タグ:赤い花

  • ルエリア・ロセア
    [ 2014-08-20 14:38 ]
  • 棘なし花麒麟(トゲナシハナキリン)
    [ 2014-08-18 16:37 ]
  • エクメア・ビーリアナ
    [ 2014-06-07 13:04 ]
  • エクメア・ガモセパラ
    [ 2014-06-06 08:49 ]
  • 源平臭木(ゲンペイクサギ)
    [ 2014-05-19 11:41 ]
  • ロードデンドロン・スピヌリフェルム
    [ 2014-05-03 09:56 ]
  • 大紅空木(オオベニウツギ)
    [ 2014-05-01 15:15 ]
  • 平戸躑躅(ヒラドツツジ)
    [ 2014-04-20 12:58 ]
  • ユーフォルビア・ゴットレベ-
    [ 2014-04-01 15:33 ]
  • 赤花霞草(アカバナカスミソウ)
    [ 2014-03-28 15:46 ]

ルエリア・ロセア


ルエリア・ロセアはキツネノマゴ科ルイラソウ属(ルエリア属)の常緑多年草である。
ルエリア属は南北アメリカ大陸を中心に250種くらい分布する。
属名の読み方はリュエリアとするものもある。
同属のルエリア・バルビラナの和名をルイラ草(ルイラソウ)といい、属名の和名もルイラソウ属という。
本種の原産地はメキシコである。
草丈は30~100センチくらいである。
葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁は波状となる。
開花時期は周年である。
葉の先や葉の脇に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、花径4~5センチの赤い花をつける。
花冠は漏斗状で、先は5つに深く裂けて横に開く。
一日花である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Ruellia はフランス人の医師で植物学者の「リュエル(Jean Ruelle, 1474-1537)さん」の名からきている。
種小名の rosea は「バラ色の」という意味である。
写真は8月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Ruellia rosea


★ルエリアもいろんな仲間があるんだね
 一日花って撮りにくいけど



花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング


■  [PR]
by ryudesuyo | 2014-08-20 14:38 | キツネノマゴ科 | Trackback | Comments(0)

棘なし花麒麟(トゲナシハナキリン)


棘なし花麒麟(トゲナシハナキリン)はトウダイグサ科トウダイグサ属(ユーフォルビア属)の常緑多年草である。
ユーフォルビア属は世界に2000種くらいが分布する。
属名の読み方はエウフォルビアのほうが原語に近いが、英語読みのユーフォルビアのほうが定着している。
日本にも灯台草(トウダイグサ)などが分布するので、属名の和名はトウダイグサ属という。
本種の原産地はアフリカのマダガスカル島である。
北東部のイハラナ(Iharana)周辺のごく狭い沿岸部の乾燥した森に分布する多肉植物である。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver.3.1, 2004)では絶滅危惧IA類(CR)に指定されている。
やはりマダガスカルに分布する花麒麟(ハナキリン)の近縁種だが、茎には棘がない。
草丈は30~150センチくらいである。
葉は卵形で先が尖り、茎先にまとまってつく。
開花時期は周年である。
茎先に赤い花をつける。
花のように見えるのは苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)で、本当の花は真ん中にある小さなものである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Euphorbia はローマ時代の医師「エウフォルブスさん(Euphorbus)」の名からきている。この属の植物の乳液を初めて薬にしたことから名づけられた。
種小名の geroldii はフランス人の植物収集家「ゲーロルト(Raymond Gerold, 1928-2009)さんの」という意味である。
写真は8月に富山県の氷見市海浜植物園で撮った。
学名:Euphorbia geroldii


★棘なしはとても貴重だ花麒麟
 マダガスカルの奥は深くて



花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


■  [PR]
by ryudesuyo | 2014-08-18 16:37 | トウダイグサ科 | Trackback | Comments(0)

エクメア・ビーリアナ


エクメア・ビーリアナはパイナップル科サンゴアナナス属(エクメア属)の常緑多年草である。
エクメア属は南アメリカの熱帯地方に150種くらい分布する。
同属のエクメア・フルゲンス(Aechmea fulgens)の和名を珊瑚アナナス(サンゴアナナス)といい、そこから属名の和名をサンゴアナナス属という。
本種の原産地はペルーで、熱帯雨林の樹上に着生する。
別名をエクメア・バレランディー(Aechmea vallerandii)という。
草丈は60センチから90センチくらいである。
葉は線形でロゼット状となる。
葉の質は革質で艶がある。
開花時期は春から夏である。
苞の色は赤やピンクで、花の色は青紫色である。
属名の Aechmea はギリシャ語の「aichme(槍)」からきている。
種小名の beeriana は人名由来のようだが詳細は不明である。
写真は3月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Aechmea beeriana(syn. Aechmea vallerandii)


