニシキギ科