<   2013年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

島薊(シマアザミ)

d0059226_10273467.jpg

島薊(シマアザミ)はキク科アザミ属の多年草である。
奄美大島から台湾南部にかけて分布し、海岸の岩場や砂地に生える。
草丈は50~100センチくらいである。
根際から生える葉と茎につく葉がある。
葉は肉質で艶がある。
羽状に切れ込んだ葉の縁には鋭い刺がある。
茎につく葉には柄はなく、互い違いに生える(互生)。
開花時期は3~5月くらいである。
茎先に花径4~5センチの大きな白い花(頭花)を上向きにつける。
総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)は扁球形である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
なお、八重山諸島には紅紫色の花が多く、西表薊(イリオモテアザミ:Cirsium brevicaule var. irumtiense)として区別されたこともあるが、現在では異名として扱う見方が主流である。
属名の Cirsium はギリシャ語の「cirsos(静脈腫)」からきている。静脈腫に薬効のある植物につけられた名が転用された。
種小名の brevicaule は「短い茎の」という意味である。
写真は5月に沖縄本島の辺戸岬で撮った。
学名:Cirsium brevicaule


★訪れた甲斐があったと笑みもれる
 ここでなければ出逢えぬ姿
d0059226_10274931.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-05-31 10:31 | キク科

マルメロ

d0059226_11472831.jpg

マルメロ(Marmelo)はバラ科マルメロ属の落葉小高木である。
1属1種である。
原産地は中央アジアである。
ヨーロッパではギリシャ・ローマ時代から果樹として栽培された。
日本へは1634年(寛永11年)に長崎に伝えられた。
樹高は3メートルから8メートルくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の質はやや厚く、表面は濃い緑色、裏面は灰白色の綿毛で覆われる。
開花時期は5月である。
花径3センチから4センチの淡い紅色をした5弁花をつける。
雄しべは20本くらい、雌しべは5本である。
花の後にできる実は洋梨形の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で黄橙色に熟する。
果実酒や砂糖漬け、ジャムなどに利用される。
属名の Cydonia はクレタ島にあった古代都市「Cydon(キドン)」からきている。
種小名の oblonga は「長楕円形の」という意味である。実の形を表したものである。
写真は6月に旭山動物園で撮った。
実の写真は9月に木場公園で撮った。
学名:Cydonia oblonga


★名前だけ知っていたけどこれが花
 次は果実をいつかどこかで
d0059226_1148566.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル






花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-05-30 11:54 | バラ科

コルヌス・フォエミナ

d0059226_1582458.jpg

コルヌス・フォエミナはミズキ科ミズキ属の落葉低木である。
原産地は北アメリカの東部である。
カナダとアメリカ合衆国に分布し、湿地や湿った林の中に生える。
樹高は3~5メートルくらいである。
葉は細長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は5~6月である。
枝先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、緑白色の花をたくさんつける。
花の後につく実は核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、青く熟する。
属名の Cornus はラテン語の「cornu(角)」からきている。材質の堅いことから名づけられた。
種小名の foemina は「雌」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Cornus foemina


★遠くから眺めあの木は何の木と
 咲いた姿はミズキのようで
d0059226_1584135.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-05-29 15:11 | ミズキ科

レウイシア・コロンビアナ

d0059226_756498.jpg

レウイシア・コロンビアナはスベリヒユ科レウイシア属の多年草である。
原産地は北アメリカの西部である。
英名をコロンビア・レウイシア(Columbia lewisia)という。
太平洋岸北西部を流れるコロンビア川流域地帯に生えるというのが名の由来である。
草丈は10~30センチくらいである。
根際から生える葉は線形で、多肉質である。
開花時期は5~7月くらいである。
茎先で枝分かれをして円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、花径10~15ミリくらいの小さな花をたくさんつける。
花の色は白く、桃色の縦筋が入る。
花弁数は7~10枚くらいである。
雄しべは5~6本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Lewisia はアメリカ人の探検家「ルイス(Meriwether Lewis, 1774-1809)さん」の名からきている。
種小名の columbiana は「コロンビア川(Columbia River)の」という意味である。
写真は4月に大阪市の「咲くやこの花館」で撮った。
学名:Lewisia columbiana


★小さくてピンクの筋が可愛いよ
 溢れるように花を咲かせて
d0059226_7562066.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-05-24 08:03 | スベリヒユ科

スティロメコン・ヘテロフィルム

d0059226_15143651.jpg

スティロメコン・ヘテロフィルムはケシ科スティロメコン属の一年草である。
原産地は北アメリカである。
カリフォルニア州とメキシコの北部に分布する。
1属1種である。
英名はウィンドポピー(wind poppy)である。
草丈は30~60センチくらいである。
根際から生える葉は、羽状に深く裂ける。
開花時期は4~6月くらいである。
茎先に鮮やかなオレンジ色をした4弁花をつける。
花径は2センチくらいである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Stylomecon はギリシャ語の「stylos(花柱)+mekon(ケシ)」からきている。
種小名の heterophyllum は「いろいろの形の葉の」という意味である。
写真は4月に京都府立植物園で撮った。
学名:Stylomecon heterophyllum


★アメリカはまだまだいろんな花がある
 小さいけれど人気出るかな
d0059226_15145826.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-05-23 15:19 | ケシ科

