<   2014年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

蔓蟻通し(ツルアリドオシ)

d0059226_14455538.jpg

蔓蟻通し(ツルアリドオシ)はアカネ科ツルアリドオシ属(ミッチェラ属)の多年草である。
ミッチェラ属はアメリカと東アジアに3種が分布する小さな属である。
日本には本種が分布するので、属名の和名をツルアリドオシ属という。
北海道から九州にかけて分布し、山地の林の中に生える。
海外では、朝鮮半島にも分布する。
蔓性で草丈は10~40センチくらいである。
茎は地を這って広がり、節から根を出す。
葉は卵円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁はやや波打つ。
葉の質は厚く、艶がある。
開花時期は6~7月である。
茎先に2輪ずつ白い花をつける。
花冠は長さ1センチくらいの筒形で、先は普通は4つに裂ける。
花冠の内側には白い毛が密生している。
2輪の花の子房は合着している。
花の後にできる実は赤い球形の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
実も2個が合着して1個の実になる。
和名の由来は、実が蟻通し(アリドオシ)に似ていることからきている。
属名の Mitchella はアメリカの植物学者「ミッチェル(John Mitchell, 1711-1768)さん」の名からきている。
種小名の undulata は「波状の」という意味である。
写真は6月に山形市野草園で撮った。
学名:Mitchella undulata


★二輪ずつ寄り添うように花咲かせ
 仲がいいよね蔓蟻通し

d0059226_14462293.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-27 14:49 | アカネ科 | Trackback | Comments(0)

紫半夏(ムラサキハンゲ)

d0059226_11242435.jpg

紫半夏(ムラサキハンゲ)はサトイモ科ハンゲ属の多年草である。
ハンゲ属は東アジアに9種分布する。
日本には烏柄杓(カラスビシャク)などが分布する。
半夏(はんげ)の名は生薬名からきている。
本種は烏柄杓(カラスビシャク)の変種である。
特徴は、仏炎苞(サトイモ科の肉穂花序に見られる花序を被う大形の苞)が紫色を帯びることである。
基本種と同様に日本各地に分布し、田畑や道端、草地などに生えるが、見つかるのは稀である。
草丈は30~40センチくらいである。
葉には10センチくらいの長い柄があって根元から立ち上がり、3枚の小葉が1組の葉を2~3枚つける。
1つの小葉の長さは5~10センチくらいの長い楕円形で、先は尖っている。
葉柄の中ほどにはムカゴをつける。
開花時期は5~8月である。
花茎は葉の根元で分かれ、葉より高く伸びる。
そして花茎の先端に長さ6~7センチくらいの筒状で上部が開いた苞(仏炎苞)をつける。
花は付属体につき、苞の中にある。
上部に雄花、下部に雌花がつく。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
塊茎は半夏(はんげ)という生薬に用いられる。
鎮吐作用があり、半夏湯(はんげとう)などの漢方薬に配合される。
属名の Pinellia はイタリアの人文主義者で植物学者でもある「ピネリ(Gian Vincenzo Pinelli, 1535-1601)さん」の名からきている。
種小名の ternata は「三数の」という意味である。
品種名の atropurpurea は「暗い紫色の」という意味である。
写真は5月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Pinellia ternata f. atropurpurea


★仲間とは少し姿を変えたいと
 どこかお洒落な紫半夏

d0059226_11244432.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-26 11:26 | サトイモ科 | Trackback | Comments(0)

梅花躑躅(バイカツツジ)

d0059226_1226656.jpg

梅花躑躅(バイカツツジ)はツツジ科ツツジ属の落葉低木である。
ツツジ属は世界に1000種以上が分布し、また多くの園芸品種がある。
本種は日本固有種である。
北海道南部から九州にかけて分布し、山地の岩場や林の縁などに生える。
樹高は1~2メートルである。
若い枝には長い腺毛(粘着物質を出す毛)や短い毛が混じって生える。
葉は楕円形で、枝先に集まって互い違いに生える(互生)。
葉の先は短く尖り、縁には低いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面には毛が疎らに生え、裏面の葉脈上には長い腺毛が生える。
開花時期は6月から7月である。
葉の展開後に花をつける。
花の色は白く、花径は2センチくらいである。
花冠は幅の広い漏斗形で、5つに裂けて開く。
雄しべは5本である。
葉の陰に隠れるように咲くので、あまり目立たない。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、梅に似た小さな花をつけることからきている。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の semibarbatum は「やや髭のある」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhododendron semibarbatum



★葉の陰でそっとあなたを待っている
 見つけてごらん咲いてるうちに

d0059226_12261862.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-25 12:30 | ツツジ科 | Trackback | Comments(0)

