<   2011年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

糊空木(ノリウツギ)

d0059226_9591923.jpg

糊空木(ノリウツギ)はユキノシタ科アジサイ属の落葉低木である。
分類体系によってはアジサイ科とされる。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地の林の縁や草地、岩礫地などに生える。
また、庭木ともされている。
海外では、中国やサハリンにも分布する。
樹高は3~5メートルくらいである。
アジサイの仲間としては大きい。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6~8月である。
大きな円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出して白い両性花をたくさんつけ、周囲に数個の装飾花をつける。
両性花の花弁は5枚で、雄しべは10本である。
装飾花の萼片は花弁状となっている。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、樹液が和紙をすく際の糊に利用されたことと、枝の髄を抜くと空洞ができることからきている。
北海道ではサビタと呼ばれる。
アイヌの女性は髪を洗うのに使用したという。
この木の根は堅いので、「サビタのパイプ」の材料として利用される。
サビタの花は、原田康子の小説「挽歌」に登場し一世を風靡した。
俳句では「さびたの花」「花さびた」が夏の季語である。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の paniculata は「円錐花序の」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Hydrangea paniculata


★古(いにしえ)のメノコが髪を洗いたる
 サビタの花の香る山裾
d0059226_9594648.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


[PR]
by ryudesuyo | 2011-06-30 10:00 | ユキノシタ科

縁無し額紫陽花(フチナシガクアジサイ)

d0059226_12241328.jpg

額紫陽花(ガクアジサイ)はユキノシタ科アジサイ属の落葉低木である。
分類体系によってはアジサイ科とされる。
日本固有種である。
紫陽花(アジサイ)の原種で、関東地方、中部地方、伊豆諸島、小笠原諸島などに分布し、暖地の海岸の斜面などに生える。
縁無し額紫陽花(フチナシガクアジサイ)はその品種の1つである。
特徴は両性花の周りに花弁状の装飾花がないことである。
分布域は不明である。
樹高は2~3メートルくらいである。
葉は向かい合って生え、卵形で厚い。
開花時期は5~7月くらいである。
両性花は花径1センチにも満たない五弁花である。
花の色は淡い紫色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の macrophylla は「大きな葉の」という意味である。
品種名の nuda は「裸の」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Hydrangea macrophylla f. nuda


★えっこれはどうしたことと驚いて
 もう一度見る不思議な姿
d0059226_12243598.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


[PR]
by ryudesuyo | 2011-06-29 12:25 | ユキノシタ科

斑入り額紫陽花(フイリガクアジサイ)

d0059226_835466.jpg

斑入り額紫陽花(フイリガクアジサイ)はユキノシタ科アジサイ属の落葉低木である。
額紫陽花(ガクアジサイ)の園芸品種である。
江戸時代から既に栽培をされていたという。
基本種は房総半島、三浦半島、伊豆半島、伊豆諸島、小笠原諸島などの沿海地に分布し、浜紫陽花(ハマアジサイ)の別名もある。
樹高は2~3メートルである。
葉は卵形で厚く、向かい合って生える(対生)。
特徴は、葉に白斑が入るということである。
白斑は一定ではなく、ばらつきがある。
白斑が出ない葉もある。
日に当たると白斑が黄色く変色するため、日陰などで栽培されることが多い。
開花時期は5~7月である。
花のつき方は額紫陽花(ガクアジサイ)と変わりがない。
真ん中に両性花が集まり、萼片4~5枚からなる装飾花を周囲につける。
両性花は萼片と花弁が5枚ずつあり、雄しべは10本,花柱(雌しべ)が3~4本ある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の macrophylla は「大きな葉の」という意味である。
品種名の normalis は「通常の」という意味である。
品種名の Maculata は「斑点のある」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Hydrangea macrophylla f. normalis 'Maculata'


★薄闇に白く浮かぶは葉の模様
 花の青さとマッチングして
d0059226_836594.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