ナポレオナエア・ボーゲリー

d0059226_1458166.jpg

ナポレオナエア・ボーゲリーはサガリバナ科ナポレオナエア属の常緑低木ないし高木である。
原産地はアフリカの中西部である。
樹高は1~10メートルくらいである。
葉は楕円形で互い違いに生える(互生)。
開花時期は春である。
花径3センチくらいの不思議な形をした花をつける。
花の色はクリーム色で赤が交じる。
秋には房状についた実が黒紫色に熟し、食用になる。
属名の Napoleonaea は「ナポレオン(Napoleon Bonaparte, 1769-1821)」を記念してつけられた名である。
種小名の vogelii はドイツの植物学者「フォーゲル(Julius Rudolph Theodor Vogel, 1812-1841)さんの」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Napoleonaea vogelii


★この果実食べてみたいなむしゃむしゃと
 どんな味かなナポレオンさんは
d0059226_14583886.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-05-22 15:04 | サガリバナ科

琉球躑躅(リュウキュウツツジ)

d0059226_14294570.jpg

琉球躑躅(リュウキュウツツジ)はツツジ科ツツジ属の半落葉低木である。
原産地は不明である。
江戸時代から栽培されており、岸躑躅(キシツツジ)と黐躑躅(モチツツジ)の交雑種とする説が有力だという。
和名の由来は、琉球を経由して広まったことからきている。
樹高は1~2メートルである。
葉は倒披針形である。
両面に軟毛が生えるが、表面のものはやがて落ちる。
琉球躑躅(リュウキュウツツジ)の葉には春葉と夏葉がある。
春につき秋に落ちる葉を春葉という。
夏から秋にかけてつき越冬する葉を夏葉という。
春葉は先が尖り、夏葉は尖らない。
落葉をするが冬の間も葉があるということで、「半落葉」ないし「半常緑」という分類がされている。
開花時期は4~5月である。
花の色は白く大輪である。
そこから、白琉球(シロリュウキュウ)の別名がある。
花は径5~6センチの漏斗形で、先が5つに裂ける。
上の花びら(上弁)に淡い黄色の斑点が入る。
雄しべは10本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、長さ1センチくらいの細長い卵形である。
園芸品種の中には花の色が紅紫色のものや八重咲きのものなどがある。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の mucronatum は「微凸頭の」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Rhododendron x mucronatum


★純白の花に黄色い模様つけ
 琉球躑躅清楚に咲いて
d0059226_1430180.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-05-21 14:32 | ツツジ科

ブラッシア・ギレオウディアナ

d0059226_14554340.jpg

ブラッシア・ギレオウディアナはラン科ブラッシア属の多年草である。
ブラッシア属は中南アメリカに30種くらい分布し、着生種が多い。
本種の原産地はコスタリカとパナマである。
標高500~1000メートルの森に生える着生種である。
草丈は45センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は春から秋である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄緑色の花をたくさんつける。
花は細長く、花径は30センチに達する。
花被片には黒っぽい斑点が入る。
属名の Brassia はイギリス人の植物画家「ブラス(William Brass, 1800's)さん」の名からきている。
種小名の gireoudiana はドイツ人の造園家「ジルー(Gireoud, 1800's)さんに関連した」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Brassia gireoudiana


★スパイダー思わす姿に強靭な
 個性を見せてブラッシア咲く
d0059226_14561057.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-05-20 14:59 | ラン科

エンキクリア・ベスパ

d0059226_12353517.jpg

エンキクリア・ベスパはラン科エンキクリア属の多年草である。
属名の読み方は「エンシクリア」とするものもある。
エンキクリア属は中南アメリカに1000種以上分布する着生種である。
分類の仕方によっては、エピデンドルム属(Epidendrum)に統合されることもある。
本種の原産地はメキシコ、中央アメリカ、ペルー、ブラジルなどである。
アナケイリウム属(Anacheilium crassilabium)に分類されることもある。
標高1200~1900メートルの森の中に生える着生種である。
草丈は30センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は春である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径2~3センチの黄緑色の花をたくさんつける。
花には紅褐色の斑点が入り、よい香りがする。
属名の Encyclia はギリシャ語の「enkykleomai(取り囲む)」からきている。
種小名の vespa の由来は未解明である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Encyclia vespa


★いろいろと仕分けをされた歴史もつ
 花のようだよお気の毒だね
d0059226_1236037.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-05-19 12:37 | ラン科

カウラルトロン・ビコルヌツム

d0059226_1218590.jpg

カウラルトロン・ビコルヌツムはラン科カウラルトロン属の多年草である。
カウラルトロン属は中南アメリカに4種分布する着生種である。
属名の読み方は「カウラスロン」や「コーラルトロン」とするものもある。
旧属名はディアクリウム属(Diacrium)という。
本種の原産地はコロンビア、ベネズエラ、ブラジルなどである。
草丈は15~40センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬から春である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径5センチくらいの白い花を数輪つける。
花は横に平らに開き、よい香りがする。
唇弁には赤い斑点が入る。
流通名をバージン・オーキッド(Virgin orchid)という。
カトレア属との種間交雑も行われている。
属名の Caularthron はギリシャ語の「kaulos(茎)+arthron(継ぎ目)」からきている。
種小名の bicornutum は「2つの突起のある」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Caularthron bicornutum


★日本ではあまり見かけぬ花だけど
 姿かたちも香りもすぐれ
d0059226_12183215.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-05-18 12:21 | ラン科