<   2015年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

藪人参(ヤブニンジン)

d0059226_804163.jpg

藪人参(ヤブニンジン)はセリ科ヤブニンジン属(オスモルヒザ属)の多年草である。
オスモルヒザ属はアジアと北アメリカに10種くらいが分布する。
日本にも本種などが分布し、属名の和名をヤブニンジン属という。
本種は北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地の林の中などに生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国、サハリン、シベリア、ウスリー、アムール、インド、カフカスなどに広く分布する。
草丈は30センチから60センチくらいである。
茎は直立し、上部で枝分かれをする。
葉は2回3出複葉で、互い違いに生える(互生)。
3出複葉は三つ葉のことで、もう1回枝分かれした先にそれぞれ三つ葉をつける。
小葉の形は卵形である。
葉の質は薄くて軟らかく、両面に毛が生える。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の裏面は白っぽい。
開花時期は4月から6月である。
枝先に複数の散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を組み合わせて出し、花径1ミリから2ミリの小さな白い花を疎らにつける。
花弁は5枚で、内側に曲がる。
花の後にできる実は棍棒のような形の分果(複数の子房からできた果実)で、先に棘状の突起がある。
和名の由来は、葉が人参(ニンジン)に似て藪に生えることからきている。
根茎は生薬で藁本(こうほん)といい、鎮痛、鎮痙などの薬効がある。
花言葉は「喜び」である。
属名の Osmorhiza はギリシャ語の「osme(香り)+rhiza(根)」からきている。
種小名の aristata は「芒(のぎ)のある」という意味である。
写真は6月に信州の上高地で撮った。
学名:Osmorhiza aristata


★花びらの数も少なく小さいが
 今が花どき藪人参は

d0059226_811987.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-05-30 08:05 | セリ科 | Trackback | Comments(0)

鈴蘭の木(スズランノキ)

d0059226_16131093.jpg

鈴蘭の木(スズランノキ)はツツジ科ゼノビア属の落葉低木である。
ゼノビア属は1属1種である。
表記の名は流通名である。
ただし、この名称はつくば植物園でも使用しているので、和名と言っていいのかもしれない。
属名のゼノビアの名でも流通している。
原産地は北アメリカの東南部で、バージニア州からサウスカロライナ州にかけて分布する。
英名はハニーカップ (honeycup) という。
日本では庭植えや鉢植えにして栽培されている。
樹高は100センチから150センチくらいである。
若い枝は灰白色を帯びる。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月から6月である。
花径1センチくらいの小さな白い花を枝先にまとまってつける。
花冠は鐘形で、先が浅く5つに裂ける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
秋の紅葉が美しいことでも知られ、錦木(ニシキギ)やいろはいろは楓(イロハカエデ)とともに世界3大紅葉樹の1つとされている。
花言葉は「恋わずらい」である。
属名の Zenobia は古代都市国家パルミラの女王ゼノビア (Zenobia Septimia, 240-274) の名からきている。
種小名の pulverulenta は「粉っぽい」という意味である。
写真は6月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
紅葉は11月につくば植物園で撮った。
学名:Zenobia pulverulenta


★ぶら下がる花の姿が鈴蘭を
 髣髴とさせ人気を呼んで

d0059226_16132890.jpg

d0059226_16152455.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-05-28 16:20 | ツツジ科 | Trackback | Comments(0)

プラティテカ・ガリオイデス

d0059226_10495110.jpg

プラティテカ・ガリオイデスはホルトノキ科プラティテカ属の常緑小低木である。
プラティテカ属はオーストラリアに数種が分布する。
かつてはトレマンドラ科に分類されていた。
原産地はオーストラリアの南西部である。
日本へ渡来した時期は不明である。
流通名をブルーコメット(Blue Comet)という。
樹高は50センチから80センチくらいである。
葉は細い線形で、8枚ずつ輪生する。
開花時期は4月から6月である。
葉の脇に濃い青紫色の花を下向きにつける。
花径は15ミリから20ミリくらいである。
花弁数は5枚で横に開く。
萼片数も5枚で星形になる。
萼の色は紅紫色である。
属名の Platytheca はギリシャ語の「platys(広い)+theca(ケース、葯室)」からきている。
種小名の galioides は「(アカネ科の)ヤエムグラ属(Galium)に似た」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Platytheca galioides


