カテゴリ:イソマツ科( 9 )

ブータン瑠璃茉莉(ブータンルリマツリ)

d0059226_11243483.jpg

ブータン瑠璃茉莉(ブータンルリマツリ)はイソマツ科ルリマツリモドキ属の半常緑小低木である。
原産地はヒマラヤである。
樹高は1メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は7~11月くらいである。
花径は2センチくらいで、花の色は青紫色である。
花冠は筒状で、先が5つに裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
葉は晩秋に紅葉する。
属名の Ceratostigma はギリシア語の「ceras(角)+stigma (柱頭)」からきている。柱頭(雌しべの先)の形から名づけられたものである。
種小名の griffithii はイギリス人でカルカッタの植物園長だった「グリフィス(W. Griffiths)さんの」という意味である。
写真は11月にJAあゆみ野安行園芸センターで撮った。
学名:Ceratostigma griffithii


★名前だけ聞いていたけど故里が
 ヒマラヤという花透き通り
d0059226_11245481.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by ryudesuyo | 2011-08-31 11:27 | イソマツ科 | Trackback | Comments(0)

瑠璃茉莉擬き(ルリマツリモドキ)

d0059226_1243213.jpg

瑠璃茉莉擬き(ルリマツリモドキ)はイソマツ科ルリマツリモドキ属の多年草である。
原産地は中国の西部である。
中国名を藍雪花という。
日本へは明治時代の後期に渡来した。
瑠璃茉莉(ルリマツリ)と属は異なるが近縁である。
英名はプルンバゴ(plumbago)で、この名称でも流通している。
草丈は30~60センチくらいである。
やや這い性で、地下茎を横に伸ばして広がる。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
秋には紅葉をする。
開花時期は6~10月くらいである。
葉の脇から短い穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、花径2センチくらいの青紫色の花をたくさんつける。
花冠は漏斗状で、先が5つに裂けて横に開く。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Ceratostigma はギリシア語の「ceras(角)+stigma (柱頭)」からきている。柱頭(雌しべの先)の形から名づけられたものである。
種小名の plumbaginoides は「ルリマツリ属(Plumbago)に似た」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Ceratostigma plumbaginoides


★暑さにも負けず次々瑠璃色の
 花を絶やさず花壇彩り
d0059226_125343.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by ryudesuyo | 2011-08-30 12:09 | イソマツ科 | Trackback | Comments(0)

インド茉莉(インドマツリ)

d0059226_13442153.jpg

インド茉莉(インドマツリ)はイソマツ科ルリマツリ属の蔓性常緑低木である。
別名をセイロン茉莉(セイロンマツリ)ともいう。
原産地は熱帯アジアである。
日本では温室で栽培されている。
樹高は1メートルくらいである。
茎先は蔓状になって他の植物に絡みつく。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は紙質である。
開花時期は周年である。
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、細い漏斗状の白い花をつける。
花のつけ根の部分は萼に包まれている。
花の先は5つに裂け、横に平らに開く。
観賞価値はあまり高くない。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
開花後も残る萼には腺毛(粘着物質を出す毛)があって粘り、いわゆるひっつき虫となって散布される。
中国名を「白花丹」といい、解毒剤、鎮痛剤、腫れ物の薬とされる。
英名はレッドワート(leadwort)である。
これは「鉛草」の意味である。
属名の Plumbago はラテン語の「plumbum(鉛)」からきている。かつてこの属の1種が鉛中毒に効くと考えられたことから名づけられた。
種小名の zeylanica は「セイロン島の」という意味である。
写真は2月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Plumbago zeylanica


★薬草の雰囲気辺りに漂わせ
 純白に咲くセイロン茉莉
d0059226_13443830.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by ryudesuyo | 2011-08-29 13:47 | イソマツ科 | Trackback | Comments(0)

リモニウム・ラティフォリウム

d0059226_1048712.jpg

リモニウム・ラティフォリウムはイソマツ科イソマツ属の多年草である。
原産地は東ヨーロッパからコーカサス地方にかけてで、草地や岩場に生える。
流通名を庭花火(ニワハナビ)という。
本種から園芸品種がたくさん生み出され、スターチスの名で流通している。
草丈は30~60センチくらいである。
茎は根際からよく枝分かれをして広がる。
茎には星状毛が生える。
星状毛というのは、放射状に伸びる毛のことである。
開花時期は5~10月くらいである。
円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出して、青ないし紫色の花をつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
英名はシーラベンダー(sea lavender)という。
属名の Limonium はギリシャ語の「leimon(草地)」からきている。
種小名の latifolium は「広葉の」という意味である。
写真は9月に北大植物園で撮った。
学名:Limonium latifolium


★霞み咲く花色淡く庭花火
 姿優しく天使のように
d0059226_10482570.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by ryudesuyo | 2011-08-28 10:51 | イソマツ科 | Trackback | Comments(0)

