カテゴリ:アケビ科( 2 )

郁子(ムベ)

d0059226_853412.jpg

郁子(ムベ)はアケビ科ムベ属の常緑蔓性低木である。
別名を常磐通草(トキワアケビ)とも言うが、このトキワは「常葉」に通ずる。
本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、山地に生える。
また、庭木ともする。
海外では、台湾、朝鮮半島、中国などにも分布する。
蔓は長さが5メートルくらいになる。
葉は3~7枚の小葉からなる手のひら状の複葉である。
葉の質は厚くて艶があり、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は4~5月である。
雌雄同株である。
葉の脇に短い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、香りのよい緑白色の花を数個ずつつける。
花弁はなく、萼片が6枚である。
雌花のほうが少し大きい。
結実期は11月ころである。
長さ5~7センチくらいの卵円形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)が赤紫色に熟する。
通草(アケビ)に似ているが果皮は裂けない。
果肉は甘く、食べられる。
また、茎や根は生薬で木通(もくつう)といい、強心剤や利尿薬として利用される。
和名の由来は、天智天皇の時代に苞蘂(おおむべ)の名で宮中に献上されたことからきているといわれる。
俳句では「郁子の花」が春の季語、「郁子の実」が秋の季語である。
属名の Stauntonia はイギリス人の医師で中国大使だった「スタウントン(G. L. Staunton, 1740-1801)さん」の名からきている。
写真は11月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
花の写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Stauntonia hexaphylla


★棚つくり郁子絡ませる家ありて
 じっと眺める秋の鎌倉
d0059226_8534958.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル






花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-07 08:56 | アケビ科

通草(アケビ)

d0059226_8365934.jpg


通草(アケビ)はアケビ科アケビ属のつる性落葉低木である。
本州、四国、九州の山地に自生している。
4月ころに薄紫色の小花が咲く。
果実は長楕円形で、熟すと縦に裂け、中から白い果肉と種子が現れる。白い中身は食べられる。
茎の部分は利尿作用があり、木通(モクツウ)の名で生薬として用いられる。
また、つるは籠などの細工物に用いられる。
名の由来は「開け実」が訛ったといわれるが、他にも数説ある。
「あけび」は秋の季語、「あけびの花」は 春の季語である。

★吾が思い花に宿して通草(あけび)咲く
 蔓編むごとく心通わせ
☆大きな実啄ばむ小鳥思い出し
 あけびの花の咲くことを知り
[PR]
by ryudesuyo | 2005-06-02 08:37 | アケビ科