カテゴリ:カキノキ科( 4 )

八重山黒檀(ヤエヤマコクタン)

d0059226_09081422.jpg

八重山黒檀(ヤエヤマコクタン)はカキノキ科カキノキ属の常緑高木である。
奄美大島から沖縄にかけて分布し、山地に生える。
また、街路樹や庭園樹とされる。
海外では、台湾、中国南部、フィリピン、インドシナ半島、マレーシア、インド、スリランカ、南太平洋諸島などにも分布する。
別名を琉球黒檀(リュウキュウコクタン)という。
環境省のレッドリスト(2012)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
樹高は5~10メートルくらいである。
樹皮は黒灰色で平滑である。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は革質で分厚い。
葉の先は尖らず、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
雌雄同株である。
開花時期は5月である。
葉の脇に数輪の淡い黄色の花をつける。
花冠は鐘形で3つに深く裂ける。
カキノキ属の多くは4つに裂ける点が異なる。
花の後にできる実は長さ1センチくらいの楕円形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、黄赤色に熟する。
材は楽器の三線(さんしん)の竿などに利用される。
属名の Diospyros はギリシャ語の「Dios(ジュピター)+pyros(穀物)」からきている。おいしい果実を「神の食べ物」として称え名づけた。
種小名の egbert-walkeri はアメリカの植物学者「エグバート・ウォーカー(Egbert Hamilton Walker, 1899-1991)さんの」という意味である。
写真は11月に那覇市の識名園で撮った。
学名:Diospyros egbert-walkeri

★柿の木の仲間なのかと驚いて
 手触りを見る八重山黒檀

d0059226_09084556.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


[PR]
by ryudesuyo | 2013-12-29 09:11 | カキノキ科 | Trackback | Comments(0)

四川常磐柿(シセントキワガキ)

d0059226_6221344.jpg

四川常磐柿(シセントキワガキ)はカキノキ科カキノキ属の常緑低木である。
原産地は中国中南部の四川省などである。
「常磐」の名が示すように常緑樹である。
枝葉は密生する。
枝には刺が多い。
葉は細長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉には艶があり、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない(全縁)。
開花時期は5~6月である。
雌雄異株である。
雄株で多くの花を咲かせる。
秋に熟する実は小さく、長い柄の先にぶら下がる。
甘柿である。
写真は11月中旬に小石川植物園で撮った。
学名:Diospyros cathayensis

★ぶら下がるオレンジ色の小さな実
 びっしりつけた四川常磐柿
d0059226_622554.jpg

[PR]
by ryudesuyo | 2006-12-15 06:23 | カキノキ科 | Trackback | Comments(0)

老鴉柿(ロウヤガキ)

d0059226_616267.jpg

老鴉柿(ロウヤガキ)はカキノキ科カキノキ属の落葉小高木である。
原産地は中国中部の浙江省、江蘇省などである。
日本へ渡来したのは遅く、第二次世界大戦中に京都府立植物園の園長が持ち帰ったとされる。
盆栽、鉢植え、庭木などに用いられている。
樹高は2~3メートルである。
葉は丸味を帯びた菱形である。
開花時期は3~4月である。
雌雄異株である。
結実させるためには雄株と交配させなければならない。
実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、長さが3~5センチと小さく、先の尖った楕円形状をしている。
熟すと橙色に色づくが渋柿である。
実の鑑賞期は10~11月である。
写真は11月中旬に小石川植物園で撮った。
学名:Diospyros rhombifolia

★盆栽の好きな人にはたまらない
 老鴉柿の実渋い渋いよ
d0059226_6162310.jpg

[PR]
by ryudesuyo | 2006-12-14 06:16 | カキノキ科 | Trackback | Comments(0)

豆柿(マメガキ)

d0059226_19471848.jpg

豆柿(マメガキ)はカキノキ科カキノキ属の落葉高木である。
原産地は中国で、柿渋を採るためによく植えられる。
わが国には古くに渡来し、信越から東北にかけて多く栽培されているので信濃柿(シ
ナノガキ)の名もある。
雌雄異株で、開花時期は5~6月である。
小さな鈴蘭(スズラン)のような黄白色の小花を咲かせる。
雄花は萼がほとんどなく、雌花は萼が大きい。
また、秋に小さな果実が鈴なりになる姿も美しく、切り花や鉢植え、盆栽など観賞用
にも使われる。

★熟しても渋いけれどもそれも味
 実る日を待つ乙女のように
[PR]
by ryudesuyo | 2005-08-26 19:47 | カキノキ科 | Trackback | Comments(0)