<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

蝶豆(チョウマメ)

d0059226_68755.jpg

蝶豆(チョウマメ)はマメ科チョウマメ属(クリトリア属)の多年草である。
園芸上は一年草として扱われる。
原産地は東南アジア、インドである。
現在では、熱帯・亜熱帯地域に広く野生化している。
また、栽培もされている。
日本へは江戸時代の末期に渡来した。
草丈は100センチから200センチくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は先の尖った楕円形で、5枚から7枚からなる。
葉の質は軟らかい。
開花時期は6月から10月くらいである。
葉の脇に、蝶形をした花径3センチから5センチの青い花をつける。
花の色には白いものもある。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
花は染料、葉は飼料、未熟な莢は食用にされる。
英名はバタフライピー(butterfly pea)である。
和名はこれを直訳したもので、花の姿に由来する。
なお、属名はギリシャ語で、クリトリスに由来する。
写真は9月に大阪市大植物園で撮った。
学名:Clitoria ternatea


★大形の花に驚く蝶豆は
 色鮮やかな姿を見せて

d0059226_682353.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2010-09-30 06:09 | マメ科

丸葉盗人萩(マルバヌスビトハギ)

d0059226_6871.jpg

丸葉盗人萩(マルバヌスビトハギ)はマメ科ヌスビトハギ属の多年草である。
本州の岩手県から九州にかけて分布し、草地や林の縁などに生える。
海外では、インドから東のアジアに広く分布している。
分類上は、盗人萩(ヌスビトハギ)の基本種とされている。
草丈は30センチから120センチくらいである。
茎や葉には粗毛が生える。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は幅の広い卵形で、頂小葉が大きい。
小葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は7月から9月くらいである。
茎先や葉の脇に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)ないし円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、淡い紅紫色をした蝶形の花をつける。
花径は3ミリから5ミリくらいである。
花の後にできる実は節果(種子の入った部屋が仕切られた分果)で、短い鉤毛が密生する。
写真は8月に軽井沢町植物園で撮った。
学名:Desmodium podocarpum


★丸い葉の盗人萩があるなんて
 知らなかったなまた発見だ

d0059226_6825100.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2010-09-29 06:09 | マメ科

盗人萩(ヌスビトハギ)

d0059226_65643.jpg

盗人萩(ヌスビトハギ)はマメ科ヌスビトハギ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、草地や道端、林の縁などに生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国などにも分布する。
草丈は50センチから100センチくらいである。
葉は細長い卵形の小葉3枚からなる3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)である。
頂小葉が大きく、側小葉はやや小さい。
葉には柄があり、互い違いに生える(互生)。
開花時期は7月から9月である。
葉の脇から細長い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、蝶形の小さな花を疎らにつける。
花径は3ミリから4ミリくらいで、花の色は紅紫色ないし淡い紅紫色である。
稀に白い花もある。
名の由来は莢の形から見立てたものである。
半月形で2つにくびれた莢(豆果)の形を盗人の忍び足の形に譬えたものである。
密生する鍵状の毛は衣服などにつきやすい。
写真は8月に日光植物園で撮った。
学名:Desmodium oxyphyllum(=Desmodium podocarpum subsp. oxyphyllum)


★面白い名前貰ってご満悦
 盗人萩は風に吹かれて

d0059226_652418.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2010-09-28 06:06 | マメ科

藤甘草(フジカンゾウ)

d0059226_6141656.jpg

藤甘草(フジカンゾウ)はマメ科ヌスビトハギ属の多年草である。
本州から九州にかけて分布し、山地や丘陵地の林の中や林の縁に生える。
海外では、朝鮮半島や中国、中国東北部にも分布する。
草丈は50センチから150センチくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉は5枚から7枚からなり、形は長い楕円形である。
近縁種の盗人萩(ヌスビトハギ)は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)である。
開花時期は8月から9月くらいである。
茎先に長い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、長さ1センチくらいの淡い紅色をした蝶形の花を疎らにつける。
果実は半月形の豆果(莢の中に種子が入るもの)で短い鉤毛があり、動物や衣服にくっついて運ばれる。
和名の由来は、花を「藤」に葉を「甘草」に見立てたものである。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Desmodium oldhamii


★少しだけ花の姿が大きいと
 綺麗に見えるこれは不思議だ

d0059226_6143750.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2010-09-27 06:15 | マメ科

椎の木葛(シイノキカズラ)

d0059226_5473166.jpg

椎の木葛(シイノキカズラ)はマメ科ドクフジ属の蔓性常緑木本である。
鹿児島県から沖縄県にかけて分布し、海岸近くの林の中などに生育し、他の樹木の上など。を這うように伸びる。
沖縄では、マングローブ林の縁に多く見られる。
海外では、台湾、中国、東南アジア、太平洋諸島などにも分布する。
果実は海流に乗って運ばれる。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形である。
葉の質は薄い革質で、やや艶がある。
開花時期は6月から8月くらいである。
葉の脇から円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、白ないし淡い紫色を帯びた花をつける。
花の後にできる実は幅の広い楕円形をした豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
写真は9月につくば植物園で撮った。
学名:Derris trifoliata