[PR]
by ryudesuyo | 2011-06-28 08:37 | ユキノシタ科

蔓紫陽花(ツルアジサイ)

d0059226_8561168.jpg

蔓紫陽花(ツルアジサイ)はユキノシタ科アジサイ属の蔓性落葉木本である。
分類体系によってはアジサイ科とされる。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山野に生える。
海外では、サハリン、朝鮮半島の南部にも分布する。
幹や枝から気根を出して他の木や岩に絡みつき、大きいものでは15~20メートルも伸びる。
葉は幅広い卵形で、長さが5~12センチ、幅が3~6センチくらいである。
長い柄があり、向かい合って生える。
表面は緑色、裏面は白みがかっている。
周りには細かいぎざぎざの鋸歯があり、先は鋭く尖る。
開花時期は6~7月である。
枝先に径10~15センチくらいの花序をつける。
たくさんの両性花(雄しべと雌しべのある花)の周りを3~7個の装飾花(花びらのような萼)が取り囲む。
両性花はクリーム色をしており、花径は5~6ミリで、よい香りがする。
装飾花は白い花びら4枚からなる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
よく似た岩絡み(イワガラミ)とは装飾花の花びらの数で見分けられる。
また、糊空木(ノリウツギ)とは蔓性かどうかで見分けられる。
春先の若い芽は山菜として利用される。
梧桐蔓(ゴトウヅル)、蔓手鞠(ツルデマリ)の別名がある。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の petiolaris は「葉柄上の」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Hydrangea petiolaris


★真っ白な花びら風に震わせつ
 蔓紫陽花はするする伸びて
d0059226_8563447.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


[PR]
by ryudesuyo | 2011-06-27 08:57 | ユキノシタ科

吐喝喇紫陽花(トカラアジサイ)

d0059226_7495428.jpg

吐喝喇紫陽花(トカラアジサイ)はユキノシタ科アジサイ属の常緑低木である。
分類体系によってはアジサイ科とされる。
別名を唐紺照り木(カラコンテリギ)という。
日本固有種である。
鹿児島県の屋久島から沖縄にかけて分布し、山地の林の中に生える。
樹高は1~2メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の両面に艶があり、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5~6月くらいである。
真ん中に両性花があり、周りに装飾花がある。
両性花は小さく、装飾花は白い花弁状の大きな4枚の萼片からなる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の kawagoeana は植物学者「河越重紀さんの」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Hydrangea kawagoeana


★この花もいろんな説があるようだ
 まだ謎多い島に咲く花
d0059226_7501432.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


[PR]
by ryudesuyo | 2011-06-26 07:51 | ユキノシタ科

墨田の花火(スミダノハナビ)

d0059226_11342354.jpg

墨田の花火(スミダノハナビ)はユキノシタ科アジサイ属の落葉低木である。
分類体系によってはアジサイ科とされる。
額紫陽花(ガクアジサイ)の園芸品種である。
特徴は、周りの装飾花が八重になっていることである。
樹高は1~2メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は6~7月である。
装飾花は白から次第に青色がほのかに入る。
花火のように星型の花が飛び出すような形をしている。
これを隅田川の花火大会にたとえた名前である。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の macrophylla は「大きな葉の」という意味である。
品種名の normalis は「通常の」という意味である。
写真は6月に向島百花園で撮った。
学名:Hydrangea macrophylla f. normalis 'Sumidanohanabi'


★雨だって気にしないのよパッと咲く
 墨田の花火思い焦がして
☆元気よく弾ける想いたくしては
 雨に咲きたる墨田の花火
d0059226_11343991.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