★調べても姿なかなか見えぬけど
 忘れたくない出合いの喜び



花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング


■  [PR]
by ryudesuyo | 2014-06-07 13:04 | パイナップル科 | Trackback | Comments(0)

エクメア・ガモセパラ


エクメア・ガモセパラはパイナップル科サンゴアナナス属(エクメア属)の常緑多年草である。
エクメア属は南アメリカの熱帯地方に150種くらい分布する。
同属のエクメア・フルゲンス(Aechmea fulgens)の和名を珊瑚アナナス(サンゴアナナス)といい、そこから属名の和名をサンゴアナナス属という。
本種の原産地はブラジルで、熱帯雨林の樹上に着生する。
草丈は15センチから30センチくらいである。
葉は線形でロゼット状となる。
葉の質は革質で艶がある。
開花時期は冬から春である。
苞の色はピンクや赤で、花の色は淡い青紫色である。
花言葉は「完全無欠」である。
属名の Aechmea はギリシャ語の「aichme(槍)」からきている。
種小名の gamosepala は「合片萼の(萼片が合着した)」という意味である。
写真は6月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Aechmea gamosepala


★いつの日か花咲く姿目にしたい
 青い炎がゆらめくという



花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング


■  [PR]
by ryudesuyo | 2014-06-06 08:49 | パイナップル科 | Trackback | Comments(0)

源平臭木(ゲンペイクサギ)


源平臭木(ゲンペイクサギ)はクマツヅラ科クサギ属(クレロデンドルム属)の常緑蔓性低木である。
分類体系によっては(APGIII)シソ科とされる。
クレロデンドルム属は推定150~450種くらいが世界に分布する。
日本にも臭木(クサギ)などが分布するので、属名の和名をクサギ属という。
本種の原産地は西アフリカで、セネガルからカメルーンにかけて分布する。
日本へは明治時代の中期に渡来した。
別名を源平葛(ゲンペイカズラ)や雁葛(カリガネカズラ)という。
白い萼と紅色の花の対比が美しい。
樹高は1~4メートルである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は5~6月である。
花冠からは4本の長い雄しべが飛び出す。
後から雌しべが飛び出すと、雄しべは丸まってしまう。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
花言葉は「好機到来」である。
属名の Clerodendrum はギリシャ語の「cleros(運命)+dendron(樹木)」からきている。スリランカにあった同属の2種を「幸運の木」「不運の木」と呼んだことからきている。
種小名の thomsoniae はイギリス人の宣教師で医師の「トムソン(William Cooper Thomson, 1829-1878)さんの」という意味である。
写真は6月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Clerodendrum thomsoniae


★紅白の対比がとてもシンプルで
 人気を呼んだ源平臭木



花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング


■  [PR]
by ryudesuyo | 2014-05-19 11:41 | クマツヅラ科 | Trackback | Comments(0)

ロードデンドロン・スピヌリフェルム


ロードデンドロン・スピヌリフェルムはツツジ科ツツジ属の常緑低木である。
ツツジ属は世界に1000種以上が分布し、また多くの園芸品種がある。
本種の原産地は中国である。
雲南省の標高2000メートルくらいの山地の林の中などに生える。
樹高は1~2メートルである。
葉は楕円形で、枝先に集まって互い違いに生える(互生)。
葉の表面には皺があり、裏面には毛が生える。
開花時期は4~5月である。
花冠は長さ2~3センチの細い筒状で、紅色の花を上向きにつける。
雄しべと雌しべが花から突き出る。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
園芸品種の原種として利用されている。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の spinuliferum は「小さな刺のある」という意味である。
写真は4月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Rhododendron spinuliferum


★躑躅とは思えぬような姿して
 花を咲かせるスピヌリフェルム



花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング



■  [PR]
by ryudesuyo | 2014-05-03 09:56 | ツツジ科 | Trackback | Comments(0)

大紅空木(オオベニウツギ)


大紅空木(オオベニウツギ)はスイカズラ科タニウツギ属の落葉低木である。
日本では福岡県にしか自生しない。
海外では朝鮮半島、中国北部に分布している。
環境省のレッドリスト(2012)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
品種改良された園芸種が多いので、庭木としてもよく利用されている。
谷空木(タニウツギ)の仲間だが、谷空木(タニウツギ)の花がピンクなのに比べて紅が濃い。
樹高は2~3メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には細かいぎざぎざ(鋸歯)があり、中筋には毛が生える。
開花時期は5~6月である。
長さ3~4センチの鐘形の花を1~4輪ずつつける。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Weigela はドイツの科学者「ウェイゲル(Christian Ehrenfried Weigel, 1748-1831)さん」の名からきている。
種小名の florida は「花の多い」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
学名:Weigela florida