★蔓を編み綱引きをする光景を
 思い描きつ椎の木葛

d0059226_5475039.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2010-09-26 05:48 | マメ科

肥やし旃那(コヤシセンナ)

d0059226_830425.jpg

肥やし旃那(コヤシセンナ)はマメ科カワラケツメイ属(カッシア属)の落葉低木である。
分類の仕方によってはジャケツイバラ科とする場合もある。
別名を双穂旃那(フタホセンナ)ともいう。
原産地はアフリカの中部である。
ケニアやエチオピアなどに分布する。
樹高は2メートルから4メートルくらいである。
葉は羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は7月から10月くらいである。
鮮やかな黄色の5弁花をつける。
流通名を「ポップコーンの木」という。
葉を揉むとポップコーンのような香りがすることからつけられた名である。
英名はポップコーン・カッシア(popcorn cassia)である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Cassia didymobotrya(=Senna didymobotrya)


★カッシアの仲間もいろいろあるんだね
 この木はケニアに生えてるそうな

d0059226_8311075.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2010-09-25 08:32 | マメ科

藪蔓小豆(ヤブツルアズキ)

d0059226_5595344.jpg

藪蔓小豆(ヤブツルアズキ)はマメ科ササゲ属の蔓性一年草である。
本州から九州にかけて分布し、山野の草地に生える。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布している。
蔓は3メートル以上も伸びる。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形である。
小葉の先は鋭く尖り、浅く3つに裂けるものもある。
開花時期は8月から10月くらいである。
葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い蝶形の花をつける。
2枚の竜骨弁はねじれている。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
豆果は真っ直ぐな線形で、毛が生えていないのが特徴である。
本種は小豆(アズキ)の原種と考えられている。
中国で改良された小豆(アズキ)は2000年以上前に日本に伝わった。
写真は9月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Vigna angularis var. nipponensis


★この花が改良されて小豆とは
 人の営為の凄さ感じつ

d0059226_601411.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2010-09-24 06:01 | マメ科

狸豆(タヌキマメ)

d0059226_8101563.jpg

狸豆(タヌキマメ)はマメ科タヌキマメ属の一年草である。
本州から沖縄にかけて分布し、原野など日当たりのよい草地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国、東南アジア、インドなどにも分布する。
草丈は20センチから60センチくらいである。
茎は直立をする。
茎にも葉にも褐色の長い毛が多い。
葉は幅の広線形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は7月から9月である。
茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、青紫色をした蝶形の花をつける。
萼は大きく、褐色の毛が密生している。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)で、毛が生える。
和名の由来は、毛の多い萼を「狸」に見立てたものである。
写真は8月につくば植物園で撮った。
学名:Crotalaria sessiliflora


★どことなくユーモラスだね花姿
 ぼくの名前は狸豆だと

d0059226_8103464.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2010-09-23 08:11 | マメ科

黄花黄耆(キバナオウギ)

d0059226_6112794.jpg

黄花黄耆(キバナオウギ)はマメ科ゲンゲ属の多年草である。
原産地は朝鮮半島や中国大陸で、石灰岩地に生える。
根を乾燥させたものを生薬の黄耆(おうぎ)といい、強壮、制汗、利尿作用などがある。
草丈は60センチから100センチくらいである。
茎は枝分かれをして伸び、株状となる。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形である。
葉の裏面には白い毛が生える。
開花時期は7月から10月くらいである。
葉の脇から花茎を伸ばし、淡い黄色の蝶形をした花をたくさんつける。
花の長さは15ミリから20ミリくらいである。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
写真は10月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Astragalus membranaceus


★漢方の奥の深さを感じつつ
 黄花黄耆の姿見詰めて

d0059226_6114279.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2010-09-22 06:12 | マメ科

蔓藤袴(ツルフジバカマ)

d0059226_5563186.jpg

蔓藤袴(ツルフジバカマ)はマメ科ソラマメ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山野の草地や林の縁などに生える。
海外では、朝鮮半島、中国、サハリン、シベリアなどに広く分布する。
蔓性で草丈は150センチから200センチくらいになる。
葉は偶数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並んで1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の数は10枚から16枚で、形は長い楕円形である。
托葉が大きく、粗く裂ける。
開花時期は8月から10月くらいである。
葉の脇から長い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、紅紫色をした蝶形の花をつける。
写真は8月に軽井沢町植物園で撮った。
学名:Vicia amoena


★なになにと花の名前に驚きつ
 撮ってみたけど半信半疑

d0059226_5565594.jpg

花図鑑
今日の花ドットコム

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
[PR]
by ryudesuyo | 2010-09-21 05:57 | マメ科