<   2014年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

両面羊歯(リョウメンシダ)

d0059226_1671066.jpg

両面羊歯(リョウメンシダ)はオシダ科カナワラビ属の常緑多年草である。
カナワラビ属は世界に60種くらい分布する。
本種は北海道から九州にかけて分布し、低山や山地の湿った場所に普通に生える。
海外では、朝鮮半島の南部にも分布する。
和名の由来は、胞子嚢がつかない葉は表裏が同じ色で区別がつきにくいことからきている。
草丈は60~150センチくらいである。
3回羽状複葉である。
葉の形は卵状の楕円形である。
胞子嚢(胞子をつくる場所)群は葉の下部から上に向けてつく。
包膜(胞子嚢群を包みこんで保護する膜)は大形で円腎形である。
属名の Arachniodes はギリシャ語の「arachnion(クモの巣)+odes(形状をした)」からきている。
種小名の standishii はイギリス人の樹木学者「スタンディッシュ(John Standish, 1814-75)さんの」という意味である。
写真は7月に北海道鷹栖町の北邦野草園で撮った。
学名:Arachniodes standishii


★よく生えるシダも少しは写そうか
 これが名高い両面羊歯か

d0059226_1672437.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-07-23 16:10 | オシダ科

深山紅羊歯(ミヤマベニシダ)

d0059226_17445727.jpg

深山紅羊歯(ミヤマベニシダ)はオシダ科オシダ属(ドリオプテリス属)の多年草である。
ドリオプテリス属は北半球に250種くらいが分布する。
日本にも雄羊歯(オシダ)などが分布し、属名の和名をオシダ属という。
本種は北海道から九州にかけて分布し、山地の湿った林の中に生える。
特に北日本に多い。
海外では、朝鮮半島、中国東北部、ロシア東部などにも分布する。
夏緑性で、太い根茎が地を這い、長い柄のある葉が集まってつく。
葉は2回羽状複葉である。
長さは60~100センチくらいである。
一見すると紅羊歯(ベニシダ)に似ている。
葉の質は少し厚い紙質で、軟らかい。
葉の形は三角状の楕円形で、羽片は下のほうも短くならない。
胞子嚢(胞子をつくる場所)群は葉の上のほうにつき、胞膜(胞子嚢群を包みこんで保護する膜)は楕円形である。
属名の Dryopteris はギリシャ語の「dry(樫)+pteris(羊歯)」からきている。樫の木に着生するということから名づけられた。
種小名の monticola は「山地に生える」という意味である。
写真は7月に北海道鷹栖町の北邦野草園で撮った。
学名:Dryopteris monticola


★なかなかに区別のつかぬ羊歯だけど
 尋ねて知った深山紅羊歯

d0059226_17451062.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-07-22 17:47 | オシダ科

十文字羊歯(ジュウモンジシダ)

d0059226_13162188.jpg

十文字羊歯(ジュウモンジシダ)はオシダ科イノデ属の多年草である。
イノデ属は世界に200種以上あり、日本にも30種くらいある。
本種は夏緑性だが暖地では常緑性となる。
北海道から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国、ロシア極東地域にも分布する。
和名の由来は、葉の様子が十文字槍に似ていることから名づけられた。
葉は長さが20~60センチくらいになる。
葉はたくさん出てロゼット状となる。
葉の形は三角状の長い楕円形で、先は細く尖る。
胞子嚢群は裏面に散在する。
中肋の両側に列をなすこともある。
包膜は円形で小さい。
若芽は湯がいて和え物や天ぷらとする。
属名の Polystichum はギリシャ語の「polys(多)+stichos(列)」からきている。この属の1種の胞子嚢群が多くの列をなしていることから名づけられた。
種小名の tripteron は「3つの翼のある」という意味である。
写真は7月に北海道鷹栖町の北邦野草園で撮った。
学名:Polystichum tripteron


★槍の穂に見立ててつけた名だという
 どれどれどこが似ているのかな

d0059226_13164112.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-07-21 13:14 | オシダ科

細野毛麦(ホソノゲムギ)

d0059226_13503450.jpg

細野毛麦(ホソノゲムギ)はイネ科オオムギ属の多年草である。
原産地は北アメリカ大陸やシベリアである。
日本へは戦後に芝生種子などに混入して侵入した。
現在では北海道と本州の一部などに点在して野生化し、道端や荒地、土手などに生える。
北海道のブルーリストではBランク(北海道に定着している外来種)に選定されている。
草丈は30センチから50センチくらいである。
全体に無毛である。
葉は線形でややざらつき、互い違いに生える(互生)。
葉の質は柔らかく、茎を取り巻くような葉耳がある。
開花時期は5月から9月である。
直立した茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、淡い緑色の花を咲かせる。
8センチくらいある長い芒(のぎ:イネなどの小穂に見られる針のような棘)がある。
別名をリスの尻尾(リスノシッポ)という。
属名の Hordeum はラテン語の「hordeum(オオムギ)」が語源である。
種小名の jubatum は「元気を出させた」という意味である。
写真は6月に都立木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Hordeum jubatum


