<   2006年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

小鮒草(コブナグサ)

d0059226_613665.jpg

小鮒草(コブナグサ)はイネ科コブナグサ属の一年草である。
漢字では「小舟草」とも書く。
北海道から九州にかけて分布し、湿った草地や休耕田などに生える。
名の由来は、葉の形を「小鮒」ないし「小舟」に見立てたものである。
草丈は20~50センチくらいである。
茎には節があり、そこから根を下ろして地を這う。
節には毛が多い。
葉は細めの卵形で、先は尖る。
葉のつけ根は心形で茎を抱き、葉鞘(茎を鞘状に包むような形になった葉のつけ根)につながる。
葉の縁は大きく波打っている。
葉の縁や葉鞘には長めの毛が生えている。
開花時期は9~11月である。
茎先や葉の脇から枝分かれをして、小穂が列になってつく。
八丈島ではこの草を「黄八丈」の染料に用いている。
写真は9月下旬に板橋区立赤塚万葉薬用園で撮った。
学名:Arthraxon hispidus

★地味だけど役に立つんだ小鮒草
 知っているかい黄八丈を
d0059226_621080.jpg

[PR]
by ryudesuyo | 2006-11-30 06:02 | イネ科

浜狗尾(ハマエノコロ)

d0059226_18465027.jpg

浜狗尾(ハマエノコロ)はイネ科エノコログサ属の一年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、海岸の砂地や岩の隙間などに生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国南部などにも分布する。
狗尾草(エノコログサ)の海岸型の変種である。
草丈は5~20センチくらいである。
茎は短く、地面に伏せるように四方に枝分かれをする。
葉は長さ5~10センチくらいでやや厚く、縁は白く縁取られる。
開花時期は7~9月である。
穂の長さは1~4センチくらいで、狗尾草(エノコログサ)の半分くらいである。
また、直立し、垂れ下がらない。
写真は8月に筑波実験植物園で撮った。
学名:Setaria viridis var. pachystachys

★背を低く風に負けぬとへばりつき
 浜狗尾は照り輝いて
d0059226_18472547.jpg

[PR]
by ryudesuyo | 2006-11-29 18:47 | イネ科

金狗尾(キンエノコロ)

d0059226_6144577.jpg

金狗尾(キンエノコロ)はイネ科エコログサ属の一年草である。
北海道から九州にかけて分布し、道端や土手、草地などに生える。
草丈は30~80センチくらいである。
茎はあまり枝分かれをしない。
葉は細長い線形で、長さは15~30センチくらいである。
エコログサの仲間の中では細いほうである。
開花時期は8~10月である。
花穂は円柱形で、だいたい直立する。
穂の長さは3~10センチくらいである。
金色に輝くのは芒(のぎ)といわれる剛毛の部分である。
写真は9月上旬に信州の白馬村で撮った。
学名:Setaria glauca

★朝露に濡れてきらきら輝いた
 金狗尾は威厳に満ちて
d0059226_615798.jpg

[PR]
by ryudesuyo | 2006-11-28 06:15 | イネ科

秋の狗尾草(アキノエノコログサ)

d0059226_6253586.jpg

秋の狗尾草(アキノエノコログサ)はイネ科エノコログサ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、道端や空地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国、ウスリー、サハリンなどにも分布する。
草丈は50~100センチくらいである。
葉は幅広い線形で、長さ30~40センチくらいある。
開花時期は8~11月くらいである。
花穂は円柱形で、長さは5~12センチくらいあって長い。
花穂の先は垂れることが多い。
剛毛の色は緑ないし淡い緑紫色である。
写真は9月上旬に信州の白馬村で撮った。
学名:Setaria faberi

★穂を垂らし悠然として風に揺れ
 秋の狗尾野に咲く強さ
[PR]
by ryudesuyo | 2006-11-27 06:25 | イネ科

青髢草(アオカモジグサ)

d0059226_8513379.jpg

青髢草(アオカモジグサ)はイネ科カモジグサ属の越年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、道端、空き地、草原などに普通に生える。
草丈は40~100センチくらいである。
茎は円柱形である。
葉は線状の披針形で、互い違いに生える(互生)。
質はやや堅くて光沢があり、無毛である。
開花時期は5~7月である。
穂状花序をつくる。花は緑色で先が少し垂れる。
近縁種の髢草(カモジグサ)のほうが紫色を帯びていて、青味がかって見える。
青髢草(アオカモジグサ)の「アオ」とは緑を含む古語なのである。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Agropyron ciliare var. minus(=Agropyron racemiferum)

★草いきれ嗅ぎつ五月の空の下
 青髢草の穂先見つめて
[PR]
by ryudesuyo | 2006-11-26 08:51 | イネ科

大粟還り(オオアワガエリ)

d0059226_734241.jpg

大粟還り(オオアワガエリ)はイネ科アワガエリ属の多年草である。
英名をチモシー(Timothy)という。
原産地はヨーロッパとアジア北部である。
アジア、オセアニア、南北アメリカなどで牧草として栽培されている。
日本へは明治時代の初期に渡来し、牧草として北海道で試植された。
現在では野生化して、全国各地の道端や野原などに生える。
草丈は50~100センチくらいである。
葉は線形で柔らかく、数枚が互い違いに生える(互生)。
開花時期は6~8月である。
茎先に淡い緑色をした円柱形の花穂をつける。
花は小さく目立たない。
結実期は7~9月である。
種子を水盤の脱脂綿にまいて萌え出た苗を絹糸草(キヌイトソウ)という。
俳句では「絹糸草」が夏の季語である。
写真は8月に小石川植物園で撮った。
学名:Phleum pratense

