<   2016年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

井荻梨地(イオギナシジ)

d0059226_10125933.jpg

藪椿(ヤブツバキ)はツバキ科ツバキ属の常緑低木から高木である。
本州の青森県から沖縄にかけて分布する。
一般的に椿(ツバキ)と呼ばれ、園芸品種の基本種となっている。
井荻梨地(イオギナシジ)もその園芸品種の1つである。(椿図鑑参照)
1960年に大平一利さんによって杉並区井荻で発見された。
1974年に津山尚さんによって命名された。
「井荻」は地名から、「梨地」は花弁に梨の肌のようなざらつきがあることからきている。
樹高は2メートルから4メートルである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は2月から4月である。
花径8センチくらいの桃色一重筒咲きの中輪をつける。
吹っ掛け絞りといって、桃色地にやや濃い桃色の吹き掛けが入るのが特徴である。
雄しべは筒しべである。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Camellia japonica 'Ioginashiji'


★名の由来調べることで少しずつ
 姿現す古典の世界

d0059226_10131034.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-02-28 10:17 | ツバキ科

ロードデンドロン・デンドロカリス

d0059226_12253898.jpg

ロードデンドロン・デンドロカリスはツツジ科ツツジ属の常緑小低木である。
ツツジ属は世界に1000種以上が分布し、また多くの園芸品種がある。
本種はシャクナゲの仲間で、原産地は中国である。
四川省に分布し、標高1800メートルから3000メートルの林の中に生える。
樹木や岩に着生して成長する。
中国名は「樹生杜鵑」である。
樹高は50センチから70センチくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の質は分厚い革質である。
開花時期は4月から6月である。
枝先に数輪の紅紫色をした花をまとまってつける。
花径は4センチくらいである。
花冠は漏斗状で、先が5つに裂ける。
写真は蕾から開いたところだが、咲き進むと色は淡くなるようである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の dendrocharis は「樹木性の」という意味である。
写真は3月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Rhododendron dendrocharis


★どのような姿で咲いているのかな
 石楠花だけどミクロの世界

d0059226_12255187.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-02-26 12:28 | ツツジ科

雪椿(ユキツバキ)

d0059226_10402497.jpg

雪椿(ユキツバキ)はツバキ科ツバキ属(カメリア属)の常緑低木である。
カメリア属はアジアに250種くらいが分布する。
また、膨大な数の園芸品種がある。
日本にも椿(ツバキ)などが分布し、属名の和名はツバキ属という。
本種は日本固有種である。
本州の東北地方から北陸地方にかけての日本海側に分布し、山地に生える。
新潟県を中心とした豪雪地域に多く、新潟県では「県の木」に指定している。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
枝は地表を這って雪に耐える。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉には短い柄があり、先はするどく尖る。
葉の縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質は薄くて艶があり、葉脈が透けて見える。
開花時期は4月から6月である。
花は枝先に1つずつつく。
花は小振りの濃い紅色で、花びらを平らに開く。
白花のものもある。
雄しべの花糸は短く、鮮やかな黄色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
俳句の季語は春である。
花言葉は「変わらない愛」である。
なお、八重咲きのものは八重の雪椿(ヤエノユキツバキ)、白花のものは白花雪椿(シロバナユキツバキ)のように品種として区別する場合もある。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の rusticana は「田園の」という意味である。
写真は3月に板橋区立赤塚植物園で撮った。
学名:Camellia rusticana


★雪すらも冬の寝床と耐え抜いて
 咲く雪椿よ待ち人来たれ

d0059226_10403589.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-02-24 10:43 | ツバキ科

