カテゴリ:スイカズラ科( 13 )

紅花の衝羽根空木(ベニバナノツクバネウツギ)

d0059226_1457267.jpg

紅花の衝羽根空木(ベニバナノツクバネウツギ)はスイカズラ科ツクバネウツギゾク属(アベリア属)の落葉低木である。
アベリア属は東アジアやメキシコに30種くらいが分布する。
また、多くの園芸品種が作出されている。
日本にも衝羽根空木(ツクバネウツギ)などが分布し、属名の和名をツクバネウツギゾク属という。
本種は衝羽根空木(ツクバネウツギ)の近縁種で、日本固有種である。
本州の関東地方から中部地方にかけて分布し、標高500メートルから2000メートルの山地に生える。
樹高は1メートルから2メートルである。
枝は細くてよく枝分かれをし、赤褐色を帯びる。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尾状に長く尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉のつけ根はくさび形で、短い柄がある。
開花時期は5月から6月である。
枝先に2輪ずつ濃い紅色をした筒状の花をつける。
花冠は長さが2センチくらいで、先は5つに裂ける。
花の内側には淡い紅色と橙色の網目模様があり、白い毛が生える。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
和名の由来は、5枚の萼片の形状を羽根突きの羽根に見立て、赤い花であることからきている。
属名の Abelia はイギリス人の医師で採集家の「アベル(Clarke Abel, 1789-1826)さん」の名からきている。
種小名の spathulata は「さじ形の」という意味である。
変種名の sanguinea は「血のように赤い」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Abelia spathulata var. sanguinea


★紅色の花が何やらチャーミング
 小振りだけれどいっぱい咲かせ

d0059226_14571480.jpg


植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-05-10 14:59 | スイカズラ科 | Trackback | Comments(0)

山鶯神楽(ヤマウグイスカグラ)

d0059226_14462039.jpg

山鶯神楽(ヤマウグイスカグラ)はスイカズラ科スイカズラ属(ロニケラ属)の落葉低木である。
ロニケラ属は北半球に180種くらいが分布する。
属名の読み方は英語風にロニセラとするものもある。
日本にも吸葛(スイカズラ)など20種くらいが分布し、属名の和名をスイカズラ属という。
本種は日本固有種である。
本州の東北地方から九州にかけて分布し、山地や丘陵地に生える。
樹高は2~4メートルくらいである。
よく枝分かれをする。
葉は卵形ないし菱形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁や葉脈上には毛が生えている。
若い枝や葉の柄、花の柄にも毛が多い。
鶯神楽(ウグイスカグラ)
には毛は生えていない。
深山鶯神楽(ミヤマウグイスカグラ)は毛の中に蜜腺も交じる。
開花時期は3月から5月である。
葉の脇に長さ2センチくらいの淡い紅色をした漏斗形の花を1輪から2輪つける。
花の先は5つに裂けており、ぶら下がって咲く。
雄しべは5本で短い。
柱頭(雌しべの先端で花粉の付着する部分)が雄しべよりも飛び出している。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、赤く熟したものは食用にもなる。
和名の由来は、鶯が繁みの陰で岩戸神楽を舞っていると見立てたものだという。
花言葉は「未来を見つめる」である。
属名の Lonicera はドイツ人の植物学者「ロニツァー(Adam Lonitzer, 1528-1586)さん」の名からきている。
種小名と変種名の gracilipes は「gracilis(細い)+pes(足)」からきている。足は花茎を指している。
写真は3月に水戸市植物公園で撮った。
学名:Lonicera gracilipes var. gracilipes


★仲間との違いほんの少しだけ
 赤く熟した実が美味しそう

d0059226_14463876.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-03-22 14:49 | スイカズラ科 | Trackback | Comments(0)

蝦夷接骨木(エゾニワトコ)

d0059226_14364576.jpg

蝦夷接骨木(エゾニワトコ)はスイカズラ科ニワトコ属の落葉低木である。
ニワトコ属は北半球を中心に世界に25種が分布する。
分類体系によっては(APGIII)レンプクソウ科とされる。
本種は北方領土を含む北海道から本州の関東地方北部にかけて分布し、山地の林の中や林の縁などに生える。
海外では、朝鮮半島や中国東北部、サハリン、カムチャツカにも分布する。
本州以南には、近縁種の接骨木(ニワトコ)が分布する。
樹高は3~5メートルくらいである。
根元から生える枝はよく枝分かれする。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
小葉は2~3組あり、形は長い楕円形で先が尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
接骨木(ニワトコ)に比べると葉が大きく、ぎざぎざ(鋸歯)が粗い。
開花時期は5~6月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白っぽい小さな花をたくさんつける。
花径は5~7ミリで、先が5つに裂けて反り返る。
5本の雄しべと1本の雌しべが前に突き出る。
花の後にできる実は楕円形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、夏から秋にかけて赤く熟する。
枝や幹を薄く切って乾燥させたものは生薬で接骨木(せっこつぼく)といい、骨折や打撲の湿布薬などに使われる。
属名の Sambucus はギリシャ語の「sambuce(古代の楽器)」からきている。茎を林立した様子がこの楽器に似ていることから名づけられた。
種小名の racemosa は「総状花序の」という意味である。
亜種名の kamtschatica は「カムチャツカの」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Sambucus racemosa subsp. kamtschatica


