<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

雁草(カリガネソウ)

d0059226_661745.jpg

雁草(カリガネソウ)はクマツヅラ科カリガネソウ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の湿った林の中や林の縁などに生える。
草丈は1メートルくらいである。
茎の断面は四角形で直立し、上部で枝分かれをする。
葉は幅広い卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は鋭く尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は8~9月である。
花のつけ根は筒形で、先が5つに裂けている。
そのうちの下につく1つの裂片が舌状に長く伸びて上側に曲がり、濃い斑点が入る。
雄しべ4本と雌しべは大きく飛び出して弓形に下側へ曲がる。
和名の由来はこの花の様子を雁の首に見立てたものである。
青紫色の花はとても美しいが、全草に強い臭気がある。
別名を帆掛草(ホカケソウ)ともいう。
これは帆掛舟に譬えたものである。
写真は9月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Caryopteris divaricate


★珍しい姿に顔を近づけて
 臭いに驚く雁草は

d0059226_664933.jpg


花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-09-30 06:07 | クマツヅラ科 | Trackback | Comments(0)

ホルムショルディア・テッテンシス

d0059226_7272064.jpg

ホルムショルディア・テッテンシスはクマツヅラ科ホルムショルディア属の常緑低木である。
原産地はアフリカである。
英名はタヒチアンハットプラント(Tahitian hat plant)という。
樹高は120~180センチくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6~8月くらいである。
花の様子はピンクの皿に青い蝶がとまったように見える。
皿のように見える部分は苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)である。
花冠は筒形で、先が切れ込む。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Holmskioldia tettensis


★鮮やかな色と形で人目ひく
 どうしてなったのこんな形に

d0059226_7274483.jpg


花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-09-29 07:28 | クマツヅラ科 | Trackback | Comments(0)

デュランタ・レペンス

d0059226_6492169.jpg

デュランタ・レペンスはクマツヅラ科ハリマツリ属(デュランタ属)の常緑低木ないし小高木である。
原産地は北アメリカの南部や南アメリカである。
どういうわけか台湾連翹(タイワンレンギョウ)という流通名がある。
樹高は2~6メートルくらいである。
根元からよく枝分かれをする。
小さな葉には浅い切れ込み(鋸歯)がある。
開花時期は5~10月である。
濃い紫色の花をつける「宝塚」が最近の人気品種である。
白花種の「アルバ」もある。
写真は10月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Duranta repenns cv. Takarazuka


★パープルの色も鮮やかデュランタは
 夏の日差しに臆せず咲いて

d0059226_6494390.jpg


花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-09-28 06:50 | クマツヅラ科 | Trackback | Comments(0)

斑入り台湾連翹(フイリタイワンレンギョウ)

d0059226_33534100.jpg

斑入り台湾連翹(フイリタイワンレンギョウ)はクマツヅラ科ハリマツリ属(デュランタ属)の常緑低木である。
分類上は、台湾連翹(タイワンレンギョウ)の園芸品種である。
特徴は、葉に白い斑が入ることである。
台湾連翹(タイワンレンギョウ)の原産地は、西インド諸島、メキシコである。
日本へは明治時代の中期に渡来した。
別名を針茉莉(ハリマツリ)という。
「斑入り」のほうはデュランタ・バリエガタの名でも流通している。
樹高は2~5メートルくらいである。
よく枝分かれをする。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5~11月である。
暖地では周年性がある。
枝垂れた枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、小さい紫色の花をたくさんつける。
花冠は5つに裂ける。
花の後には黄色い球形の実をつける。
枝に棘があることから、生垣としてよく利用される。
写真は11月に沖縄の東南植物楽園で撮った。
学名:Duranta repens cv. Variegata


★花も実も見てほしいけど一番の
 自慢は葉っぱとても綺麗よ

d0059226_3361111.jpg


花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-09-27 03:37 | クマツヅラ科 | Trackback | Comments(0)

西洋人参木(セイヨウニンジンボク)

d0059226_10313830.jpg

西洋人参木(セイヨウニンジンボク)はクマツヅラ科ハマゴウ属の落葉低木である。
原産地は南ヨーロッパから西アジアにかけた一帯である。
産地では実を香辛料にし、利尿剤など薬用にも用いられる。
英名はチェストツリー(chaste tree)である。
「貞操の木」という意味になり、この植物にまつわる神話や伝説がいろいろとある。
中国原産の人参木(ニンジンボク)の近縁種である。
「人参木」の名の由来は、葉の形が朝鮮人参(チョウセンニンジン)に似ることからきている。
樹高は1~3メートルくらいである。
葉は手のひら状の複葉で、向かい合って生える(対生)。
小葉5~7枚で1枚の葉となり、小葉の形は披針形である。
開花時期は7~9月くらいである。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、唇形をした淡い紫色の小さな花をたくさんつける。
花の色は白いものもある。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
白花の写真は9月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Vitex agnus-castus


★爽やかな香りにのせて花つける
 人参木の花は紫

d0059226_103232100.jpg


花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-09-26 10:33 | クマツヅラ科 | Trackback | Comments(0)

人参木(ニンジンボク)

d0059226_624374.jpg

人参木(ニンジンボク)はクマツヅラ科ハマゴウ属の落葉低木である。
原産地は中国である。
日本でも庭木として植栽されている。
名の由来は、葉が朝鮮人参(チョウセンニンジン)に似ていることからきている。
樹高は1~3メートルくらいである。
葉は手のひら状の複葉で、3~5枚の小葉で構成される。
縁には大きなぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7~8月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、紫色の小さな花をたくさんつける。
花冠は筒状で、先が5つに裂ける。
黒く熟した実は生薬の牡荊子(ぼけいし)といい、感冒薬とされる。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Vitex cannabifolia