猫の乳(ネコノチチ)

d0059226_973682.jpg

猫の乳(ネコノチチ)はクロウメモドキ科ネコノチチ属の落葉小高木である。
本州の神奈川県から九州にかけて分布し、山地の林の中に生える。
庭木としても植えられる。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布している。
和名の由来は、実の形を猫の乳にたとえたものである。
樹高は5~8メートルくらいである。
樹皮は暗い褐色で縦に波状の縞模様がある。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尾のように尖り、縁には細かなぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の表面は緑色でやや艶があり、裏面は淡い緑色である。
開花時期は5~6月である。
葉の脇に小さな黄緑色の花をいくつかつける。
花は一度には開かず、蕾や開いたものが混じる。
花の後にできる実は長い楕円形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、夏から秋にかけて緑色から黄色、紅色と変化し、10月ころに黒紫色に熟する。
材は、床柱や器具材として使われる。
属名の Rhamnella は属名の「Rhamnus(クロウメモドキ属)」の縮小形である。
種小名の franguloides は「イソノキ属(Frangula)に似た」という意味である。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhamnella franguloides



★目立たない花と言わずに待っていて
 面白い実を楽しみにして

d0059226_975749.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-24 09:09 | クロウメモドキ科 | Trackback | Comments(0)

黄膚(キハダ)

d0059226_1391741.jpg

黄膚(キハダ)はミカン科キハダ属の落葉高木である。
キハダ属は東アジアに10種くらいが分布する。
本種は北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では、アムール地方、サハリン、朝鮮半島、中国などにも分布する。
樹高は10~20メートルくらいである。
樹皮はコルク質で、外樹皮は灰色、内樹皮は鮮やかな黄色である。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
小葉は長い楕円形で先は尖り、縁には浅いぎざぎざ(鋸歯)がある。
雌雄異株である。
開花時期は5~7月である。
枝先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、黄緑色の小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は球形の柑果(多心皮性の液果)で、緑色から黒く熟する。
内皮を乾燥したものを生薬で黄檗(おうはく)といい、健胃整腸剤とされる。
また、染料の材料ともされる。
属名の Phellodendron はギリシャ語の「phellos(コルク)+dendron(樹木)」からきている。材に厚い樹皮がつくことから名づけられた。
種小名の amurense は「アムール地方の」という意味である。
写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Phellodendron amurense



★常日頃お世話になるはこの木かと
 樹皮の手触りそっと確かめ

d0059226_1393026.jpg



花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-23 13:12 | ミカン科 | Trackback | Comments(0)

匂い半夏(ニオイハンゲ)

d0059226_16271836.jpg

匂い半夏(ニオイハンゲ)はサトイモ科ハンゲ属の多年草である。
ハンゲ属は東アジアに9種分布する。
日本には烏柄杓(カラスビシャク)と大半夏(オオハンゲ)が分布する。
半夏(はんげ)の名は生薬名からきている。
本種の原産地は中国の南部である。
湿り気のある岩場を好んで生える。
日本へは戦後に園芸植物として渡来した。
一部で逸出して野生化しているものもある。
草丈は5~20センチくらいである。
葉には長い柄があって根元から立ち上がり、3枚の小葉が1組の葉を2~3枚つける。
小葉の形は長い楕円形で、先は尖っている。
葉には半夏生(ハンゲショウ)のような白い斑が入り、花にはバナナのような甘い香りがある。
葉の上にムカゴをつくって増える。
開花時期は6~7月である。
茎先に筒状で上部が開いた緑色の苞(仏炎苞)をつける。
仏炎苞に包まれるようにして棒状の肉穂花序(花軸が多肉化して花が表面に密生したもの)を出す。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
属名の Pinellia はイタリアの人文主義者で植物学者でもある「ピネリ(Gian Vincenzo Pinelli, 1535-1601)さん」の名からきている。
種小名の cordata は「心臓形の」という意味である。
写真は5月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Pinellia cordata


★滑稽な姿だけれどどことなく
 魅力たっぷり匂い半夏は

d0059226_1627465.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-22 16:31 | サトイモ科 | Trackback | Comments(0)

ホルト草(ホルトソウ)

d0059226_1642258.jpg

ホルト草(ホルトソウ)はトウダイグサ科トウダイグサ属の越年草である。
ユーフォルビア属は世界に2000種くらいが分布する。
属名の読み方はエウフォルビアとするものもある。
日本にも灯台草(トウダイグサ)などが分布するので、属名の和名をトウダイグサ属という。
本種の原産地は南ヨーロッパ、北アフリカ、西アジア、中央アジア、ベトナム、中国などである。
ホルトというのはポルトガルの意味で、ポルトガルから渡来したことから名づけられた。
日本には室町時代に薬用植物として渡来した。
現在では、逸出して野生化しているものもある。
草丈は50~70センチくらいである。
茎は直立し、上部で2つに枝分かれをする。
茎は円柱形である。
茎の下部につく葉は線形、上部につく葉は卵長形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
包葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5~6月である。
花の色は緑色である。
花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
種子は生薬で続随子(ぞくずいし)といい、胃腸炎や皮膚炎に効く。
種子からとれるホルト油(オリーブ油)のにせものが石油の代替エネルギーとして注目されている。
全草に有毒物質を含む。
花言葉は「見せかけ」である。
属名の Euphorbia はローマ時代の医師「エウフォルブス(Euphorbus)さん」の名からきている。この属の植物の乳液を初めて薬にしたことから名づけられた。
種小名の lathyris はホルトソウの古いギリシャ名からきている。
写真は6月に小石川植物園で撮った。
学名:Euphorbia lathyris



