カテゴリ:ギョリュウ科( 1 )

御柳(ギョリュウ)

d0059226_638136.jpg

御柳(ギョリュウ)はギョリュウ科ギョリュウ属の落葉小高木である。
原産地は中国北部で、日本へは江戸時代の中期に渡来した。
主に庭木用とされる。
樹高は5メートルくらいである。
小さな針状の葉をぎっしり着けた細い枝が下垂する。
開花時期は5~6月と8~9月の二度ある。
枝先に淡紅色の小さな五弁花を棒状にたくさんつける。
写真は9月に小石川植物園で撮った。
学名:Tamarix chinensis

★不思議なる枝垂れ姿で揺れながら
 雅伝えて御柳咲く
[PR]
by ryudesuyo | 2006-08-03 06:38 | ギョリュウ科 | Trackback | Comments(0)