★蝦夷の名を戴く接骨木民族の
 歩みに寄り添い北に根づいて

d0059226_1437185.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-08-13 14:39 | スイカズラ科 | Trackback | Comments(0)

西洋接骨木(セイヨウニワトコ)

d0059226_10561984.jpg

西洋接骨木(セイヨウニワトコ)はスイカズラ科ニワトコ属の落葉低木である。
ニワトコ属は世界に25種くらい分布する。
分類体系によっては(APGIII)レンプクソウ科とされる。
本種はヨーロッパ、北アフリカ、西南アジアに分布する。
また、街路樹や庭木としても植えられる。
英名をブラック・エルダー(black elder)という。
さまざまな歴史を秘めた樹木である。
日本ではエルダーの名でも流通している。
樹高は3~6メートルくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5~6月である。
枝先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、香りのよい淡い黄白色の花をつける。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、秋に黒く熟する。
果実は食用になり、ワインやジャムの原料ともなる。
また、ハーブや薬用としても利用される。
古代ローマ人は髪染用に用い、「長生きの粉」に調合した。
一方、キリスト処刑の十字架がつくられた木とも伝えられ、中世には魔女の木ともされたという。
花言葉は「思いやり」である。
属名の Sambucus はギリシャ語の「sambuce(古代の楽器)」からきている。茎を林立した様子がこの楽器に似ていることから名づけられた。
種小名の nigra は「黒い」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Sambucus nigra


★数々の歴史を秘めて今に咲く
 西洋接骨木芳香を放ち

d0059226_1056491.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-17 10:58 | スイカズラ科 | Trackback | Comments(0)

大紅空木(オオベニウツギ)

d0059226_15101268.jpg

大紅空木(オオベニウツギ)はスイカズラ科タニウツギ属の落葉低木である。
日本では福岡県にしか自生しない。
海外では朝鮮半島、中国北部に分布している。
環境省のレッドリスト(2012)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
品種改良された園芸種が多いので、庭木としてもよく利用されている。
谷空木(タニウツギ)の仲間だが、谷空木(タニウツギ)の花がピンクなのに比べて紅が濃い。
樹高は2~3メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)があり、中筋には毛が生える。
開花時期は5~6月である。
長さ3~4センチの鐘形の花を1~4輪ずつつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Weigela はドイツの科学者「ウェイゲル(Christian Ehrenfried Weigel, 1748-1831)さん」の名からきている。
種小名の florida は「花の多い」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Weigela florida


★頂で赤いラッパを吹き鳴らす
 大紅空木花びら揺れて

d0059226_1511093.jpg



花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-05-01 15:15 | スイカズラ科 | Trackback | Comments(0)

チャイニーズ・スノーボール

d0059226_12461958.jpg

チャイニーズ・スノーボール(Chinese snowball)はスイカズラ科ガマズミ属の落葉低木である。
ガマズミ属は世界に150種くらいが分布する。
分類体系によっては(APGIII)レンプクソウ科とされる。
本種の原産地は中国で、長江以南に分布する。
「木綉球」や「八仙花」などの中国名がある。
江蘇省揚州市の「市の花」に指定されている。
樹高は3~5メートルくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の色は淡い緑色だが、夏には濃い色に変わる。
開花時期は4~5月である。
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、淡い緑色の花を半球状につける。
花の色は咲き進むと白くなる。
花には香りはない。
花の後にできる実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
属名の Viburnum はこの属1種のラテン古名だが意味はわかっていない。
種小名の macrocephalum は「頭の大きな」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Viburnum macrocephalum



★古に鑑真和上生み出した
 土地に花咲く樹が今ここに

d0059226_12463281.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-04-24 12:48 | スイカズラ科 | Trackback | Comments(0)

