<   2012年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ファレノプシス・マンニー

d0059226_804935.jpg

ファレノプシス・マンニーはコチョウラン属(ファレノプシス属)の多年草である。
原産地は中国の雲南省、ミャンマー、タイ、ベトナム、ヒマラヤなどである。
標高500~1500メートルの地域に生える着生種である。
種小名の読み方は「マンニイ」とするものもある。
草丈は20~40センチである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬から春である。
花径3~4センチの星形の花をたくさんつける。
花は多肉質で、よい香りがする。
花の色は黄緑色で、濃い茶色の模様が入る。
唇弁の色は淡く、白、黄色、紅紫色などが交じる。
属名の Phalaenopsis はギリシャ語の「phalaina(蛾)+opsis(似る)」からきている。花の形が蛾に似ていることから名づけられた。
種小名の mannii はドイツ人の植物学者でキュー王立植物園のガーデナーだった「マン(Gustav Mann, 1836-1916)さんの」という意味である。この花をシッキムで発見した。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Phalaenopsis mannii


★エナメルか漆をべったり塗ったよう
 不思議な色に輝くマンニー
d0059226_811296.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-30 08:03 | ラン科

セロジネ・レンティギノサ

d0059226_9264826.jpg

セロジネ・レンティギノサはラン科セロジネ属の常緑多年草である。
属名の読み方は「コエロギネ」とするものもある。
ミャンマー、タイ、ベトナムなどに分布し、標高500~1300メートルの森の中に生える着生種である。
草丈は20センチくらいである。
肥大したバルブがある。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬から春である。
花の色は淡い黄緑色で、唇弁には白、朱色、黒の模様が交じる。
花径は4センチくらいである。
花はよい香りがする。
属名の Coelogyne はギリシャ語の「coelos(空洞)+gyne(雌)」からきている。柱頭が窪んでいることから名づけられた。
種小名の lentiginosa は「小点で覆われた」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Coelogyne lentiginosa


★見るからに地味だけれども唇弁は
 色鮮やかで目映いばかり
d0059226_9271692.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-29 09:29 | ラン科

シンビジウム・エレガンス

d0059226_9253659.jpg

シンビジウム・エレガンスはラン科シュンラン属(シンビジウム属)の常緑多年草である。
中国の雲南省、ミャンマー、ヒマラヤなどに分布する着生種ないし岩生種である。
標高1500~2800メートルくらいの渓流の岩場などに生える。
草丈は60センチくらいある。
葉は肉厚で平たい線形である。
開花時期は10月から12月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径3~4センチのベル状の花を20~35輪くらい垂れ下げる。
花の色はクリーム色で、唇弁は黄色である。
属名の Cymbidium はギリシャ語の「cymbe(舟)+eidso(形)」からきている。唇弁の形から名づけられた。
種小名の elegans は「優美な」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Cymbidium elegans


★ベル状の花が鈴なり綺麗だね
 似合っているよエレガンスの名
d0059226_9255473.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-27 09:29 | ラン科

シンビジウム

d0059226_833559.jpg

シンビジウムはラン科シュンラン属(シンビジウム属)の多年草である。
春蘭(シュンラン)も含むシンビジウム属の総称である。
原産地は中国や東南アジアなどである。
シンビジューム、シンビディウムなどの呼び方がある。
草丈は20~80センチくらいである。
葉の様子は品種により異なる。
開花時期は12~4月だが、夏咲きのものもあり周年性もある。
花の色は、白、黄色、桃色などである。
花はよい香りがする。
属名の Cymbidium はギリシャ語の「cymbe(舟)+eidso(形)」からきている。唇弁の形から名づけられた。
写真は1月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Cymbidium sp.


★並び咲くシンビジウムは春を待ち
 恋する思い燃え立つように
d0059226_8332072.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-26 08:34 | ラン科

台湾千歳葛(タイワンチトセカズラ)

d0059226_109694.jpg

台湾千歳葛(タイワンチトセカズラ)はマチン科ホウライカズラ属の常緑蔓性木本である。
沖縄県の宮古島にのみ分布し、山頂部の林の中に生える。
海外では、台湾にも分布する。
環境省のレッドリスト(2007)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
日本本土に分布する千歳葛(チトセカズラ:Gardneria multiflora)と同種とする見解もあり、YListでは区別していない。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はなく、先は尖る。
葉の色は濃い緑色で艶がある。
開花時期は6~7月くらいである。
花の色は黄色く、花冠は5つに深く裂ける。
花の後にできる実は球形で、赤く熟する。
属名の Gardner は「ガードナー(Gardner)さん」の名からきている。
種小名の shimadae は台湾の植物を採集した熊本県出身の植物学者「島田彌市(Yaichi Shimada, 1884-1971)さんの」という意味である。
写真は10月につくば植物園の絶滅危惧植物展で撮った。
花は咲いていなかった。
学名:Gardneria shimadae


★新しい仲間に出会うまた一つ
 南の地にはマチン科ありて
d0059226_1092893.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-25 10:24 | マチン科