磯松(イソマツ)

d0059226_13323863.jpg

磯松(イソマツ)はイソマツ科イソマツ属の多年草である。
伊豆諸島、小笠原諸島、それに屋久島以南の南西諸島に分布し、海岸の岩の割れ目などに生える。
海外では、台湾にも分布する。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は10~60センチくらいである。
茎の色は黒く、古い茎の皮は鱗片状に割れる。
根際から生える葉はへら形である。
葉の質は分厚く、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
自生地での開花時期は8~9月くらいである。
葉の間から花茎を立て、穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出して淡い紅紫色の花をたくさんつける。
花径は2~6ミリくらいで、鐘形である。
花冠は先が5つに裂ける。
萼は筒状で、先が5つに裂ける。
雄しべは5本、雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Limonium はギリシャ語の「leimon(草地)」からきている。
種小名の wrightii はイギリスの植物学者「ライト( C. H. Wright)さんの」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Limonium wrightii


★名前だけ聞いていたけど磯松は
 こんな姿か花も可愛い
d0059226_1333070.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ





[PR]
by ryudesuyo | 2011-08-27 13:38 | イソマツ科 | Trackback | Comments(0)

チャイニーズプルンバゴ

d0059226_6155885.jpg

チャイニーズプルンバゴ(Chinese plumbago)はイソマツ科ルリマツリモドキ属の多年草である。
原産地は中国である。
草丈は100センチくらいである。
葉は楕円形で、秋には紅葉をする。
開花時期は7~10月くらいである。
瑠璃茉莉(ルリマツリ)に似た青い花を咲かせる。
写真は9月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
大船では瑠璃茉莉擬き(ルリマツリモドキ)と表示しているが、ウィルモッティアヌム種を含めるのは広義での括り方なので、ここでは英名を用いた。
学名:Ceratostigma willmottianum


★ややこしいことはさておき瑠璃色の
 花を愛でれば心も和み

d0059226_6161750.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2008-10-17 06:24 | イソマツ科 | Trackback | Comments(0)

浜簪(ハマカンザシ)

d0059226_5462668.jpg

浜簪(ハマカンザシ)はイソマツ科ハマカンザシ属の多年草である。
原産地はヨーロッパである。
イギリスを含めたヨーロッパの海岸に多い。
名の由来は、浜に生えて花の様子が簪に似るというところからきている。
別名をアルメリア(armeria)という。
これはケルト語で「海に近い」という意味がある。
草丈は10~30センチくらいである。
葉は線形で濃い緑色をしている。
開花時期は3~5月である。
濃いピンク色をした小さな花が、直径2センチくらいのボール状に集まってつく。
このような花が数十本も群がって咲く。
葉の形状から松葉簪(マツバカンザシ)の別名もあるという。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Armeria maritima


★つんつんと背伸びするよに咲きだした
 浜簪に思わず笑顔

d0059226_5472598.jpg

花の本屋さん
[PR]
by ryudesuyo | 2007-05-10 05:48 | イソマツ科 | Trackback | Comments(0)

瑠璃茉莉(ルリマツリ)

d0059226_12242513.jpg

瑠璃茉莉(ルリマツリ)はイソマツ科ルリマツリ属の常緑小低木である。
原産地は南アフリカ、オセアニアなどである。
高さは1メートルほどになり、つる性があってゆっくり枝を伸ばす。
夏の花だが、開花時期は5~11月と長い。
花径2センチほどのブルーの細長い漏斗状の花は、品種によって色合いに濃淡がある。
暑い季節にも優しく咲き乱れるということで人気がある。
ジャスミンの一種である茉莉花(マツリカ)に似た青い花をつけるのでこの名がつけられた。
プルンバゴという名前で出まわることもある。

★涼しげで人惹きつける瑠璃茉莉
 謳い文句は真夏の水色
[PR]
by ryudesuyo | 2005-07-03 12:24 | イソマツ科 | Trackback | Comments(0)

アルメリア

d0059226_19421289.jpg

アルメリアはイソマツ科アルメリア属の多年草である。
原産地は北半球の北部である。
アルメリアというのは、ケルト語で「海に近い」という意味がある言葉である。その名の通り、北半球の海辺に自生している。
和名では浜簪(はまかんざし)、松葉簪(まつばかんざし)などと呼ばれている。花の形がかんざしのように見えることや松葉状の細い葉の形などからこのように呼ばれているのである。
花の時期は3月~5月で、15~20センチ花茎の先に2センチほどのボール状の花をたくさん咲かせる。
花の色には赤、ピンク、白などがある。花壇の縁取り、鉢植え、切り花に使われている。

★地面からそっと顔出しアルメリア
  ピンクの頬が春を伝えて
☆零れ落ち咲かせたようなアルメリア
  妖精の声きこえるようで 
[PR]
by ryudesuyo | 2005-06-20 19:42 | イソマツ科 | Trackback | Comments(0)