タグ:クリーム色の花 ( 27 ) タグの人気記事

夏菩提樹(ナツボダイジュ)

d0059226_6323777.jpg

夏菩提樹(ナツボダイジュ)はシナノキ科シナノキ属(ティリア属)の落葉高木である。
分類体系によっては(APGIII)アオイ科とされる。
ティリア属は北半球に30種くらいが分布する。
日本にも科の木(シナノキ)などが分布し、属名の和名をシナノキ属という。
本種の原産地はヨーロッパである。
英名はラージリーフ・リンデン(large-leaf linden)という。
ヨーロッパでは、街路樹や公園木としてよく植えられている。
近縁種にスモールリーフ・リンデン(small-leaf linden)があり、和名を冬菩提樹(フユボダイジュ)という。
また、両者の交雑種のコモン・リンデン(common linden)があり、和名を西洋科の木(セイヨウシナノキ)という。
樹高は15メートルから25メートルくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尾状に尖り、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から7月である。
葉の脇から集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、香りのよい黄白色の小さな花をたくさんつける。
花被片は5枚、萼片も5枚である。
雄しべはたくさんある。
花の柄には淡い緑色の苞(葉の変形したもの)が1枚つく。
花の後にできる実は直径1センチに満たない小さな球形の堅果(皮が堅く、種と接触せずに種を包んでいる果実)で、色はクリーム色である。
秋には黄葉をする。
シューベルトの「菩提樹」で歌われるリンデンバウムは本種のことである。
花言葉は「夫婦愛」である。
属名の Tilia はラテン語の「ptilon(翼)」からきている。花の柄に苞が翼のようについていることから名づけられた。
種小名の platyphyllos は「広い葉の」という意味である。
花の写真は6月に小石川植物園で撮った。
実の写真は6月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Tilia platyphyllos


★かの調べ口ずさみ見るリンデンの
 花は仄かに香りを放ち

d0059226_6325947.jpg

d0059226_6341636.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2015-07-08 06:39 | シナノキ科 | Trackback | Comments(0)

ゴールドトパーズ

d0059226_16314818.jpg

ゴールドトパーズ(Gold Topaz)はバラ科バラ属の落葉低木である。
品種名は宝石のトパーズからきている。
フロリブンダ系(Floribunda:FL)と呼ばれるものの1つで、四季咲きの中輪である。
1963年にドイツのタンタウ(Tantau)で作出された。
樹高は50センチくらいである。
樹形は半直立性である。
開花時期は5~11月である。
丸弁高芯咲きの半八重である。
花の色は淡い黄色である。
花には微香がある。
写真は10月に北大植物園で撮った。
学名:Rosa 'Gold Topaz'


★柔らかなクリーム色の薔薇の花
 謎秘めるように北国に咲く

d0059226_16324014.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-10-28 16:34 | バラ科 | Trackback | Comments(0)

ペニセツム・ビロスム

d0059226_1155837.jpg

ペニセツム・ビロスムはイネ科チカラシバ属の多年草である。
属名の読み方は「ペンニセツム」や「ペニセタム」とするものもある。
種小名の読み方は「ヴィロスム」や「ウィルロスム」とするものもある。
園芸的には一年草として扱われる。
原産地は北アフリカからアラビア半島にかけてで、山地に生える。
英名はフェザートップグラス(Feathertop grass)である。
そこから、フェザートップの名でも流通している。
また、銀狐(ギンギツネ)という流通名も用いられている。
草丈は50~60センチくらいである。
根際から生える葉は、幅10ミリくらいの線形である。
開花時期は7~8月である。
茎先に長さ20~30センチもある淡い黄白色の羽毛状をした花穂をつける。
花の後にできる実はえい果(イネ科の果実で薄い木質の果皮が種子に密着している)である。
属名の Pennisetum はラテン語の「penna(羽毛)+ seta(剛毛)」からきている。
種小名の villosum は「軟毛のある」という意味である。
写真は7月につくば植物園で撮った。
学名:Pennisetum villosum


