カテゴリ:ブドウ科( 3 )

ヘンリー蔦(ヘンリーヅタ)

d0059226_1457414.jpg

ヘンリー蔦(ヘンリーヅタ)はブドウ科ツタ属の蔓性落葉低木である。
原産地は中国である。
蔓の長さは10メートルくらいまで伸びる。
葉は手のひら状に深く5つから9つに裂け、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は細長い卵形である。
新しい葉は鮮やかな緋色をしており、暗い赤緑色から深い緑色へと変わる。
成葉は葉脈に沿って銀白色の模様が入る。
開花時期は4~6月で、黄色い花をつける。
花の後にできる実は球形の液果(水分が多く柔らかい果皮をもつ果実)で、黒紫色に熟する。
実の表面には白い粉をふく。
秋には紅葉をする。
属名の Parthenocissus はギリシャ語の「parthenos(処女)+cissos(ツタ)」からきている。
種小名の henryana はアイルランド人の植物収集家「ヘンリー(Augustine Henry, 1857-1930)さんに関連した」という意味である。
写真は10月に六甲高山植物園の野草展で撮った。
学名:Parthenocissus henryana


★変幻に姿を変えて人々の
 目を楽しませるヘンリー蔦は

d0059226_14575838.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-01-25 14:59 | ブドウ科

奄美夏蔦(アマミナツヅタ)

d0059226_14074340.jpg

奄美夏蔦(アマミナツヅタ)はブドウ科ツタ属の落葉蔓性木本である。
奄美大島から沖縄にかけて分布し、山野の岩や木に着生する。
また、壁を覆わせて装飾として利用される。
海外では、台湾や中国の南部、インドシナ半島、ジャワ島にも分布する。
蔦(ツタ)の近縁種で、別名を奄美蔦(アマミヅタ)ともいう。
鹿児島県のレッドデータブックでは絶滅危惧II類(VU)にランクされている。
草丈は5~20メートルくらいである。
葉は切れ込みのないものや手のひら状に裂けるもの、3出複葉になるものなどいろいろである。
巻きひげは先が吸盤になっているので、壁面でもよじ登ることができる。
開花時期は4~5月である。
葉の脇に黄緑色の小さな花をつける。
花弁数は5枚である。
花の後にできる実は球形の液果(水分が多く柔らかい果皮をもつ果実)で、緑色から黒紫色に熟する。
属名の Parthenocissus はギリシャ語の「parthenos(処女)+cissos(ツタ)」からきている。
種小名の heterophylla は「いろいろの形の葉の」という意味である。
写真は12月に沖縄県本部町の海洋博記念公園で撮った。
学名:Parthenocissus heterophylla

★南には南に似合った蔦がある
 違いはどこと楽しみながら

d0059226_14080253.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


[PR]
by ryudesuyo | 2013-12-31 14:18 | ブドウ科

鏡草(カガミグサ)

d0059226_14435837.jpg

鏡草(カガミグサ)はブドウ科ノブドウ属の蔓性落葉低木である。
原産地は中国である。
日本へは江戸時代に薬用として渡来した。
その割には種小名はヤポニカである。
根茎を生薬で白斂(びゃくれん)といい、腫れ物や打撲傷、火傷の止痛などに用いられる。
根が紡錘形に肥厚し、中が白いことからきた名である。
蔓は10メートルくらいまで伸びる。
葉は手のひら状に裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6~7月である。
淡い緑色の地味な花をつける。
花の後には白、紫色、青など色とりどりの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)ができる。
そのため観賞用としても栽培される。
属名の Ampelopsis はギリシャ語の「amperos(ブドウ)+opsis(外観)」からきている。ブドウに外観が似たという意味で名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Ampelopsis japonica


★でこぼこで色とりどりの実を結び
 葡萄のようで葡萄でなくて
d0059226_14482672.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



[PR]
by ryudesuyo | 2012-07-21 14:51 | ブドウ科