★名の由来聞けば何やら面白く
 されど姿は不気味さ見せて

d0059226_16422457.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-20 16:47 | トウダイグサ科 | Trackback | Comments(0)

城ヶ崎(ジョウガサキ)

d0059226_1402977.jpg

額紫陽花(ガクアジサイ)はユキノシタ科アジサイ属の落葉低木である。
分類体系によってはアジサイ科とされる。
原産地は日本である。
紫陽花(アジサイ)の原種で、関東地方、中部地方、伊豆諸島、小笠原諸島などに分布し、暖地の海岸の斜面に生える。
城ヶ崎(ジョウガサキ)はその品種の1つで、伊豆の城ヶ崎海岸で発見された。
特徴は装飾花が八重咲きをすることである。
樹高は2~3メートルくらいである。
葉は卵形で厚く、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5~7月である。
花序の周辺には八重咲きをする花びら(萼片)でできた装飾花がある。
中央部は両性花になっている。
両性花は花径1センチにも満たない5弁花である。
花の色は淡い青紫色である。
属名の Hydrangea はギリシャ語の「hydro(水)+angeion(容器)」からきている。さく果の形からから名づけられた。
種小名の macrophylla は「大きな葉の」という意味である。
品種名の normalis は「通常の」という意味である。
園芸品種名の Jogasaki は自生地である「(伊豆の)城ヶ崎」のことである。
写真は7月に小石川植物園で撮った。
学名:Hydrangea macrophylla f. normalis 'Jogasaki'


★八重の夢羽ばたかせ咲く城ヶ崎
 自然が生んだ宝の小箱

d0059226_1405213.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-19 14:04 | ユキノシタ科 | Trackback | Comments(0)

黄金柾(オウゴンマサキ)

d0059226_11375233.jpg

黄金柾(オウゴンマサキ)はニシキギ科ニシキギ属の常緑低木である。
漢字では「黄金正木」とも書く。
ニシキギ属は世界の温帯や熱帯に220種くらい分布する。
本種は分類上は、北海道の南部から沖縄にかけて分布する柾(マサキ)の変種でとされている。
もともとは熊本県の内牧温泉近くの農家にあったものが撮影地などで増殖された。
樹高は1~3メートルくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の表面が黄色いのが特徴である。
黄金色の葉が年間を通して美しい。
開花時期は6~7月である。
枝先に集散花序(枝先に花がつき、その下から枝が出て花をつけることを繰り返すもの)を出し、黄緑色をした小さな目立たない4弁花をつける。
秋に果実が熟すると、裂開して赤橙色の仮種皮に覆われた種子が現れて美しい。
花言葉は「厚遇」である。
属名の Euonymus はギリシャ語の「eu(良)+onoma(名)」からきている。評判のいいといった意味合いである。
種小名の japonicus は「日本の」という意味である。
変種名の aurea は「黄金色の」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Euonymus japonicus var. aurea


★美しい葉が特色の樹木だが
 花も咲きます実もなるのです

d0059226_11381262.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-18 11:40 | ニシキギ科 | Trackback | Comments(0)

西洋接骨木(セイヨウニワトコ)

d0059226_10561984.jpg

西洋接骨木(セイヨウニワトコ)はスイカズラ科ニワトコ属の落葉低木である。
ニワトコ属は世界に25種くらい分布する。
分類体系によっては(APGIII)レンプクソウ科とされる。
本種はヨーロッパ、北アフリカ、西南アジアに分布する。
また、街路樹や庭木としても植えられる。
英名をブラック・エルダー(black elder)という。
さまざまな歴史を秘めた樹木である。
日本ではエルダーの名でも流通している。
樹高は3~6メートルくらいである。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5~6月である。
枝先に円錐花序(枝分かれして全体が円錐状に見える)を出し、香りのよい淡い黄白色の花をつける。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、秋に黒く熟する。
果実は食用になり、ワインやジャムの原料ともなる。
また、ハーブや薬用としても利用される。
古代ローマ人は髪染用に用い、「長生きの粉」に調合した。
一方、キリスト処刑の十字架がつくられた木とも伝えられ、中世には魔女の木ともされたという。
花言葉は「思いやり」である。
属名の Sambucus はギリシャ語の「sambuce(古代の楽器)」からきている。茎を林立した様子がこの楽器に似ていることから名づけられた。
種小名の nigra は「黒い」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Sambucus nigra


★数々の歴史を秘めて今に咲く
 西洋接骨木芳香を放ち

d0059226_1056491.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-06-17 10:58 | スイカズラ科 | Trackback | Comments(0)