カテゴリ:ヒルガオ科( 3 )

縷紅草(ルコウソウ)

d0059226_11104875.jpg

顔出した雄しべ愛しき縷紅草

縷紅草(ルコウソウ)はヒルガオ科サツマイモ属(イポモエア属)の蔓性多年草である。
イポモエア属は世界に500種以上が分布する。
また、多くの園芸品種がある。
薩摩芋(サツマイモ)が代表種で、属名の和名もサツマイモ属という。
園芸的にはイポメア属の名が用いられることが多いが、これは属名を英語風に読んだものである。
なお、本種は分類の仕方によってはルコウソウ属とされることもあるが、Catalogue of Life でも YList でもそれは異名の扱いとなっている。
本種の原産地は、メキシコから南アメリカ大陸の北部である。
英名はサイプレスバイン(cypress vine)である。
サイプレスは糸杉(イトスギ)のことで、バインは蔓性の植物を指す言葉である。
日本へは江戸時代の初期に渡来した。
庭植え、鉢植えで支柱を立てるなどして観賞用に栽培されている。
寒さに弱いので、園芸上は一年草として扱われる。
和名の「縷」は糸を意味する言葉で葉の形状を表し、「紅」は花の色を表している。
草丈は40センチから50センチくらいである。
蔓の長さは1メートルから3メートルになる。
葉は羽状に深く裂けて糸のように細かく、互い違いに生える(互生)。
開花時期は8月から10月である。
細い筒状で先が星状に浅く5つに裂けた真紅の花をつける。
花径は2センチくらいである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
近縁種に、葉に切れ込みがない丸葉縷紅草(マルバルコウソウ)がある。
また、両者が交雑育成されたのが羽衣縷紅草(ハゴロモルコウソウ)である。
俳句の季語は夏である。
花言葉は「おせっかい」である。
8月24日の誕生花である。
属名の Ipomoea はギリシャ語の「ips(芋虫)+homoios(似た)」からきている。物に絡みついて這い登る性質からから名づけられた。
種小名の quamoclit はギリシャ語の「kyamos(豆)+clitos(低い)」からきており、マメのように蔓性で背丈が低いという意味から名づけられた。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Ipomoea quamoclit(異名:Quamoclit vulgaris)


★小さくも真っ赤に燃える縷紅草
 陽射しに映えるパッションの色
☆夏空に真紅の星は縷紅草
 涼やかな葉は緑優しく

d0059226_11105878.jpg



花図鑑
植物図鑑
ミラーサイト

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-08-31 11:15 | ヒルガオ科

浜昼顔(ハマヒルガオ)

d0059226_13562370.jpg

浜昼顔(ハマヒルガオ)はヒルガオ科ヒルガオ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、海岸の砂地に生える。
海外でも、世界中に広く分布している。
草丈は10~20センチである。
砂の中に地下茎を長く伸ばして増える。
蔓性で、茎は砂の上を這って広がる。
茎に毛は生えておらず、淡い紫褐色をしている。
葉は腎円形で、互い違いに生える(互生)。
葉のつけ根は深い心形である。
葉の質厚く艶がある。
水分の蒸発を防ぎ、海水の塩分から葉を守っているのである。
開花時期は5~6月である。
葉の脇から長い柄を出して、花径4~5センチの淡い紅色の花を1つずつつける。
花冠は漏斗形で、浅く5つに裂ける。
2枚の萼のように見えるのは苞(葉の変形したもの)である。
苞は幅の広い卵形で、5枚の萼片を包んでいる。
雄しべは5本、雌しべは1本である。
花は昼顔(ヒルガオ)に似ているが赤みが強い。
稀に白花のものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
俳句の季語は夏である。
属名の Calystegia はギリシャ語の「calyx(萼)+stege(蓋)」からきている。2枚の大きな苞葉が萼を覆っていることから名づけられた。
種小名の soldanella は「小さい貨幣」という意味である。
写真は6月に富山県の氷見市海浜植物園で撮った。
学名:Calystegia soldanella


★するすると茎を伸ばして砂の上
 浜昼顔の花は可憐に
d0059226_13564217.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-06-17 13:59 | ヒルガオ科

西洋昼顔(セイヨウヒルガオ)

d0059226_1123251.jpg

西洋昼顔(セイヨウヒルガオ)はヒルガオ科セイヨウヒルガオ属の多年草である。
原産地はヨーロッパである。
現在では世界各地に帰化している。
日本へは20世紀の初頭に観賞用として渡来した。
昭和年代に輸入農産物に混入した種子が鉄道輸送で各地に散布された。
蔓の長さは1~2メートルになる。
地下茎を持っているので、庭や畑などに生えると除去するのが大変である。
葉は矢じり形ないし糸状で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5~9月である。
花径3センチくらいの白ないし淡い紅色をした漏斗形の花を咲かせる。
雄しべは5本、雌しべは1本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
近縁種の昼顔(ヒルガオ)と見分けるポイントは苞の位置である。
昼顔(ヒルガオ)は萼の上に大きな包が2枚あり、本種は花柄の中間に小さな苞がある。
属名の Convolvulus はラテン語の「convolvere(巻きつく)」からきている。この属の植物の大部分が蔓性であることから名づけられた。
種小名の arvense は「原野に生える」という意味である。
写真は5月に都立木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Convolvulus arvensis


★見比べて違いがわかればいいけれど
 いつかどこかで西洋昼顔
d0059226_11232514.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-06-16 11:27 | ヒルガオ科