★名前だけ知っていたけどチモシーは
 こんな穂なのかと頷きながら
d0059226_7345568.jpg

[PR]
by ryudesuyo | 2006-11-25 07:35 | イネ科

ケナフ

d0059226_5324213.jpg

ケナフ (Kenaf)はアオイ科フヨウ属の一年草である。
原産地はインドまたはアフリカとされている。
繊維を目的として、インドやバングラデシュ、タイなどで栽培されてきた。
製品は洋麻やボンベイ麻などとなる。
草丈は3~5メートルくらいである。
成長が早く、茎の下部は太いもので10センチくらいになり、木質化する。
茎はあまり枝分かれをせずに直立する。
葉の形は株によって異なるが、はじめのうちはハート形で縁にぎざぎざ(鋸歯)がある。
成長するににつれて3つから9つに切れ込みが増えていく。
葉には長い柄があり、互い違いに生える(互生)。
開花時期は8~10月くらいである。
上部の葉の脇に、横向きに花をつける。
花径は8~10センチくらいで、花びら(花弁)は5枚である。
花の色は白、黄色、紫などがあり、中心部は暗い紫色となる。
萼片は5枚で先が尖る。
雄しべは花糸が合着して柱状になる。
一日花である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
二酸化窒素を吸収することや木材に代わる紙資源として期待できることなどで注目を集めている。
一方で、帰化による生態系への影響も懸念され、植栽する場合にはきちんとした管理が求められている。
写真は10月上旬に京都府立植物園で撮った。
学名:Hibiscus cannabinus

★騒がれてとても増えたのそれだけど
 ケナフの気持ち誰も知らない
d0059226_533561.jpg

[PR]
by ryudesuyo | 2006-11-24 05:33 | アオイ科

サンレモクイーン

d0059226_4293635.jpg

サンレモクイーン(San Remo Queen)はアオイ科アニソドンテア属の常緑低木である。
正式名称はアニソドンテア・カペンシスで、サンレモクイーン(San Remo Queen)は園芸名である。
原産地は南アフリカである。
樹高は50~100センチくらいである。
開花時期は11~4月である。
枝の上部の葉の脇に1~3個のピンクの花をつける。
アオイ科特有の花の姿だが、花径は3センチ程度と小さい。
中心の葯は薄紫色をしている。
一日花だが次々と咲き、花期は長い。
写真は4月に伊豆海洋公園で撮った。
学名:Anisodontea capensis

★小さくてだけど葵の花姿
 愛らしく咲くサンレモクイーン
d0059226_4295858.jpg

[PR]
by ryudesuyo | 2006-11-23 04:30 | アオイ科

姫芙蓉(ヒメフヨウ)

d0059226_63555.jpg

姫芙蓉(ヒメフヨウ)はアオイ科ヒメフヨウ属の常緑低木である。
原産地は中南アメリカである。
樹高は3メートルくらいである。
開花時期は夏から秋にかけてである。
変種の頷き姫芙蓉(ウナズキヒメフヨウ)は花が下を向くが、この姫芙蓉(ヒメフヨウ)は上を向いて咲く。
また、こちらには密毛があるのも異なる点であるる
しかし、頷き姫芙蓉(ウナズキヒメフヨウ)と同じく花は開ききらない。
別名を姫仏桑華(ヒメブッソウゲ)という。
写真は1月に新宿御苑の温室で撮った。
学名:Malvaviscus arboreus

★蕾かと思わすような姫芙蓉
 赤い花つけ空に向かって
d0059226_642446.jpg

[PR]
by ryudesuyo | 2006-11-22 06:04 | アオイ科

頷き姫芙蓉(ウナズキヒメフヨウ)

d0059226_4504964.jpg

頷き姫芙蓉(ウナズキヒメフヨウ)はアオイ科ヒメフヨウ属の常緑低木である。
原産地はメキシコ、 コロンビアである。
本州では温室でしか見られないが、沖縄では自生している。
分類上は、姫芙蓉(ヒメフヨウ)の変種とされる。
開花時期は11~4月である。
蕾の時は上を向いているが次第に下を向き、花は開ききらずにうつむいて咲く。
英名はスリーピング・ハイビスカス(Sleeping Hibiscus)である。
基本種は赤だが、園芸種にはピンクのものもある。
写真は1月に夢の島熱帯植物園で撮った。
学名:Malvaviscus arboreus var.mexicanus

★うつむいて閉じた花びら開かずに
 咲いて花散る頷くように
d0059226_4511622.jpg

[PR]
by ryudesuyo | 2006-11-21 04:51 | アオイ科