★垂れ下がる長い尻尾が面白い
 味ある姿に頷きながら

d0059226_13504687.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-07-20 13:53 | イネ科

カナリー草葦(カナリークサヨシ)

d0059226_16443739.jpg

カナリー草葦(カナリークサヨシ)はイネ科クサヨシ属(ファラリス属)の一年草である。
ファラリス属は数種が世界に分布する。
日本にも草葦(クサヨシ)が分布するので、属名の和名をクサヨシ属という。
本種の原産地はカナリア諸島や地中海沿岸地方、北アフリカである。
英名はカナリーグラス(Canary grass)という。
日本へは江戸時代の後期にカナリアの餌として渡来した。
現在では逸出したものが日本各地で野生化し、市街地の道端や草地に生える。
北海道のブルーリストではBランク(北海道に定着している外来種)に選定されている。
別名は槍草葦(ヤリクサヨシ)という。
草丈は40~100センチくらいである。
葉は線形で柔らかく、両面ともの無毛である。
開花時期は7~9月くらいである。
花序は扁平な小穂が密集して槍の穂先のような形になり、茎先に1つずつつく。
包頴が緑白色で、中脈が濃い緑色である。
艶のある茶色の種子がカナリアの餌となる。
属名の Phalaris は草を意味するギリシャ古名からきている。
種小名の canariensis は「カナリア諸島の」という意味である。
写真は6月に都立木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Phalaris canariensis


★槍の名に成る程そうかと頷くね
 キャラが勝ってすぐに覚える

d0059226_1645264.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-07-19 16:55 | イネ科

背高浜萱(セイタカハマスゲ)

d0059226_1411787.jpg

背高浜萱(セイタカハマスゲ)はカヤツリグサ科カヤツリグサ属の多年草である。
カヤツリグサ属は世界に600種くらい分布する大きな属である。
本種はヨーロッパ中南部、地中海沿岸地方、南西アジア、北アフリカなどに分布し、湿地に生える。
日本でも、1984年に東京都江東区の埋立地で野生化しているのが確認されている。
日本にも分布する浜萱(ハマスゲ)に似ているが大形である。
また、根茎ができないのが特徴である。
草丈は20~120センチくらいである。
茎の断面は三角形である。
根際から生える葉は線形である。
開花時期は夏から秋である。
波状になった数枚の苞の上に細かく枝分かれした花序をつける。
小穂は暗い線形で、暗い赤褐色をしている。
属名の Cyperus はギリシャ語の「Cyperios」にちなむが、意味はわかっていない。
種小名の longus は「長い」という意味である。
写真は6月に都立木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Cyperus longus


★浜萱もまだ見ていないがこの草は
 似ているらしい覚えておこう

d0059226_14113310.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-07-18 14:15 | カヤツリグサ科

白花品川萩(シロバナシナガワハギ)

d0059226_14232573.jpg

白花品川萩(シロバナシナガワハギ)はマメ科シナガワハギ属の一年草または越年草である。
シナガワハギ属は世界に19種が分布する。
日本の在来種にはないが、数種が帰化している。
本種の原産地はアフリカや西アジア、中央アジアである。
日本へは牧草として導入されたが、経済的栽培はされなかった。
現在では、北海道から沖縄にかけて日本全国に分布する帰化植物である。
北海道のブルーリストではA3ランク(北海道に定着しており、生態系等への影響が報告または懸念されている外来種)に選定されている。
和名の由来は、近縁種の品川萩(シナガワハギ)が品川付近で発見されたことからきており、その白花種であることから名づけられた。
別名を小米萩(コゴメハギ)という。
草丈は50センチから120センチくらいである。
茎は直立し、上部でよく枝分かれをする。
葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は倒披針形である。
小葉の縁には疎らにぎざぎざ(鋸歯)があり、裏面には圧毛(茎や葉に密着して寝た毛)が生える。
開花時期は6月から8月くらいである。
葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い蝶形の花をたくさんつける。
花は長さが2~3ミリで小さい。
花の後にできる実は豆果(莢の中に種子が入るもの)である。
属名の Melilotus はギリシャ語の「meli(蜂蜜)+lotos(ミヤコグサ属)」からきている。ミヤコグサに似て蜜蜂が集まるということで名づけられた。
種小名の officinalis は「薬用の」という意味である。
種小名の albus は「白い」という意味である。
写真は6月に都立木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Melilotus officinalis subsp. albus(syn. Melilotus albus)


