カテゴリ:キブシ科( 3 )

ヒマラヤ木五倍子(ヒマラヤキブシ)

d0059226_64923.jpg

ヒマラヤ木五倍子(ヒマラヤキブシ)はキブシ科キブシ属の落葉低木である。
日本に分布する木五倍子(キブシ)の近縁種で、ヒマラヤに分布する。
その性質について記した資料は発見できないが、中国では生薬の木通(もくつう)にこの樹木の蔓が利用されているという。
小通草(ショウツウソウ)というのがその名称である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Stachyurus himalaicus


★謎秘めて黄花ぶら下げ咲く木五倍子
 故郷の地はヒマラヤという
d0059226_644462.jpg

花の本屋さん
[PR]
by ryudesuyo | 2007-03-31 06:05 | キブシ科 | Trackback | Comments(0)

八丈木五倍子(ハチジョウキブシ)

d0059226_631652.jpg

八丈木五倍子(ハチジョウキブシ)はキブシ科キブシ属の落葉低木である。
関東地方南部、伊豆半島、伊豆諸島に分布し、海岸近くに生える。
木五倍子(キブシ)の地域変種で、母種よりも全体に大型であるという。
樹高は3~5メートルくらいになる。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉先は鋭く長く尖り、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は濃い緑色、裏面は淡い緑色をしている。
母種に比べて葉が厚く、毛がないのが特徴である。
開花時期は3~4月である。
葉に先駆けて黄色の花房を吊り下げる。
母種よりも花房は長い。
雌雄異株である。
雄花のほうが緑色を帯びる傾向にあるという。
花びらは4枚で釣鐘状に咲き、開ききることはない。
実は直径1センチくらいの液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、黄褐色に熟する。
この実を五倍子(ふし)の代用としたのが名の由来である。
五倍子(ふし)というのはヌルデの若葉などにできる虫こぶのことで、タンニンを含み昔は「お歯黒」などに用いられた。
写真は4月に小石川植物園で撮った。
学名:Stachyurus praecox var. matsuzakii


★生命の神秘感じる咲き姿
 風に揺られて八丈木五倍子
d0059226_6314280.jpg

花の本屋さん
[PR]
by ryudesuyo | 2007-03-30 06:32 | キブシ科 | Trackback | Comments(0)

木五倍子(キブシ)

d0059226_211133.jpg

木五倍子(キブシ)はキブシ科キブシ属の落葉小高木である。
北海道から九州にかけて分布し、山地に普通に生える。
樹高は2~5メートルくらいである。
雌雄異株である。
葉は互生し卵形で、サクラ類に似ている。
開花時期は3~4月である。
葉に先立って小花を密生した花穂を垂れ下がらせる。
雄花は淡黄色をしており、雌花は緑色を帯びる。
花弁は4枚で、開ききることはない。
秋に卵球形をした小果を結ぶ。
果実にはタンニンが含まれ、黒色染料の五倍子(ふし)の代用とされる。
名の由来もそこからきている。
別名を黄藤(キフジ)ともいう。
俳句では「木五倍子の花」が春の季語とされている。
写真は3月に鎌倉の円覚寺で撮った。
学名:Stachyurus praecox

★撮ろうにも揺れて姿の定まらぬ
 木五倍子の花に眩暈覚えて
[PR]
by ryudesuyo | 2006-06-04 21:11 | キブシ科 | Trackback | Comments(0)