カテゴリ:イグサ科( 1 )

草藺(クサイ)

d0059226_991318.jpg

草藺(クサイ)はイグサ科イグサ属(ユンクス属)の多年草である。
ユンクス属は世界に200種くらいが分布する。
日本にも藺草(イグサ)などが分布し、属名の和名をイグサ属という。
本種は北海道から沖縄にかけて分布し、山野に普通に生える。
大葉子(オオバコ)とともに、人の踏み跡に生える植物の代表である。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国を始めユーラシア大陸や北アメリカに広く分布する。
草丈は20センチから60センチくらいである。
茎は円筒形で、細いが丈夫である。
根際から数本が群がって立つ。
地下茎は短く、地を這って伸びる。
根際から生える葉は細くて扁平な線形で、縁は上面に巻く。
葉のつけ根の部分は鞘状になって茎を抱く。
鞘の縁には薄い耳状の突起がある。
開花時期は6月から9月くらいである。
茎先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、淡い緑色の花をつける。
花被片は6枚で、白い膜状の縁がある。
雄しべは6本である。
雌しべは1本で、花柱の先は3つに裂ける。
属名の Juncus はラテン語の「jungere(結ぶ)」からきている。
種小名の tenuis は「細い、薄い」という意味である。
写真は9月に小石川植物園で撮った。
学名:Juncus tenuis


★踏まれてもそれは覚悟の上だから
 ダメージ抑えすぐ立ち直るよ
d0059226_993817.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-08-14 09:18 | イグサ科 | Trackback | Comments(0)