カテゴリ:ヒガンバナ科( 35 )

ネリネ

d0059226_10583019.jpg

ネリネはヒガンバナ科ネリネ属の多年草の総称である。
ネリネ属は南アフリカに30種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)
また多くの園芸品種があり、主にイギリスで品種改良をされた。
日本へは大正時代の末期に渡来した。
英名をダイアモンドリリー(diamond lily)という。
彼岸花(ヒガンバナ)に似ているが花茎が中空ではなく、花もやや小さい。
また、花が咲くときに葉も出ている。
草丈は30センチから50センチくらいである。
葉は線形で、翌年の初夏まで残る。
開花時期は10月から12月である。
1本の茎に10輪くらいの花がつく。
花びら(花被片)には艶があり、花径は5、6センチくらいである。
花の色は白、ピンク、赤、朱色などがある。
花もちがよく、切り花などによく使われる。
花言葉は「また会う日まで」である。
10月17日の誕生花である。
属名の Nerine はギリシャ神話の海の女神「ネレイス(Nereis)」からきている。
写真は11月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Nerine spp.


★すっと立つネリネの花は色づいて
 北の風にもひるむことなく
☆花びらはダイヤモンドの輝きに
 劣らぬ心君へ届けと

d0059226_10584397.jpg



花図鑑
植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-10-17 11:02 | ヒガンバナ科

クリビア・キルタンティフロラ

d0059226_15302981.jpg

クリビア・キルタンティフロラはヒガンバナ科クンシラン属(クリビア属)の常緑多年草である。
受け咲き君子蘭(ウケザキクンシラン:Clivia miniata)と君子蘭(クンシラン:Clivia nobilis)との種間雑種で、前者の影響を強く受けている。
両者ともに原産地は南アフリカのナタール地方である。
和名の君子蘭(クンシラン)はノビリス種を指すが、戦前に渡来して君子蘭(クンシラン)と呼ばれたのは本種のこととする説もある。
読み方はクリビア・キルタンシフロラとするものもある。
草丈は30センチから60センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は春を中心に不定期である。
茎先に散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、15輪から20輪くらいの筒状の花を垂れ下げる。
花の色は朱色である。
属名の Clivia は19世紀のイギリスの「クライブ家(Clive)」出身の公爵夫人にちなんで名づけられた。
種小名の cyrtanthiflora は「キルタンツス属(Cyrtanthus)に似た花の」という意味である。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Clivia x cyrtanthiflora


★謎秘めて温室に咲く君子蘭
 その正体は果たして如何に

d0059226_15304389.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-10-19 15:31 | ヒガンバナ科

ブルンスビギア・オリエンタリス

d0059226_14365058.jpg

ブルンスビギア・オリエンタリスはヒガンバナ科ブルンスビギア属の多年草である。
同属は約20種あり、大部分が南アフリカに分布する。
本種の原産地は南アフリカのケープ地方である。
草丈は50センチくらいである。
多肉植物である。
葉は楕円形で地面を這う。
開花時期は秋で、花の色は赤い。
属名の Brunsvigia はドイツのブランズウィック公(Duke of Brunswick)「フェルディナント(Karl Wilhelm Ferdinand)さん」の名からきている。
種小名の orientalis は「東方の(中近東の)」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Brunsvigia orientalis


★謎多き花の姿の一端に
 触れてにんまりここは異国か
d0059226_14371082.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-10-13 14:39 | ヒガンバナ科

ネリネ・マソノルム

d0059226_1041961.jpg

ネリネ・マソノルムはヒガンバナ科ネリネ属の常緑多年草である。
原産地は南アフリカのケープ地方である。
草丈は20~30センチくらいである。
根際から生える葉は糸状である。
開花時期は9~10月である。
花の色は淡い紅紫色である。
茎先に直径2~3センチの花を3~5輪くらいつける。
花被片は6枚である。
写真は9月につくば植物園で撮った。
学名:Nerine masonorum


★小さくてニンフのようなネリネだよ
 ピンクに染まる色は鮮やか

d0059226_1044825.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-11-08 10:06 | ヒガンバナ科

ネリネ・ボウデニー

d0059226_917815.jpg

ネリネ・ボウデニーはヒガンバナ科ネリネ属の多年草である。
ネリネ属は30種くらいあるが、すべて南アメリカ原産である。
本種はケープ地方に分布する。
草丈は40~70センチくらいである。
根際から生える葉は線形で、先が弓のように垂れる。
開花時期は11~12月である。
花の色は鮮やかなピンクである。
開花とともに葉が少なくなるが、他のネリネの仲間のように枯れてしまうことはない。
写真は11月につくば植物園で撮った。
カメオビューティ(Cameo Beauty)という園芸品種である。
学名:Nerine bowdenii cv. Cameo Beauty


★草花の少ない時期に鮮やかな
 ピンクの色が潤い与え

d0059226_9173869.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-11-07 09:18 | ヒガンバナ科