珊瑚樹(サンゴジュ)

d0059226_14331189.jpg

珊瑚樹(サンゴジュ)はスイカズラ科ガマズミ属の常緑高木である。
本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、海岸に近い林の中などに生える。
また、公園樹や生垣として利用される。
海外では、台湾、朝鮮半島、中国南部、フィリピン、インドシナ半島などにも分布する。
樹高は5~15メートルくらいである。
和名の由来は、果実の赤く熟した様子を珊瑚にたとえたものである。
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の質は分厚く艶がある。
開花時期は6~7月である。
枝先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、花径2~5ミリくらいの白い小さな花をたくさんつける。
花冠は短い筒状で先が5つに裂ける。
雄しべは5本である。
花の後にできる実は楕円形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、熟すと赤くなる。
花言葉は「負けず嫌い」である。
属名の Viburnum はこの属1種のラテン古名だが意味はわかっていない。
種小名の odoratissimum は「非常によい香りのする」という意味である。
種小名の awabuki は日本名の「泡吹(アワブキ:Meliosma myriantha」のこと。
写真は10月につくば植物園で撮った。
学名:Viburnum odoratissimum var. awabuki


★珊瑚樹の名前はどこか南国風
 だけど国産不思議な気分

d0059226_14333137.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-10-05 14:42 | スイカズラ科 | Trackback | Comments(0)

シンフォリカルポス・オルビクラツス

d0059226_912387.jpg

シンフォリカルポス・オルビクラツスはスイカズラ科シンフォリカルポス属の落葉低木である。
原産地は北アメリカである。
アメリカ合衆国のミネソタ州やテキサス州などに分布する。
英名はコーラルベリー(coralberry)という
樹高は1メートルくらいである。
細い枝が根元から群がって立ち上がる。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は7~9月くらいである。
枝先や葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、ピンク色の花をつける。
結実時期は9~11月くらいである。
直径6~8ミリくらいの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)が紅紫色に熟する。
実は冬になっても落ちずに残る。
属名の Symphoricarpos はギリシャ語で「symphorein(共に生ずる)+karpos(果実)」からきている。
種小名の orbiculatus は「円形の」という意味である。
写真は12月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Symphoricarpos orbiculatus


★辺りには枯れ枝ばかり目立つなか
 紫映えるオルビクラツス
d0059226_9122151.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-24 09:15 | スイカズラ科 | Trackback | Comments(0)

大亀の木(オオカメノキ)

d0059226_1981240.jpg

大亀の木(オオカメノキ)はスイカズラ科ガマズミ属の落葉小高木である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地帯~亜高山帯に生える。
海外では、朝鮮半島やサハリンにも分布する。
名の由来は、卵円形の葉の形を亀の甲羅に見立てたものである。
別名を「ムシカリ」ともいう。
これは葉に虫がよくつくことからの命名である。
樹高は3~4メートルくらいである。
樹皮は暗灰褐色をしている。
葉は向かい合って生える(対生)。
葉の先は鋭く尖りね縁は重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)である。
葉の表面は濃い緑色、裏面は淡い緑色をしている。
開花時期は4~5月である。
葉の展開直後に花が咲く。
枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、白い花をたくさんつける。
花序の中心には両性花がつき、その周りに花径2~3センチの装飾花をつける。
両性花の花びらは5つに分かれ、花径は6~8ミリくらいである。
短い雄しべが5本あり、真ん中に雌しべがある。
花の時期は短い。
実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、赤く熟する。
果実酒にすると美味しい。
秋には紅葉がきれいである。
材は弓や輪かんじきの材料となる。
花の写真は5月に北大植物園で撮った。
実の写真は8月に日光植物園で撮った。
学名:Viburnum furcatum


★たくさんの赤い実つけて誰招く
 大亀の木の葉は個性的

d0059226_1984639.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2008-11-21 19:10 | スイカズラ科 | Trackback | Comments(0)

白山木(ハクサンボク)

d0059226_6265527.jpg

白山木(ハクサンボク)はスイカズラ科ガマズミ属の常緑小高木である。
日本原産で、愛知県近辺の太平洋岸、伊豆諸島、山口県、九州、沖縄などに分布し、山野や海岸に生える。
和名の由来は定かではないが、石川・岐阜県境の白山に生えると誤認されたという説がある。
樹高は2~6メートルくらいになる。
葉は幅の広い卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の表面には艶があり、浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4~5月である。
枝先にいくつも集まって小さな白い花をつける。
実は楕円形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、秋になると真っ赤に熟する。
花と葉は乾くと特有の臭いがある。
庭木や生け花として利用される。
また、材は木釘に用いられる。
別名をイセビという。
花の写真は5月に板橋区立赤塚植物園で撮った。
実の写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Viburnum japonicum


★びっしりと白い小花の花飾り
 つけてにやにや白山木は

d0059226_6272347.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2008-11-20 06:28 | スイカズラ科 | Trackback | Comments(0)