シンフォリカルポス・オルビクラツス

d0059226_912387.jpg

シンフォリカルポス・オルビクラツスはスイカズラ科シンフォリカルポス属の落葉低木である。
原産地は北アメリカである。
アメリカ合衆国のミネソタ州やテキサス州などに分布する。
英名はコーラルベリー(coralberry)という
樹高は1メートルくらいである。
細い枝が根元から群がって立ち上がる。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は7~9月くらいである。
枝先や葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、ピンク色の花をつける。
結実時期は9~11月くらいである。
直径6~8ミリくらいの球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)が紅紫色に熟する。
実は冬になっても落ちずに残る。
属名の Symphoricarpos はギリシャ語で「symphorein(共に生ずる)+karpos(果実)」からきている。
種小名の orbiculatus は「円形の」という意味である。
写真は12月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Symphoricarpos orbiculatus


★辺りには枯れ枝ばかり目立つなか
 紫映えるオルビクラツス
d0059226_9122151.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-24 09:15 | スイカズラ科

ノランテア・ギアネンシス

d0059226_9563545.jpg

ノランテア・ギアネンシスはマルクグラビア科ノランテア属の常緑蔓性低木である。
原産地は南アメリカである。
蔓を伝って伸び、長さは5メートルにもなる。
葉は長い楕円形で分厚く、互い違いに生える(互生)。
暖地では周年開花をする。
斜上する房状の花序に緋赤色の苞が密生する。
苞の中には甘い蜜が詰まっていて、それをハチドリが啄ばむのだという。
花の部分は赤くて丸い小さな蕾となっている。
花の咲くころには苞は落ちてしまう。
花の観賞価値は低い。
英名はレッド・ポップコーン・バイン (red popcorn vine)という。
属名の Norantea は西インド諸島での呼び名からきている。
種小名の guianensis は「ギアナ地方 (Guiana)の」という意味である。
写真は11月に新宿御苑で撮った。
学名:Norantea guianensis


★天井に近いところに房見せる
 ノランテアとは手ごわい輩
d0059226_959135.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-23 10:02 | マルクグラビア科

土佐の溝羊歯擬き(トサノミゾシダモドキ)

d0059226_9332222.jpg

土佐の溝羊歯擬き(トサノミゾシダモドキ)はヒメシダ科ヒメシダ属(ミゾシダモドキ属)の常緑多年草である。
高知県に分布し、石灰岩地帯の林の中に生えるシダ植物である。
海外では、中国にも分布する。
しかし、最近の研究で中国のものとは染色体数が異なることがわかっている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
根茎は横に這う。
葉は長い楕円形で、長さは30~60センチくらいである。
胞子嚢群は裂片の中肋寄りにでき、円形である。
包膜はない。
属名の Thelypteris はギリシャ語の「thylus(雌)+pteris(シダ)」からきている。
種小名の flexilis は「曲がりやすい」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Thelypteris flexilis(=Cyclogramma flexilis)


★彼方にも仲間がいると聞くけれど
 どんな血筋か心配なんだ
d0059226_933472.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-22 09:35 | ヒメシダ科

ステラ・コピアピンクタッチ

d0059226_10363633.jpg

ステラ・コルダータはゴマノハグサ科ステラ属の多年草である。
分類の仕方によってはバコパ属とする場合もある。
バコパ・ディッフスス(Sutera diffusus)とシノニム(異名)である。
原産地は南アフリカである。
コピアピンクタッチ(Copia Pink Touch)はその園芸品種の1つである。
特徴は花の色がピンクになることである。
草丈は15~20センチくらいである。
地を這うようにして横に広がる。
葉は幅の広い卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4~12月くらいである。
花冠は筒状で、先が5つに裂ける。
花径は1センチくらいである。
雄しべは4本で、雌しべの両脇に2本ずつつく。
属名の Sutera イタリア語で恒星を意味する「stella」に由来する。
種小名の cordata は「心臓形の」という意味である。
写真は11月に千葉市花の美術館で撮った。
学名:Sutera cordata 'Copia Pink Touch'


★日本での歴史はまだまだ新しい
 コピアの花をじっくり眺め
d0059226_10365178.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-21 10:39 | ゴマノハグサ科

白梅擬き(シロウメモドキ)

d0059226_9391170.jpg

白梅擬き(シロウメモドキ)はモチノキ科モチノキ属の落葉低木である。
日本固有種である。
本州から九州にかけて分布し、林の中や湿地に生える。
また、庭木とされる。
梅擬き(ウメモドキ)の品種の1つで、花も実も白い。
樹高は1~3メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁には小さな尖ったぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月ころである。
雌雄異株である。
白い花びらが4枚で、雄花には雄しべが4本、雌花には雌しべと4本の小さな雄しべがある。
秋にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、熟すと白くなる。
属名の Ilex はholly(セイヨウヒイラギ)の古代ラテン名からきている。
種小名の serrata は「鋸歯のある」という意味である。
品種名の leucocarpa は「白い果実の」という意味である。
実の写真は11月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
花の写真は6月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Ilex serrata f. leucocarpa


★白い実がどこか不思議を醸し出す
 いろいろなのと白梅擬き
d0059226_941679.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-20 09:44 | モチノキ科