カテゴリ:ウコギ科( 8 )

姫五加木(ヒメウコギ)

d0059226_13564164.jpg

姫五加木(ヒメウコギ)はウコギ科ウコギ属(エレウテロコックス属)の落葉低木である。
エレウテロコックス属は東アジア、極東ロシア、東南アジアなどに38種が分布する。
日本にも蝦夷五加木(エゾウコギ)など10数種が分布し、属名の和名をウコギ属という。
本種の原産地は中国である。
中国名は異株五加という。
日本へは古い時代に薬用として渡来した。
現在では日本の各地に帰化している。
別名で単に五加木(ウコギ)と呼んでいるものも本種である。
根や樹皮を乾かしたものを生薬で五加皮(ごかひ)といい、強壮薬とされる。
和名の由来は、中国名の「五加」の音読みに「木」を加えたもので、小形であることからきている。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は手のひら状の複葉で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形で、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
雌雄異株である。
開花時期は5月である。
枝先に散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、緑色の小さな花をたくさんつける。
花径は3ミリから5ミリくらいで、花弁数は5枚から7枚である。
雄しべも5本から7本くらいある。
花の後にできる実は球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、熟すと黒くなる。
属名の Eleutherococcus はギリシャ語の「eleutheros(自由)+kokkos(種子)」からきている。
種小名の sieboldianus はドイツ人で日本植物の研究者だった「シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold, 1796-1866)さんに関連した」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Eleutherococcus sieboldianus


★目立たない花を咲かせて姫五加
 神秘の力隠すごとくに

d0059226_1356502.jpg


植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-05-11 14:00 | ウコギ科 | Trackback | Comments(0)

蝦夷五加木(エゾウコギ)

d0059226_1118856.jpg

蝦夷五加木(エゾウコギ)はウコギ科ウコギ属(エレウテロコックス属)の落葉低木である。
エレウテロコックス属は東アジア、極東ロシア、東南アジアなどに38種が分布する。
日本にも本種など10数種が分布し、属名の和名をウコギ属という。
本種は北海道の東部に分布し、山地の林の中や沢沿いに生える。
海外では、中国の北東部やロシアのアムール州、サハリン州などにも分布する。
樹高は1メートルから2メートルである。
幹に刺がある。
若い幹には細くて鋭い刺が密生する。
葉は手のひら状の複葉で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形で、縁には細かくて不規則なぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の両面には刺や毛が生える。
開花時期は5月である。
枝先に半球状の散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、淡い黄白色の小さな花をたくさんつける。
花径は4ミリから6ミリくらいである。
花弁は5枚である。
花の後にできる実は楕円状の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、熟すと黒紫色になる。
根や樹皮を乾かしたものを生薬で刺五加(しごか)といい、強壮薬とされる。
特に最近はスポーツ生理に対する応用が盛んに試みられている。
和名の由来は、中国名の「五加」の音読みに「木」を加えたもので、北海道に分布することからきている。
属名の Eleutherococcus はギリシャ語の「eleutheros(自由)+kokkos(種子)」からきている。
種小名の senticosus は「棘の密生した」という意味である。
写真は5月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Eleutherococcus senticosus(syn. Acanthopanax senticosus)


★薬効を知らず和人の蹴散らした
 蝦夷五加の花阿寒湖に咲く

d0059226_11182710.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-05-24 11:23 | ウコギ科 | Trackback | Comments(0)

トレベシア・パルマタ

d0059226_14581053.jpg
トレベシア・パルマタはウコギ科トレベシア属の常緑小高木である。
中国、インドシナ半島、ヒマラヤ、バングラデシュ、インドなどに分布する。
日本では鉢植えの観葉植物とされる。
英名はスノーフレークツリー(snowflake tree)である。
樹高は5~7メートルくらいである。
幹や枝には、短い棘がある。
葉は手のひら状の複葉で、互い違いに生える(互生)。
小葉は深く羽状に裂け、まるで雪の結晶のような形になる。
開花時期は春である。
枝先に散形花序(枝先に1つずつ花がつく)を出し、黄色い小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
属名の Trevesia はイタリアの後援者「トレベス一家(family Treves, 1800's)」の名からきている。
種小名の palmata は「手のひら状の」という意味である。
写真は12月に夢の島熱帯植物館で撮った。
学名:Trevesia palmata

★この葉っぱ何て表現したらいい
 頬も緩むね不思議な形

d0059226_14584770.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


[PR]
by ryudesuyo | 2014-01-01 15:01 | ウコギ科 | Trackback | Comments(0)

黄紋八手(キモンヤツデ)

d0059226_13495592.jpg

八手(ヤツデ)はウコギ科ヤツデ属の常緑低木である。
本州の東北地方南部から沖縄にかけて分布し、海岸沿いなどの温暖な場所に生える。
海外では、朝鮮半島、中国にも分布する。
また、庭木としても利用される。
黄紋八手(キモンヤツデ)はその栽培品種の1つである。
特徴は葉に不揃いに黄色い斑が入ることである。
「八手」の名の由来は、深く切れ込んだ葉の形からきている。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
葉は柄が長く手のひら状に7つから9つに裂け、互い違いに生える(互生)。
葉の質は厚く、艶がある。
開花時期は11月から12月である。
白い球状に集まった花をつける。
1つの花が、日が経つにつれて雄花から雌花へと変化する。
結実期は3月から5月で、熟すと黒い実になる。
属名の Fatsia は日本語の「八手(ハッシュ)」からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
品種名の Aureo-variegata は「黄金色の斑入りの」という意味である。
写真は7月に小石川植物園で撮った。
学名:Fatsia japonica 'Aureo-variegata'