[PR]
by ryudesuyo | 2011-06-25 11:35 | ユキノシタ科

七段花(シチダンカ)

d0059226_85775.jpg

七段花(シチダンカ)はユキノシタ科アジサイ属の落葉低木である。
分類体系によってはアジサイ科とされる。
神戸の六甲山に自生しているのを1959年に発見された。
山紫陽花(ヤマアジサイ)の1品種である。
江戸時代に栽培され、シーボルトの「日本植物誌」でも紹介されているが、幻の花となっていたのだそうだ。
樹高は1メートルくらいである。
開花時期は6~8月である。
山紫陽花(ヤマアジサイ)との違いは、(1)両性花が退化していて花が咲く前に落ちてしまうことと、(2)装飾花が重弁化していることである。
花の色は淡い青色だが、落花までの間に薄紅、濃紫、藍色などに変化する傾向があるという。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
名の由来は、萼片が七段に重なるというところからきている。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の serrata は「鋸歯のある」という意味である。
品種名の prolifera は「突起のある」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Hydrangea serrata f. prolifera


★幻の花と呼ばれし七段花
 いま甦り数を増やして
d0059226_853238.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


[PR]
by ryudesuyo | 2011-06-24 08:06 | ユキノシタ科

柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)

d0059226_10412518.jpg

柏葉紫陽花(カシワバアジサイ)はユキノシタ科アジサイ属の落葉低木である。
分類体系によってはアジサイ科とされる。
原産地は北アメリカの東南部である。
葉に切れ込みがあり、葉の形が柏(カシワ)に似ているのでこの名がついた。
草丈は50~150センチくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5~7月である。
ブッドレアに似たピラミッド型の花穂をつける。
花の色は白だけだが、八重咲きと一重咲きがある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
秋の紅葉も美しい。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の quercifolia は「コナラ属のような葉の」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Hydrangea quercifolia


★こんもりと茂るが如く花つけて
 柏葉紫陽花人を集めて
d0059226_1041526.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


[PR]
by ryudesuyo | 2011-06-23 10:43 | ユキノシタ科

額紫陽花(ガクアジサイ)

d0059226_15143932.jpg

額紫陽花(ガクアジサイ)はユキノシタ科アジサイ属の落葉低木である。
分類体系によってはアジサイ科とされる。
日本固有種である。
紫陽花(アジサイ)の原種で、関東地方、中部地方、伊豆諸島、小笠原諸島などに分布し、暖地の海岸の斜面に生える。
樹高は2~3メートルくらいである。
葉は卵形で厚く、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5~7月である。
花序の周辺には4~5枚の花びら(萼片)からなる装飾花がある。
装飾花は花径が4~5センチと大きい。
中央部は両性花になっている。
両性花は花径1センチにも満たない5弁花である。
花の色は白、淡い紅紫、淡い青紫などである。
園芸品種には色の鮮やかなものや、装飾花が八重になったものなどもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
本種を改良して装飾花だけにしたものが紫陽花(アジサイ)である。
俳句では「額の花」が夏の季語である。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の macrophylla は「大きな葉の」という意味である。
品種名の normalis は「通常の」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Hydrangea macrophylla f. normalis


★紫と白の宝玉ちりばめて
 額紫陽花は夢見る小箱
d0059226_15145854.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


[PR]
by ryudesuyo | 2011-06-22 15:16 | ユキノシタ科

小紫陽花(コアジサイ)

d0059226_4191886.jpg

小紫陽花(コアジサイ)はユキノシタ科アジサイ属の落葉低木である。
分類体系によってはアジサイ科とされる。
日本固有種である。
福島県以南の本州から九州にかけて分布し、山地や丘陵に生える。
樹高は100~150センチくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は6~7月である。
装飾花はなく、小さな両性花だけを密に咲かせる。
花の色は白ないし淡い紫色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
柴紫陽花(シバアジサイ)の別名がある。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の hirta は「短い剛毛のある」という意味である。
写真は8月に日光植物園で撮った。
学名:Hydrangea hirta


★ふんわりとつける模様は雪模様
 小紫陽花咲く明るい野辺に
d0059226_4194326.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


[PR]
by ryudesuyo | 2011-06-21 04:20 | ユキノシタ科