★頂で赤いラッパを吹き鳴らす
 大紅空木花びら揺れて




花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング


■  [PR]
by ryudesuyo | 2014-05-01 15:15 | スイカズラ科 | Trackback | Comments(0)

平戸躑躅(ヒラドツツジ)


平戸躑躅(ヒラドツツジ)はツツジ科ツツジ属の常緑低木である。
長崎県平戸市で育成された園芸品種の総称である。
平戸市の崎方公園には300種からなる原木園があるという。
平戸は江戸時代に貿易が盛んで、各地から植物も持ち込まれた。
本種は慶良間躑躅(ケラマツツジ)、黐躑躅(モチツツジ)、岸躑躅(キシツツジ)、琉球躑躅(リュウキュウツツジ)、台湾山躑躅(タイワンヤマツツジ)などが交雑して生まれた。
樹高は1~2メートルである。
よく枝分かれをして株立ち状となる。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は丸く、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉には短い毛が生える。
開花時期は4~5月である。
花の色には淡い紅色、紅紫色、朱色、白などがある。
花冠は深く5つに裂ける。
雄しべは10本、雌しべは1本である。
結実はしない。
花言葉は「愛の喜び」である。
属名の Rhododendron はギリシャ語の「rhodon(バラ)+dendron(樹木)」からきている。紅色の花をつける木という意味で名づけられた。
種小名の pulchrum は「美しい」という意味である。
写真は3月に小石川植物園で撮った。
学名:Rhododendron x pulchrum


★その数が三百という物凄さ
 平戸躑躅は江戸の文明



花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング


■  [PR]
by ryudesuyo | 2014-04-20 12:58 | ツツジ科 | Trackback | Comments(0)

ユーフォルビア・ゴットレベ-


ユーフォルビア・ゴットレベ-はトウダイグサ科トウダイグサ属の多年草である。
ユーフォルビア属は世界に2000種くらいが分布する。
属名の読み方は「エウフォルビア」とするものもある。
日本にも灯台草(トウダイグサ)などが分布するので、属名の和名をトウダイグサ属という。
本種の原産地はマダガスカルである。
同じマダガスカルを原産地とする花麒麟(ハナキリン)の近縁種である。
国際自然保護連合(IUCN)のレッドリスト(Ver. 3.1, 2001)では絶滅危惧II類(VU)に指定されている。
多肉植物で、草丈は最大で150センチくらいである。
茎につく棘はより太くて大きい。
葉は細長い線形で、縁には鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
花の形状は花麒麟(ハナキリン)と見分けがつかない。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Euphorbia はローマ時代の医師「エウフォルブスさん(Euphorbus)」の名にちなむ。この属の植物の乳液を初めて薬にしたことから名づけられた。
種小名の gottlebei はドイツ人でマダガスカルの植物を収集した「ゴットレベ(Gunter Gottlebe)さんの」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Euphorbia gottlebei


★少しだけ姿を変えているけれど
 花麒麟とは瓜二つだね



花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




花・ガーデニング


Tags:# 
■  [PR]
by ryudesuyo | 2014-04-01 15:33 | トウダイグサ科 | Trackback | Comments(0)

赤花霞草(アカバナカスミソウ)


赤花霞草(アカバナカスミソウ)はナデシコ科カスミソウ属(ギプソフィラ属)の一年草である。
カスミソウ属はユーラシア、アフリカ、オーストラリア、南太平洋諸島に40種くらいの固有種が分布する。
属名の読み方は「ジプソフィラ」とするものもある。
本種の原産地はウクライナ、コーカサス、トルコ、イランなどである。
霞草(カスミソウ)の変種で、基本種が白花なのに対し、本種は赤花である。
別名を紅花霞草(ベニバナカスミソウ)ともいう。
基本種よりもやや小形である。
草丈は20~60センチくらいである。
茎はよく枝分かれをする。
葉は細長い披針形(笹の葉のような形)で、向かい合って生える(対生)。
開花時期は4~5月である。
花径1センチに満たない小さな花を霞のようにたくさんつける。
花弁数は5枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Gypsophila はギリシャ語の「gypsos(石灰)+philein(好む)」からきている。石灰質の土地によく生える種があることから名づけられた。
種小名の elegans は「優美な」という意味である。
変種名の carminea は「洋紅色(カーマインレッド)の」という意味である。
写真は4月に京都府立植物園で撮った。
学名:Gypsophila elegans var. carminea


★花の色変われば見栄えもまた違う
 小さいながら群れる撫子



花図鑑
植物図鑑

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



花・ガーデニング


■  [PR]
by ryudesuyo | 2014-03-28 15:46 | ナデシコ科 | Trackback | Comments(0)