★黄金と言うには少しおこがましい
 季節変われば綺麗なのかな

d0059226_13501735.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-08-18 13:53 | ウコギ科 | Trackback | Comments(0)

紙八手(カミヤツデ)

d0059226_9141944.jpg

紙八手(カミヤツデ)はウコギ科カミヤツデ属の落葉小高木である。
原産地は中国南部、台湾である。
原産地では落葉をしない。
日本では、関東地方以南で植栽される。
また、逸出したものが野生化している。
地下茎が横に広がり、そこから次々と幹を出して繁殖するので、群落化しているところもある。
樹高は3~6メートルくらいである。
幹は直立する。
葉には長い柄があり、幹の上部で互い違いに生える(互生)。
長さが1メートルくらいある大きな葉は手のひら状に7つに裂け、その先がまた浅く2つに裂ける。
葉には艶はなく、葉の裏面には白い毛が生える。
開花時期は11~12月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、さらに球状の散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)に緑白色の花をたくさんつける。
1つ1つの花は4弁花である。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
幹からとれる髄は「通草紙」という紙の原料とされた。
属名の Tetrapanax はギリシャ語の「tetra(4つの)+panakeia(万能薬)」からきている。
種小名の papyrifer は「紙を持った」という意味である。
写真は11月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Tetrapanax papyrifer


★根を張ってどんどん広がる紙八手
 冬の寒さをものともせずに
☆土の下広がり伸びて紙八手
 大きな葉っぱみごとに広げ
d0059226_9144743.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-19 09:18 | ウコギ科 | Trackback | Comments(0)

八手(ヤツデ)

d0059226_9263167.jpg

八手(ヤツデ)はウコギ科ヤツデ属の常緑低木である。
本州の東北地方南部から沖縄にかけて分布し、海岸沿いなどの温暖な場所に生える。
海外では、朝鮮半島、中国にも分布する。
また、庭木としても利用される。
和名の由来は、深く切れ込んだ葉の形に由来する。
天狗の葉団扇(テングノハウチワ)の別名もある。
樹高は1~5メートルくらいである。
葉は柄が長く手のひら状に7つから9つに裂け、互い違いに生える(互生)。
葉の質は厚く、艶がある。
開花時期は11~12月である。
白い球状に集まった花をつける。
1つの花が、日が経つにつれて雄花から雌花へと変化する。
結実期は3~5月で、熟すと黒い実になる。
俳句では「八手の花」が冬の季語である。
属名の Fatsia は日本語の「八手(ハッシュ)」からきている。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
実の写真は4月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Fatsia japonica


★遠目に姿鮮やか咲き誇る
 八手の花は秘密を秘めて
d0059226_9264458.jpg

d0059226_9294873.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル






花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-18 09:32 | ウコギ科 | Trackback | Comments(0)

オスモキシロン・リネアレ

d0059226_13571958.jpg

オスモキシロン・リネアレはウコギ科オスモキシロン属の常緑低木である。
原産地はフィリピン、マレーシアである。
日本では観葉植物とされる。
樹高1メートルから2メートルである。
葉は手のひら状に5つに裂け、小葉は剣状である。
開花時期は秋から冬である。
茎先に散形花序(たくさん枝が出て、先に1個つずつ花がつく)を出し、茶色の花をつける。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
属名の Osmoxylon はギリシャ語の「osme(香り)+xylon(材)」からきている。
種小名の lineare は「線状の」という意味である。
品種名の Variegata は「斑入りの」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
葉に黄色い斑の入る園芸品種のようだが、模様ははっきりしない。
学名:Osmoxylon lineare 'Variegata'


★見るからに不思議な姿にジャングルを
 思い描きつオスモキシロン
d0059226_1357396.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-10-15 14:00 | ウコギ科 | Trackback | Comments(0)

栃葉人参(トチバニンジン)

d0059226_7245855.jpg

栃葉人参(トチバニンジン)はウコギ科トチバニンジン属 の多年草である。
原産地は日本である。
沖縄を除く日本各地に分布し、山地の林内に生える。
高さは30~80センチくらいである。
根茎は肥厚し、竹のような節がある。
葉は栃の木(トチノキ)の葉に似た掌状複葉である。
開花時期は6~8月である。
先端に球状の散形花序をつけ、小さな黄緑色の花を多数咲かせる。
根茎を生薬の竹節人参(ちくせつにんじん)と呼び、去痰、解熱、健胃藥とする。

★目立たない花だけれども役に立つ
 栃葉人参すくすく育ち
[PR]
by ryudesuyo | 2005-08-20 07:24 | ウコギ科 | Trackback | Comments(0)