★葉を見ればエリカのような姿だよ
 ブルーコメットは豪州育ち

d0059226_10501698.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-05-27 10:54 | ホルトノキ科 | Trackback | Comments(0)

花菅(ハナスゲ)

d0059226_10195446.jpg

花菅(ハナスゲ)はユリ科ハナスゲ属(アネマルヘナ属)の多年草である。
分類体系によっては(APGIII)キジカクシ科とされる。
アネマルヘナ属は1属1種である。
本種に花菅(ハナスゲ)の和名があり、属名の和名もハナスゲ属という。
原産地は、朝鮮半島、中国の東北部や華北地方、モンゴルなどである。
日本へは江戸時代の中期(享保年間)に薬用として渡来した。
生薬名を知母(ちも)といい、消炎、解熱、鎮静、利尿などの薬効がある。
草丈は50センチから100センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
葉の表面は淡い緑白色で艶がない。
裏面は緑色で艶がある。
開花時期は5月から6月である。
茎先に緑色ないし淡い紫色をした筒状の花をたくさんつける。
花は一日花で夜間に開花する。
花の後にできる実は長い卵形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、中に翼のある黒い種子がある。
和名の由来は、葉が「菅」に似ていて花がそれより美しいというところからきている。
属名の Anemarrhena はギリシャ語の「anemos(風)+arrhen(男性、強い)」からきている。風に強いという意味かと推測される。
種小名の asphodeloides は「ツルボラン属(Asphodelus)に似た」という意味である。
写真は7月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Anemarrhena asphodeloides


★花菅は菅の仲間と違うのか
 名づけ方にはいろいろあるね

d0059226_10201361.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-05-26 10:22 | ユリ科 | Trackback | Comments(0)

南京七竈(ナンキンナナカマド)

d0059226_7561629.jpg

南京七竈(ナンキンナナカマド)はバラ科ナナカマド属(ソルブス属)の落葉低木である。
ソルブス属は北半球の温帯から亜寒帯を中心に100種から200種が分布する。
日本にも七竈(ナナカマド)などが分布し、属名の和名をナナカマド属という。
本種は日本固有種である。
本州の東北地方南部から九州にかけて分布し、山地の林の縁などに生える。
「南京」の名がつくが外来種ではない。
植物の命名法で「南京」には小さいとか愛らしいという意味がこめられている。
別名を小葉の七竈(コバノナナカマド)ともいう。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
幹は細く、樹皮の色は暗い灰色である。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は長い楕円形で、7枚から9枚で1枚の葉が構成される。
小葉の先は丸く、縁にはぎざぎざ(鋸歯)のあるものとないものがある。
開花時期は5月である。
枝先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、淡い黄緑色を帯びた白い花をたくさんつける。
花径は1センチくらいで、花弁は5枚である。
花序のつけ根の部分に扇形の大きな托葉がある。
花の後にできる実は長さ1センチくらいの楕円形の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、秋に赤く熟する。
属名の Sorbus はこの属の植物の古いラテン名からきている。
種小名の gracilis は「細長い」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Sorbus gracilis


★少しだけ違っているね花の色
 暖地にも咲く七竈のあり

d0059226_7563523.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-05-25 07:59 | バラ科 | Trackback | Comments(0)