黒皮(クロカワ)

d0059226_11311125.jpg

桃(モモ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
原産地は中国の北部である。
日本へも縄文時代には渡来したと考えられており、果実や花木に広く栽培されてきた。
観賞用に使う品種は花桃(ハナモモ)といい、江戸時代から改良が進められた。(桃図鑑参照)
黒皮(クロカワ)もそうした花桃(ハナモモ)の1つで、漢字では「黒川」とも書く。
八重咲きの紅花品種で少し色が濃い。
樹高は5メートルから7メートルくらいである。
樹形には立性である。
樹皮の色が黒っぽい。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は2月から4月である。
葉の展開の後に花を咲かせる。
花径は4センチくらいである。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)である。
属名の Prunus はラテン語の「plum(スモモ)」からきている。
種小名の persica は「ペルシャの」という意味である。ペルシャ経由でヨーロッパに伝わったことからきている。
写真は3月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Prunus persica 'Kurokawa'


★いろいろな漢字充てはどこからと
 膝を乗り出す古典園芸

d0059226_11312333.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-02-18 11:33 | バラ科

オンキデイウム・トアチクム

d0059226_12472544.jpg

オンキデイウム・トアチクムはラン科スズメラン属(オンキディウム属)の常緑多年草である。
オンキディウム属は中南アメリカを中心に400種くらいが分布する着生種である。
園芸的には英語風の読み方の「オンシジウム」や「オンシジューム」で流通している。
同属のオンキディウム・バリコスム(Oncidium varicosum)に雀蘭(スズメラン)の和名があり、属名の和名はスズメラン属という。
本種の原産地も南アメリカで、エクアドルに分布する。
標高500メートルから1400メートルまでの低山の雲霧森に生える着生種である。
草丈は50センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は秋である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、白ないし黄白色の花をたくさんつける。
花径は15ミリくらいで、褐色の斑点がある。
属名の Oncidium は、ギリシャ語の「onkidion(小さな突起)」からきている。小さな突起のある唇弁の形を表したものである。
種小名の toachicum はエクアドルの「トアチ川(Toachi)の」という意味である。
写真は2月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Oncidium toachicum


★めずらしい花に出合って大満足
 オンキディウムもいろいろあるね

d0059226_12473581.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-02-13 12:51 | ラン科

カメリア・シーチュアネンシス

d0059226_11151427.jpg

カメリア・シーチュアネンシスはツバキ科ツバキ属(カメリア属)の常緑低木である。
カメリア属はアジアに250種くらいが分布する。
また、膨大な数の園芸品種がある。
日本にも椿(ツバキ)などが分布し、属名の和名はツバキ属という。
本種の原産地は中国の四川省である。
中国名は「半宿萼茶」という。
峨眉山の標高1350メートルくらいの林の中に生える。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は1月から3月である。
花は白い一重咲きである。
花弁数は6枚から9枚くらいである。
花径は3センチから5センチくらいで小振りである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Camellia はモラビアの出身でイエズス会の宣教師だった「カメル(Georg Joseph Kamel, 1661-1706)さん」の名からきている。マニラに住み、東アジアの植物を採集した。
種小名の szechuanensis は「(中国の)四川省の」という意味である。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Camellia szechuanensis


★思うさま花弁開いて花咲けば
 小振りなれども胸張るごとく

d0059226_11153480.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-02-11 11:17 | ツバキ科

アロカシア・アマゾニカ

d0059226_13375580.jpg

アロカシア・アマゾニカはサトイモ科クワズイモ属(アロカシア属)の常緑多年草である。
アロカシア属は東南アジア、南アジア、オーストラリアの熱帯・亜熱帯地域を中心に79種が分布する。
日本にも食わず芋(クワズイモ)などが分布し、属名の和名をクワズイモ属という。
本種はカリマンタン島原産の帝王葉芋(テイオウハイモ)とフィリピン原産のアロカシア・サンデリアナとの交配種である。
日本へは昭和30年代に観葉植物としてアメリカから輸入された。
草丈は30センチから60センチくらいである。
葉は細長い矢じり形で、長い柄がある。
葉の縁は波状に切れ込む。
葉の表面は艶のある暗い緑色で、葉脈は銀白色に浮き出る。
属名の Alocasia はギリシャ語の「a(否定)+Colocasia(サトイモ属)」からきている。サトイモ属とは異なる属という意味である。
種小名の amazonica は「アマゾン川の」という意味である。
写真は2月に川口市立グリーンセンターの温室で撮った。
学名:Alocasia x amazonica