★背が高く見かけは違っているけれど
 品川萩の親戚だとさ

d0059226_14235740.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-07-17 14:26 | マメ科

苦薄荷(ニガハッカ)

d0059226_9573944.jpg

苦薄荷(ニガハッカ)はシソ科ニガハッカ属の多年草である。
ニガハッカ属はヨーロッパやアジアに40種くらいが分布する。
本種は地中海沿岸地方から西アジアにかけて分布する。
英名をホワイト・ホアハウンド(white horehound)という。
ローマ時代から薬用とされ、中世以降も咳止めのハーブとして利用されてきた。
日本へは明治時代に香料植物として渡来した。
逸出したものが関東地方や近畿地方で野生化している。
環境省の「我が国に定着している外来生物のリスト(暫定版)」(2006)に掲載されている。
草丈は40~60センチくらいである。
全体に白い綿毛に覆われる。
茎は直立をする。
葉は円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、ハッカに似た強い香りがする。
開花時期は6~8月くらいである。
葉の脇に白い小さな唇形の花を輪生させる。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
属名の Marrubium はヘブライ語の「marror(マーロール:苦味のある香味野菜)」からきている。
種小名の vulgare は「普通の」という意味である。
写真は6月に都立木場公園の外来植物園で撮った。
学名:Marrubium vulgare


★愛嬌もたっぷりに咲く苦薄荷
 夏の花壇を飛び跳ねるよう

d0059226_9575395.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-07-16 10:00 | シソ科

麦草(ムギクサ)

d0059226_954192.jpg

麦草(ムギクサ)はイネ科オオムギ属の一年草ないし越年草である。
原産地はヨーロッパである。
日本へは1870年代に侵入が確認された。
現在では北海道から沖縄にかけて野生化し、道端や空き地に生える。
環境省の「我が国に定着している外来生物のリスト(暫定版)」(2006)に掲載されている。
また、北海道のブルーリストではBランク(北海道に定着している外来種)に選定されている。
草丈は10~50センチくらいである。
ほぼ無毛である。
葉は線形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は柔らかく、茎を取り巻くような葉耳がある。
開花時期は5~7月である。
直立した茎先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、緑色の花を咲かせる。
花穂は長く、5センチくらいの芒(のぎ:イネなどの小穂に見られる針のような棘)がある。
属名の Hordeum はラテン語の「hordeum(オオムギ)」が語源である。
種小名の murinum は「城壁に生える」という意味である。
学名:Hordeum murinum
写真は6月に都立木場公園の外来植物園で撮った。


★雑草と思えぬほどに端正な
 姿はさすが麦の仲間だ

d0059226_961754.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-07-15 09:10 | イネ科

深雪草(ミユキソウ)

d0059226_1162839.jpg

深雪草(ミユキソウ)はキク科ウスユキソウ属(レオントポディウム属)の多年草である。
レオントポディウム属はヨーロッパとアジアに合わせて30種くらいが分布する。
日本にも薄雪草(ウスユキソウ)などが分布するので、属名の和名はウスユキソウ属という。
本種は朝鮮半島の固有種で、雪岳山にのみ分布する。
撮影地もそうであったが本種の名称を高麗薄雪草(コウライウスユキソウ)とするものもある。
しかし、YListなどを見ても高麗薄雪草(コウライウスユキソウ)の学名は Leontopodium coreanum とされ、本種とシノニムでもない。
したがってここでは本種を、深雪草(ミユキソウ)ないしレオントポディウム・レイオレピスとして取り上げる。
草丈は10センチから20センチくらいである。
全体に灰白色の綿毛が生える。
茎につく葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は分厚い。
開花時期は5月から6月である。
茎先に10個くらいの頭花をつける。
頭花は白い苞葉の上につく。
花の後にできる実はそう果(1つの種子しかなく開かないもの)で、毛が生えている。
属名の Leontopodium はギリシャ語の「leon(ライオン)+podion(小足)」からきている。綿毛の密生した葉と頭花をライオンの足首に見立てたものである。
種小名の leiolepis は「毛のない鱗片の」という意味である。
写真は6月に札幌市の百合が原公園で撮った。
学名:Leontopodium leiolepis


★謎のある花に逢うのは楽しいね
 そういうことかと調べてわかり

d0059226_1164961.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2014-07-14 11:09 | キク科