蝦夷五加木(エゾウコギ)

d0059226_1118856.jpg

蝦夷五加木(エゾウコギ)はウコギ科ウコギ属(エレウテロコックス属)の落葉低木である。
エレウテロコックス属は東アジア、極東ロシア、東南アジアなどに38種が分布する。
日本にも本種など10数種が分布し、属名の和名をウコギ属という。
本種は北海道の東部に分布し、山地の林の中や沢沿いに生える。
海外では、中国の北東部やロシアのアムール州、サハリン州などにも分布する。
樹高は1メートルから2メートルである。
幹に刺がある。
若い幹には細くて鋭い刺が密生する。
葉は手のひら状の複葉で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形で、縁には細かくて不規則なぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の両面には刺や毛が生える。
開花時期は5月である。
枝先に半球状の散形花序(枝先に1個つずつ花がつく)を出し、淡い黄白色の小さな花をたくさんつける。
花径は4ミリから6ミリくらいである。
花弁は5枚である。
花の後にできる実は楕円状の液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、熟すと黒紫色になる。
根や樹皮を乾かしたものを生薬で刺五加(しごか)といい、強壮薬とされる。
特に最近はスポーツ生理に対する応用が盛んに試みられている。
和名の由来は、中国名の「五加」の音読みに「木」を加えたもので、北海道に分布することからきている。
属名の Eleutherococcus はギリシャ語の「eleutheros(自由)+kokkos(種子)」からきている。
種小名の senticosus は「棘の密生した」という意味である。
写真は5月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Eleutherococcus senticosus(syn. Acanthopanax senticosus)


★薬効を知らず和人の蹴散らした
 蝦夷五加の花阿寒湖に咲く

d0059226_11182710.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-05-24 11:23 | ウコギ科 | Trackback | Comments(0)

唐夾竹桃(トウキョウチクトウ)

d0059226_14455233.jpg

唐夾竹桃(トウキョウチクトウ)はキョウチクトウ科テイカカズラ属(トラケロスペルムム属)の蔓性常緑低木である。
トラケロスペルムム属は東アジアや南アジアなどに10種くらいが分布する。
日本にも定家葛(テイカカズラ)などが分布し、属名の和名をテイカカズラ属という。
本種は台湾や中国の南部などに分布する。
別名を唐定家蔓(トウテイカカズラ)という。
英名はスタージャスミン(star jasmine)である。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の質は分厚く、艶がある。
開花時期は周年である。
花冠は5つに裂け、星形である。
花の色は白く、ジャスミン(jasmine)のようなよい香りがある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
枝や葉は生薬で絡石藤(らくせきとう)といい、止血、鎮痛などの薬効がある。
ただし、有毒植物でもあるので一般での使用は避けなければならない。
属名の Trachelospermum はギリシャ語の「trachelos(首)+sperma(種子)」からきている。種子がくびれていることから名づけられた。
種小名の jasminoides は「ジャスミンのような」という意味である。
写真は5月に神代植物公園で撮った。
学名:Trachelospermum jasminoides


★ジャスミンを思わすようなよい香り
 するする伸びる唐夾竹桃

d0059226_14461912.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-05-23 14:50 | キョウチクトウ科 | Trackback | Comments(0)

栂酸塊(トガスグリ)

d0059226_13313198.jpg

栂酸塊(トガスグリ)はユキノシタ科スグリ属(リベス属)の落葉小低木である。
分類体系によっては(APGIII)スグリ科とされる。
リベス属は北半球を中心に150種くらいが分布する。
日本にも酸塊(スグリ)などが分布するので、属名の和名はスグリ属という。
本種は北海道から本州の中部地方にかけて分布し、山地や亜高山の林の中に生える。
四国の烏帽子山にも隔離分布する。
海外では、サハリンにも分布する。
樹高は50センチくらいである。
幹は地面を這い、枝は斜め上に伸びる。
葉は腎円形で手のひら状に5つから7つに裂け、互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月から6月である。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、淡い黄緑色の小さな花をつける。
花の色は稀に紅紫色を帯びる。
花径は5ミリから6ミリで、花弁は5枚である。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
8月ころに赤く熟し、食用となる。
「酸塊」は酸っぱい実を意味する。
本種の実には腺毛(粘着物質を出す毛)が生えるが、それを栂(トガ・ツガ)の細い葉にたとえたのが名の由来である。
属名の Ribes はデンマーク語の「ribs(スグリ)」からきている。
種小名の sachalinense は「サハリンの」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Ribes sachalinense


