立葵(タチアオイ)

d0059226_9352720.jpg


立葵(タチアオイ)はアオイ科タチアオイ属の二年草である。ただし、暖地では多年草となる。
原産地は中国、小アジアで、日本へも古くに薬用として渡来した。
平安時代には唐葵(カラアオイ)と呼ばれたが、江戸時代に今の立葵(タチアオイ)の名になったのだという。
開花時期は5~7月で、太陽に向かって勢いよく伸び、華やかな花を咲かせる。
花は八重と一重があり、花も赤、白、桃色、紫紅色、黄色など多彩である。
花葵、梅雨葵、ホリホックなどの別名がある。

★梅雨葵やっと晴れ間にめぐり合い
 伸びた背筋に力を込めて
[PR]
# by ryudesuyo | 2005-05-29 09:36 | アオイ科

浮釣木(ウキツリボク)

d0059226_8201083.jpg


アブチロンはアオイ科アブチロン属の常緑低木(多年草)である。
原産地はブラジルである。
開花時期は6~10月で、いろんな色の花を咲かせる。
一般種は花径が3~5センチで、ハイビスカスに似た花を咲かせる。花の色は、白、黄、ピンク、赤などである。
近縁種の浮釣木(ウキツリボク) はチロリアンランプとも呼ばれ、釣りの浮き輪に似た形をしている。花は黄色だが、赤い筒状の萼が目立っている。
両者は花の形がだいぶ違いうが同じ仲間である。

★アブチロン赤い提灯ゆらゆらと
 風に揺れれば暑さも忘れ
[PR]
# by ryudesuyo | 2005-05-28 08:21 | アオイ科

アブチロン

d0059226_17194284.jpg


アブチロンはアオイ科アブチロン属の常緑低木(多年草)である。
原産地はブラジルである。
開花時期は6~10月で、いろんな色の花を咲かせる。
一般種は花径が3~5センチで、ハイビスカスに似た花を咲かせる。花の色は、白、黄、ピンク、赤などである。
近縁種の浮釣木(ウキツリボク) はチロリアンランプとも呼ばれ、釣りの浮き輪に似た形をしている。花は黄色だが、赤い筒状の萼が目立っている。
両者は花の形がだいぶ違いうが同じ仲間である。

★南国の煌く陽射し浴びるよう
 アブチロン咲く眩しい白さ
[PR]
# by ryudesuyo | 2005-05-27 17:21 | アオイ科