★金属を思わすような艶光り
 ちょっ目を引くアクセントだよ

d0059226_1338694.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-02-09 13:42 | サトイモ科

オンキディウム・スプレンディドム

d0059226_10284999.jpg

オンキディウム・スプレンディドムはラン科スズメラン属(オンキディウム属)の常緑多年草である。
オンキディウム属は中南アメリカを中心に400種くらいが分布する着生種である。
園芸的には英語風の読み方の「オンシジウム」や「オンシジューム」で流通している。
同属のオンキディウム・バリコスム(Oncidium varicosum)に雀蘭(スズメラン)の和名があり、属名の和名はスズメラン属という。
本種の原産地は中央アメリカで、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグアに分布する。
標高850メートルまでの森に生える着生種である。
草丈は30センチから120センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で分厚い。
開花時期は春である。
長い花茎の先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、大きな唇弁のある黄褐色の花をつける。
花径は7センチくらいあり、褐色の斑点が入る。
唇弁は鮮やかな黄色である。
属名の Oncidium は、ギリシャ語の「onkidion(小さな突起)」からきている。小さな突起のある唇弁の形を表したものである。
種小名の splendidum は「素晴らしい」という意味である。
写真は2月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Oncidium splendidum


★大輪にほうとため息女王と
 呼びたいほどの威厳を見せて

d0059226_10292093.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-02-07 10:31 | ラン科

雲井(クモイ)

d0059226_11533436.jpg

梅(ウメ)はバラ科サクラ属の落葉小高木である。
中国原産で、日本へは古代に渡来した。
雲井(クモイ)はその栽培品種の1つである。(梅図鑑参照)
樹高は3メートルから6メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は3月である。
遅咲きの品種である。
葉の展開に先立って花を咲かせる。
豊後系・豊後性の淡い紅色をした八重咲きの中輪(20から25ミリ)である。
花底に向かって紅色は淡くなる。
豊後系は梅(ウメ)と杏(アンズ)との雑種である。
属名の Prunus は「plum(スモモ)」を意味する。
種小名の mume は「梅」のことである。
写真は3月に水戸市植物公園で撮った。
学名:Prunus mume 'Kumoi'


★美しいグラデーションに目を見張る
 雲井の花は乙女のごとく

d0059226_1154122.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-02-05 11:55 | バラ科

紅花福神草(ベニバナフクジンソウ)

d0059226_1319233.jpg

紅花福神草(ベニバナフクジンソウ)はショウガ科オオホザキアヤメ属(コスツス属)の多年草である。
分類体系によっては(APGIII)オオホザキアヤメ科とされる。
コスツス属は世界の熱帯・亜熱帯地域に100種くらいが分布する。
代表種は大穂咲き菖蒲(オオホザキアヤメ)で、属名の和名はオオホザキアヤメ属という。
また、福神草(フクジンソウ)の別名があり、属名の和名をフクジンソウ属とするものもある。
本種の原産地は、ブラジルである。
白花を咲かせる福神草(フクジンソウ)と対比してつけられた名である。
草丈は50センチから60センチくらいである。
葉は長い楕円形で大きい。
葉の表面は緑色、裏面は赤味を帯びる。
葉の先は尖り、やや艶がある。
開花時期は温室ではほぼ周年である。
茎先に花径4センチから5センチのオレンジ色の花をつける。
一日花である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Costus はアラビア語の「koost(東インド)」からきており、東方からの植物の意味合いである。
種小名の igneus は「炎色の」という意味である。
写真は1月に新宿御苑の温室で撮った。
学名:Costus igneus


★対比してつけられた名とはわかったが
 福神草の由来は知れず

d0059226_13192327.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2016-02-04 13:29 | ショウガ科