★背が低く花も目立たぬ樹だけれど
 その存在がどこか嬉しく

d0059226_13315620.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-05-17 13:36 | ユキノシタ科 | Trackback | Comments(0)

八重咲き這い金鳳花(ヤエザキハイキンポウゲ)

d0059226_12424251.jpg

這い金鳳花(ハイキンポウゲ)キンポウゲ科キンポウゲ属(ラヌンクルス属)の多年草である。
種小名の読み方は園芸的にはラナンキュラスとすることが多い。
ラヌンクルス属は世界に600種くらいが分布する。
また、多くの園芸品種が作出されている。
日本にも金鳳花(キンポウゲ)などが分布し、属名の和名はキンポウゲ属という。
這い金鳳花(ハイキンポウゲ)は北海道から本州の関東地方にかけて分布し、林の中や湿った草地に生える。
海外では、北半球の温帯から亜寒帯にかけて広く分布する。
八重咲き這い金鳳花(ヤエザキハイキンポウゲ)は、ヨーロッパで改良された園芸品種である。
ラナンキュラス・ゴールドコインの名でも流通している。
草丈は20センチから30センチくらいである。
長い匍匐枝を出し、地面を這って広がる。
根際から生える葉は3出複葉(1枚の葉が3つの小さな葉に分かれた形)である。
小葉は2つから3つに深く裂ける。
茎につく葉も3出複葉である。
開花時期は4月から6月である。
花径2センチから3センチくらいの鮮やかな黄色い八重の花をつける。
実は結ばないが匍匐枝で増え、逸出したものが野生化している。
属名の Ranunculus はラテン語の「rana(蛙)」からきている。この属の水生の種が蛙の棲むような所に生えることから名づけられた。
種小名の repens は「匍匐する」という意味である。
園芸品種名の Gold Coin は「金貨」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Ranunculus repens 'Gold Coin'


★真ん中が緑がかって綺麗だよ
 小さいけれど華麗に咲いて

d0059226_1243323.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-05-16 12:46 | キンポウゲ科 | Trackback | Comments(0)

アポイ石菖(アポイゼキショウ)

d0059226_13493620.jpg

アポイ石菖(アポイゼキショウ)はユリ科チシマゼキショウ属(トフィルディア属)の多年草である。
分類体系によっては(APGIII)チシマゼキショウ科とされる。
トフィルディア属は北半球に20種くらいが分布する。
日本にも千島石菖(チシマゼキショウ)などが分布し、属名の和名をチシマゼキショウ属という。
本種は北海道から本州の中部地方にかけて分布し、山地や亜高山の石灰岩地や蛇紋岩地などに生える。
和名の由来は北海道のアポイ岳に生えることからきている。
「石菖」の名は、岩場に生えて葉の形が菖蒲(ショウブ)に似ていることからきている。
別名を矮鶏石菖(チャボゼキショウ)という。
「矮鶏」は植物では小さなものにつけられる名である。
草丈は10センチ前後である。
根際から生える葉は長さ5センチくらいの剣形で、先が尖る。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はないが、ざらつく。
茎にも1枚ないし2枚の小さな葉がつく。
開花時期は6月くらい月である。
茎先に短い総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白い小さな花をつける。
花被片は6枚である。
雄しべは6本で、葯(雄しべの花粉を入れる袋)は紫色を帯びる。
花の後にできる実は球形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名は、サトイモ科の石菖(セキショウ)に似て小さいというところからきている。
属名の Tofieldia はイギリス人の植物学者「トフィールド(Thomas Tofield, 1730-1779)さん」の名からきている。
種小名の coccinea は「赤い」という意味である。
変種名の kondoi は植物学者で本種を採集した「近藤金吾(こんどう・きんご)さんの」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Tofieldia coccinea var. kondoi


★いかにもの姿形は高山に
 咲く花なりと伝えるごとく

d0059226_1349566.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-05-15 13:53 | ユリ科 | Trackback | Comments(0)