★薄よりぴったりだよねその名前
 大きな尻尾が風にゆらゆら

d0059226_1161629.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-08-08 11:07 | イネ科 | Trackback | Comments(0)

金厚朴(キンコウボク)

d0059226_1251370.jpg

金厚朴(キンコウボク)はモクレン科オガタマノキ属の常緑高木である。
漢字では「金香木」とも書く。
原産地は、中国南部、東南アジア、ヒマラヤ、インドなどである。
樹高は20~30メートルである。
樹皮は平滑で、灰色である。
葉は披針形で、互い違いに生える(互生)。
葉には艶があり、縁はやや波打つ。
開花時期は、沖縄で5~10月くらいである。
熱帯では周年開花をする。
葉の脇に淡い黄白色をした花を1輪ずつつける。
花被片は15~16枚くらいある。
花はよい香りがし、夜になると香りが強まる。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
花からはチャンパック香水が採集される。
また、東南アジアでは「聖なる木」とされ、儀式などに使われる。
属名の Michelia はフィレンツェの植物学者「ミケーリ(Pietro Antonio Micheli, 1679-1737)さん」の名からきている。
種小名の champaca はサンスクリット名のチャンパカ(campaka)からきている。
なお、オガタマノキ属はモクレン属に統合する考え方もある。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Michelia champaca(syn. Magnolia champaca)


★人間の化身とされる聖なる木
 香りいかがと背伸びしてみて

d0059226_12512398.jpg


花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-08-06 12:53 | モクレン科 | Trackback | Comments(0)

ナポレオナエア・ボーゲリー

d0059226_1458166.jpg

ナポレオナエア・ボーゲリーはサガリバナ科ナポレオナエア属の常緑低木ないし高木である。
原産地はアフリカの中西部である。
樹高は1~10メートルくらいである。
葉は楕円形で互い違いに生える(互生)。
開花時期は春である。
花径3センチくらいの不思議な形をした花をつける。
花の色はクリーム色で赤が交じる。
秋には房状についた実が黒紫色に熟し、食用になる。
属名の Napoleonaea は「ナポレオン(Napoleon Bonaparte, 1769-1821)」を記念してつけられた名である。
種小名の vogelii はドイツの植物学者「フォーゲル(Julius Rudolph Theodor Vogel, 1812-1841)さんの」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Napoleonaea vogelii


★この果実食べてみたいなむしゃむしゃと
 どんな味かなナポレオンさんは
d0059226_14583886.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-05-22 15:04 | サガリバナ科 | Trackback | Comments(0)

エリア・タオ

d0059226_1149866.jpg

エリア・タオはラン科オサラン属(エリア属)の多年草である。
エリア属はアジアの熱帯・亜熱帯地方に広く分布する。
400種以上があり、ほとんどが着生種である。
日本にも筬蘭(オサラン)などが分布するので、属名の和名をオサラン属という。
本種の原産地は中国の海南島とベトナムである。
標高500~2200メートルの森の中の樹木に生える着生種である。
草丈は10センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は夏から秋である。
茎先に花径2センチくらいの黄白色で赤い縦筋の入る花を1輪ずつつける。
唇弁は白く、縁には黄色や赤が交じる。
属名の Eria はギリシャ語の「erion(軟毛)」からきている。全体に軟毛の生える種類が多いことから名づけられた。
種小名の thao は地名由来のようだがはっきりしない。
写真は3月につくば植物園で撮った。
学名:Eria thao


★渋いけど彩織る色は美しく
 真綿みたいな毛にくるまれて
d0059226_11492778.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-04-11 11:53 | ラン科 | Trackback | Comments(0)