ネリネ・プラティペタラ

d0059226_5443815.jpg

ネリネ・プラティペタラはヒガンバナ科ネリネ属の常緑多年草である。
原産地は南アフリカである。
北部のムプマランガ州に分布し、沼地に生える。
草丈は30~50センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は9~10月である。
茎先に散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、花径2センチくらいの淡い紅紫色の花をつける。
花被片は反り返らない。
花の柄には毛が生えている。
写真は9月につくば植物園で撮った。
学名:Nerine platypetala


★謎秘めた花に出合ってご満悦
 原種ならばの魅力に触れて

d0059226_545789.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-11-06 05:46 | ヒガンバナ科

ネリネ・ウンドウラタ

d0059226_614382.jpg

ネリネ・ウンドウラタはヒガンバナ科ネリネ属の常緑多年草である。
片仮名表記では「ウンドゥラータ」や「ウンズラータ」とする場合もある。
原産地は南アフリカのケープ地方である。
日本へは大正時代に渡来した。
和名は姫彼岸花(ヒメヒガンバナ)である。
園芸的には「ネリネ・クリスパ」とも呼ばれている。
本種を親にして、色彩豊かな遅咲きの園芸品種が次々と作出されている。
草丈は30~50センチである。
性質は強健である。
開花時期は11~12月である。
花茎を伸ばして淡いピンクの花をつける。
細い花被片は波打ち、反り返る。
写真は11月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Nerine undulata


★繊細な花びらうねる波のよう
 小春日和に姫彼岸花

d0059226_6143626.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-11-05 06:15 | ヒガンバナ科

ネリネ

d0059226_6123166.jpg

ネリネはヒガンバナ科ネリネ属の多年草である。
原産地は南アフリカである。
主にイギリスで品種改良をされた。
日本へは大正時代の末期に渡来した。
属名はギリシャ神話の海の女神ネレイデスにちなんでいる。
英名をダイアモンドリリー(diamond lily)という。
彼岸花(ヒガンバナ)に似ているが花茎が中空ではなく、花もやや小さい。
また、花が咲くときに葉も出ている。
草丈は30~50センチくらいである。
葉は線形で、翌年の初夏まで残る。
開花時期は10~12月である。
1本の茎に10輪くらいの花がつく。
花びら(花被片)には艶があり、花径は5~6センチくらいである。
花の色は白、ピンク、赤、朱色などがある。
花もちがよく、切り花などによく使われる。
写真は11月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Nerine spp.


★すっと立つネリネの花は色づいて
 北の風にもひるむことなく

d0059226_6132748.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-11-04 06:14 | ヒガンバナ科

赤花眉刷毛万年青(アカバナマユハケオモト)

d0059226_9122826.jpg

赤花眉刷毛万年青(アカバナマユハケオモト)はヒガンバナ科マユハケオモト属(ハエマンサス属)の常緑多年草である。
ハエマンサス属(Haemanthus)の片仮名表示は「ハエマンツス」とするものもある。
原産地は南アフリカである。
海岸近くの林の中や礫地に生える。
球根状の鱗茎があり、草丈は20センチくらいである。
葉は肉厚で、濃い緑色をしている。
自生地での開花時期は2~4月である。
日本では秋に開花する。
葉の展開に先立って花茎を伸ばし、朱赤色の花をつける。
花の真ん中には黄色い雄しべがたくさんある。
近縁種の眉刷毛万年青(マユハケオモト)は花の色が白い。
別名を紅花眉刷毛万年青(ベニバナマユハケオモト)という。
学名のハエマンサス・コクシネウスでも流通している。
片仮名ではハエマンツス・コッキネウスなどの表示をする場合もある。
写真は9月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Haemanthus coccineus


★ずっしりとつけた雄しべが個性的
 紅色の花引き立てながら

d0059226_9125551.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-11-03 09:14 | ヒガンバナ科

眉刷毛万年青(マユハケオモト)

d0059226_6154437.jpg

眉刷毛万年青(マユハケオモト)はヒガンバナ科ハエマンサス属の常緑多年草である。
属名のカタカナ表記は「ハエマンツス」とするものもある。
原産地は南アフリカである。
日本へは明治時代の初期に渡来した。
草丈は10~20センチくらいである。
根際から生える葉は長めの楕円形で、長さは15~20センチくらいになる。
葉の質は肉質で分厚い。
開花時期は9~11月である。
花茎を伸ばし、「眉刷毛」に似た白い花をつける。
先が黄色いのが雄しべで、先が裂けているのが雌しべである。
属名からきたハエマンサスの名でも流通している。
写真は9月に北大植物園で撮った。
学名:Haemanthus albiflos


★眉刷毛を思わすようなユニークな
 花の姿が人気を呼んで

d0059226_6161676.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-11-02 06:17 | ヒガンバナ科