★蜜蜂を手招くように花咲かせ
 人参木はいま花盛り

d0059226_625565.jpg


花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-09-25 06:25 | クマツヅラ科 | Trackback | Comments(0)

白花蔓荊(シロバナハマゴウ)

d0059226_5562486.jpg

蔓荊(ハマゴウ)はクマツヅラ科ハマゴウ属の落葉低木である。
漢字では「浜香」「浜栲」とも書く。
本州の東北地方南部から九州にかけて分布し、海岸の砂地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国、東南アジアなどにも分布する。
稀に白花のものがあり、白花蔓荊(シロバナハマゴウ)と呼んでいる。
茎は砂上を這い、樹高は50~100センチくらいになる。
株全体に香気がある。
葉は灰緑色をした楕円形で波打っており、向かい合って生える(対生)。
葉の裏面は白い軟毛に覆われている。
開花時期は7~9月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白い唇形の花をたくさんつける。
花径は10~15ミリくらいである。
花冠は上下2つの唇に分かれる。
上の唇は2つに裂ける。
下の唇は3つに裂け、真ん中の裂片は両側の裂片の5倍くらいある。
秋になると球形で硬い実が淡い黒色に熟する。
実はコルク質で、海流に運ばれて広がる。
写真は9月に氷見市海浜植物園で撮った。
学名:Vitex rotundifolia form. albescens


★花の色変われば姿も違い見え
 気づくも遅し蔓荊の花

d0059226_5565892.jpg


花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-09-24 05:57 | クマツヅラ科 | Trackback | Comments(0)

蔓荊(ハマゴウ)

d0059226_1647035.jpg

蔓荊(ハマゴウ)はクマツヅラ科ハマゴウ属の落葉低木である。
漢字では「浜香」「浜栲」とも書く。
本州の東北地方南部から九州にかけて分布し、海岸の砂地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国、東南アジアなどにも分布する。
茎は砂上を這い、樹高は50~100センチくらいになる。
株全体に香気がある。
葉は灰緑色をした楕円形で波打っており、向かい合って生える(対生)。
葉の裏面は白い軟毛に覆われている。
開花時期は7~9月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、青紫色をした唇形の花をたくさんつける。
花径は10~15ミリくらいである。
花冠は上下2つの唇に分かれる。
上の唇は2つに裂ける。
下の唇は3つに裂け、真ん中の裂片は両側の裂片の5倍くらいあり、つけ根に2つの白い斑がある。
秋になると球形で硬い実が淡い黒色に熟する。
実はコルク質で、海流に運ばれて広がる。
実を乾燥させたものを生薬で蔓荊子(まんけいし)といい、滋養強壮、解熱、消炎などの薬効がある。
写真は7月に国営ひたち海浜公園で撮った。
学名:Vitex rotundifolia


★砂浜を埋めるがごとく咲くという
 蔓荊の花いつか見たいと
★砂浜を埋めるがごとく咲くという
 蔓荊の花求めひたちへ

d0059226_1647236.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-09-23 16:48 | クマツヅラ科 | Trackback | Comments(0)

柳花笠(ヤナギハナガサ)

d0059226_633079.jpg

柳花笠(ヤナギハナガサ)はクマツヅラ科クマツヅラ属の多年草である。
原産地は中南アメリカである。
学名のバーベナ・ボナリエンシスで表示するものもある。
流通名を三尺バーベナ(サンジャクバーベナ)という。
主に切り花として流通している。
また、逸出したものが帰化をしており、道端や空き地などに生える。
和名の由来は、花序を「花笠」に譬え、細い葉を「柳」に譬えたものである。
草丈は50~150センチくらいである。
茎は直立をする。
茎の断面は四角形で毛が生えており、中空である。
葉は幅の広い線形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、つけ根の部分は茎を抱く。
開花時期は4~11月くらいである。
茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を散房状(花序の上部がほぼ平らになる)を出し、小さな紅紫色の花をたくさんつける。
花序径は3~4センチくらいである。
花径は3~5ミリくらいの筒状花で、長さは1センチくらいあり、先が5つに裂ける。
花冠の外側には白い開出毛(ほぼ垂直に立っている毛)が生える。
写真は11月に千葉市花の美術館で撮った。
学名:Verbena bonariensis


★花見れば一つ一つは小さいが
 艶(あで)やかに咲く柳花笠

d0059226_6331665.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-09-22 06:34 | クマツヅラ科 | Trackback | Comments(0)

熊葛(クマツヅラ)

d0059226_11302919.jpg

熊葛(クマツヅラ)はクマツヅラ科クマツヅラ属の多年草である。
本州から沖縄にかけて分布し、道端や原野などに生える。
草丈は30~80センチくらいである。
地下茎が横に這う。
茎は直立して上部で枝分かれをし、断面は四角形である。
全体に細かい毛が生える。
根際から生える葉は卵形で3つから5つに裂け、裂片は更に羽状に切れ込む。
葉は向かい合って生える(対生)。
葉の表面は葉脈に沿ってへこみ、皺のようになっている。
開花時期は6~9月である。
茎の上部に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、淡い紅紫色の花をたくさんつける。
花径は4ミリくらいで、花冠は5つに裂けて横に平らに開く。
蕚は筒状で5つに裂ける。
雄しべは4本、雌しべは1本である。
全草を乾燥させたもの熊葛(クマツヅラ)を生薬の馬鞭草(ばべんそう)といい、黄疸や下痢の治療薬とされる。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Verbena officinalis


★しなる鞭震わせながら熊葛
 夏の野に咲く強さを秘めて

d0059226_11304784.jpg

花図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2009-09-21 11:31 | クマツヅラ科 | Trackback | Comments(0)