ヒマラヤ土佐水木(ヒマラヤトサミズキ)

d0059226_1621140.jpg

ヒマラヤ土佐水木(ヒマラヤトサミズキ)はマンサク科トサミズキ属の落葉低木である。
学名のコリロプシス・プラティペタラで表示するところもある。
原産地は中国である。
南西部の安徽省、湖北省、四川省などに分布し、標高1300~2600メートルの山地に生える。
樹高は1~2メートルである。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は3~4月である。
花序は長さ25ミリくらいで、下向きに垂れ下がる。
花の色は淡い黄色で、よい香りがする。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Corylopsis はギリシャ語の「Corylus(ハシバミ属)+opsis(似た)」からきている。葉の形が似ていることから名づけた。
種小名の platypetala は「広い花弁の」という意味である。
写真は3月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名: Corylopsis platypetala


★面白い花の形に息を呑み
 右に左に角度を変えて
d0059226_1622891.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-03-17 16:05 | マンサク科 | Trackback | Comments(0)

コラビウム・シンプレックス

d0059226_1362780.jpg

コラビウム・シンプレックスはラン科コラビウム属の多年草である。
コラビウム属は11種くらいあり、ヒマラヤ、東南アジア、南太平洋などに分布する。
本種の原産地は、インドネシア、マレーシアである。
標高500~1900メートルの森に生える。
草丈は25~55センチくらいである。
葉は楕円形である。
開花時期は夏である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し。花径2センチくらいの花をつける。
花茎は紅紫色をしている。
属名の Collabium はギリシャ語の「colla(粘着した)+ bios(着生)」からきている。
種小名の simplex は「無分岐の」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Collabium simplex


★花茎の鮮やかな色目を奪う
 クリーム色の花を目立たせ
d0059226_1365225.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2013-01-17 13:10 | ラン科 | Trackback | Comments(0)

シンビジウム・エレガンス

d0059226_9253659.jpg

シンビジウム・エレガンスはラン科シュンラン属(シンビジウム属)の常緑多年草である。
中国の雲南省、ミャンマー、ヒマラヤなどに分布する着生種ないし岩生種である。
標高1500~2800メートルくらいの渓流の岩場などに生える。
草丈は60センチくらいある。
葉は肉厚で平たい線形である。
開花時期は10月から12月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径3~4センチのベル状の花を20~35輪くらい垂れ下げる。
花の色はクリーム色で、唇弁は黄色である。
属名の Cymbidium はギリシャ語の「cymbe(舟)+eidso(形)」からきている。唇弁の形から名づけられた。
種小名の elegans は「優美な」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Cymbidium elegans


★ベル状の花が鈴なり綺麗だね
 似合っているよエレガンスの名
d0059226_9255473.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-11-27 09:29 | ラン科 | Trackback | Comments(0)

天の川(アマノガワ)

d0059226_1522155.jpg

杜鵑草(ホトトギス)はユリ科ホトトギス属の多年草である。
ホトトギス属の総称としても用いられる。
天の川(アマノガワ)はその園芸品種である。
宮崎県固有種の黄花の突抜杜鵑草(キバナノツキヌキホトトギス:Tricyrtis perfoliata)と杜鵑草(ホトトギス)の品種の1つである白杜鵑草(シロホトトギス:Tricyrtis hirta f. albescens)との園芸交配種である。
草丈は30~60センチで、茎には毛はなく下垂する。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は8~10月である。
花径は4センチくらいで、花被片は6枚である。
花の色には個体差があるが白からクリーム色の間で、紫褐色の斑点が入る。
その斑点模様を「天の川」にたとえたのが名の由来である。
属名の Tricyrtis はギリシャ語の「treis(3)+cyrtos(曲)」からきている。3枚の外花被のつけ根の部分が袋状に曲がっていることから名づけられた。
写真は10月に川口市立グリーンセンターの野草展で撮った。
学名:Tricyrtis 'Ama-no-gawa'


★突抜の葉がそのまま生きていて
 花色渋く天の川咲く
d0059226_1523612.jpg

花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング
[PR]
by ryudesuyo | 2012-10-09 15:05 | ユリ科 | Trackback | Comments(0)